サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

日本 vs エルサルバドル 〜STの位置の改善について〜 

 

はじめに

今回は昨日記事に書かせて頂いた「プレス時のSTの位置」についての改善の方法を自分なりに考えてみたのでそれを紹介していこう。

f:id:football-analyst:20190611100548j:plain

 

改善方法

  • 修正点(前回の記事)

前回の記事をまだ読んでいない方はこちらから読むと理解が深まると思う。

まずはこちらを読んで頂きたい。

www.soccer-bunseki.com

ではこちらの修正点を念頭に置き、話していこう。

 

  • 改善方法

改善方法①

まず一つ目はこの場面から。

f:id:football-analyst:20190611102544j:plain

この場面で改善しなければならないのはSTが早く入りすぎていること。

ではどのようなポジションを取ればいいのか。

f:id:football-analyst:20190612130318j:plain

まずはここにポジションを移す。そうするとなぜ良いのか。

  1. CHとボールホルダーとボールを同一視野にいれれるから
  2. 背後を取られないから
  3. 『前向き』にプレスを行えるから

この三つがあげられる。もしも黒色の位置にいると、この三つが全て実行できない。そして一番最悪な背後を簡単に取られてしまう。青色のポジションだと、CHにパスが出たとしても『前向き』にプレスが行えるから、CHのプレーを極端に制限できる。

この『前向き』というのが重要だ。

そうするとこの場面で優位に立てる。

f:id:football-analyst:20190612131210j:plain

CHを同一視野に入れることで、SBのプレー選択を少なくできる。そこからさらにCFが二度追いをすることで完全に嵌めていく。そうすると、WBがSBまでプレスに行くか否かの判断の迷いをしなくて済む。これが一つ目の改善の方法だ。

 

改善方法②

では二つ目の自分が考えた改善方法を紹介しよう。それは「奪いどころをSHにする」こと。そうするとSTが少々出ていてもサイドを変えられない限り噛めることは可能だ。

ではどうやって嵌めていくのか。

f:id:football-analyst:20190611115511j:plain

まずはこれをみて欲しい。これは前回の記事から引用したもので、WBがSBのところまで出てきたら、、、という図だ。これに修正を加えるとこうなり、SHで奪い切ることができるだろう。ではこれが修正を加えたものだ。

f:id:football-analyst:20190612134109j:plain

  1. CFがCBのパスコースを消す
  2. STがDMFのパスコースを消す
  3. WBがCHのパスコースを消す
  4. CHは少し外にずれる(WBがカバーシャドウしているから)
  5. CBがSHの位置まで出てくる

これで確実にはめることができるだろう。もう少し加えるとしたら、全体をもっと寄せることとサイドを絶対に変えさせないことだろう。この方法だとボールを奪い切ることが可能なのと、危険な斜めの縦パスを入れさせずに済むだろう。

少し論点はずれているかもしれないが、自分はこの方法を推したい。

 

まとめ

自分なりに考えをまとめたが確実にもっと良い方法があるのでもっと熟考してみようと思う。ましてやプロ監督の森保さんは次元の違う考えを持っていることだろう。そんなチームの改善の方法を書かせてもらうのはおこがましいかもしれないが、しっかりと自分の意見を皆さんに共有して、友達、家族、恋人などとサッカーの話をする手助けになればいいなと思う。

「こういうことをすればうまくいくのではないか?」や「ここがこうだったからうまくいった、うまくいかなかった」と話すのもサッカーの一部だと思うので、ぜひどんどんサッカーについて情報を柔軟に取り込んで欲しい。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!気になる方はフォローをお願いします!

 

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタでは移籍に情報などとブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

  • 最後までご朗読ありがとうございます

今回は改善方法について解説させていただきました。皆さんもこうしたら上手くいきそう!などの意見があればぜひ教えて下さい!これからも引き続きよろしくお願いします。では次回もお楽しみに!バイバイ!