【それぞれの思惑】Premier League第6節 チェルシー vs マンチェスター・C

f:id:football-analyst:20210925230553p:plain

皆さん、どうも!

今回はプレミアリーグ第6節のチェルシー×マンチェスター・Cについてを考えていきます!最後まで目を通して頂けると嬉しいです!

 

 

 

YouTubeも始めましたので、チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです。

おかげさまで、最初の目標でもある1,000人までもう少しです…!!!

www.youtube.com

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20210925231653p:plain



Chapter1:チェルシーの考えとシティのポイントは?

まずはここから考えてみたい。この試合、チェルシーは戦い慣れた3−4−2ー1ではなく、3−5−2で試合に臨んだ。

これはヴェルナーとルカクを存分に生かすためのシステムであり、ペップ・シティに対してサイドで深さを作るため、カウンターの威力を増すために、トゥヘルは5−3−2で試合に臨んだのではないだろうか。

 

チェルシーが考えたこと、チェルシーが失点・シティが先制するまでの展開についてをYouTubeで考えさせて頂いた。内容は主に以下のようになっている。

 

☑︎チェルシーの守備について

☑︎シティの崩しのポイントとは?

☑︎チェルシーの攻撃の狙いとは?

 

こちらのリンクからご覧いなってもらいたい。

 

www.youtube.com

 

チャンネル登録もしてもらえると嬉しい限りだ。

 

補足

動画内で触れている事です。ここから先の詳細と考え方についてはYouTubeで考えさせて頂いていますので、どうぞそちらをご覧ください!

f:id:football-analyst:20210926082814p:plain

チェルシーの守備の考え方

f:id:football-analyst:20210926082840p:plain

シティの動かし方とポイント①

f:id:football-analyst:20210926083211p:plain

シティの動かし方とポイント②

f:id:football-analyst:20210926083343p:plain

チェルシーの攻撃の考え方






Chapter2:失点後のチェルシーの修正

ではここからはチェルシーが失点してからについてを考えていこう。この試合の考え方として、チェルシーはローブロックからロングカウンターを考えていたと思う。

だからこそ、5−3−2で試合に入った。

だがビハインドを負ってからは、当然の事ながらゴールを奪いに前に出ていく。

そのため、普段使っている3−4−2ー1に変更。これで攻撃に出ていく事を考えた。

 

ではどのような考え方に軌道修正したのだろうか。

f:id:football-analyst:20210926084908p:plain

守備の修正

まず行った事が守備の修正だ。ローブロックを敷いていたチェルシーは前から出ていく事を考える。だからいつも行っているSBまでWBを出して前からプレスを嵌め込んでいく。こうする事で、高い位置でボールを回収する事を試みて、敵陣で奪うことができればショートカウンターを打ち込む事ができる。

 

さらに攻撃に関しても修正を行っていた。その修正がWBの立ち位置だ。失点するまでは低い位置で構える事が多く、攻撃に出る事が物理的に難しかったチェルシー。だが、失点してからは守備の立ち位置も高くした事で、WBの攻撃参加も多くなっていく。

だからこそ大きくサイドを変えた時に、チェルシーは大外に立つWBがフリーになれるようになっていた。特に左から右の展開から、アスピリクエタからファーサイドに流れるルカクへのクロスで攻撃を完結させようと試みていた。

 

さらに、ジョルジーニョに替えてロフタス=チークを投入する事で単独での推進力を加えて、攻撃に迫力を加えて行った。

 

もちろん、これはリスクを背負うものであり、シティはそこをしっかりとついていく事で、カウンターでチェルシーに脅威を与えた。

 

Chapter3:現れる2つのスペースを突くシティ

チェルシーの修正によってできるスペースがあった。そこをきちんと突いていく事で、シティはカウンターでチェルシーに脅威を与えた。

ではどこにスペースができていたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210926093704p:plain

2つのできるスペース

まずできる場所がCFルカクの背後だ。ここにスペースができるのは「背後で消す」と言う作業に限界があるから。どうしても前から当て嵌めにいくと、中央にスペースができる。

さらに追い討ちをかけるように、IHでCHをピン止めしてるので、DMFロドリのところまでCHが出ていく事が難しくなる。そしてそれを行うのは動かして場所を取る事が上手なシティだ。だから彼らはまずDMFロドリのところで起点を作り出し、そこにコバチッチやジョルジーニョを釣り出して、一気に縦に仕掛ける事で攻撃を完結させていた。

 

そしてもう1つがWBの背後だ。ここにスペースができるのは当然、WBがSBまで出ていくようになっていたから。トゥヘルはこの展開を避けるために、最初はWBをSBまで押し出す事をしなかったのではないだろうか。

そして実際に、WBの背後でWGグリーリッシュがボールを引き取り、CBクリステンセンの横スライドを誘発し、1vs1の勝負に持ち込む事で、優位に立って攻撃を仕掛けていた。

 

3−1:チェルシーは横スライドを嫌う?

この試合を見ていて僕が感じた事。それがチェルシーは「横スライド」を嫌っているっぽいと言うことだ。

もちろん全く横スライドを行わないと言うとそうではなくて、外側のCBの横スライドを嫌っているのではないか?と言う考察だ。

特に自陣でのそのスタンスは明確で、外側のCBが横スライドを行って幅を作る選手に対応をする事は稀だ。その代わりに、前向きの対応をかなり多く、自分の担当のレーンに立つ選手にはかなりガツン!と潰しに行く。

だから、WBが背後を取られる事が少なく、外側にCBが釣り出されることも少ない。故にチェルシーは「最初に背後を消す」ことを考えているのではないだろうか。

 

トゥヘルが来てから割と早く行っていたことかもしれないが、僕はやっとここで引っ掛かりを感じることができた。これに関してはもう少し試合観戦を重ねて、答えを出していきたい。

 

2つの顔を持つチェルシー

5−3−2と3−4−2ー1。それぞれのスタンスがあり、いわば2つの顔を持つことができる。ロングカウンターと能動的カウンターだ。この試合ではその2つの顔を見ることができた。そしてそれをすぐさま切り換えることができ、遜色なくこなすことができる、チェルシーの選手。トゥヘルがどのようにチームを作り、どのようなことを落とし込んでいるのか、さらに気になる試合でもあった。

 

誰か、試合内容から「こんなトレーニングしとんじゃね!?」みたいなことできんかね…?笑(密かに僕は挑戦してみようと思う…)

 

今回の記事はここまでとなります。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

次回の記事もお楽しみに!!!

 

YouTubeもしているのでチャンネル登録もお願いします!

www.youtube.com

 

ではまた次の記事で!

 

 

【移動中のボールは誰の物でもない】セリエA 第5節 インテル vs フィオレンティーナ

f:id:football-analyst:20210923210049p:plain

今回はセリエA インテル×フィオレンティーナについてを考えていきます。今季からセリエAにも手を伸ばしていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

 

 

YouTubeも始めましたので、チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです。

おかげさまで。1,000人までもう少しです…!!!

www.youtube.com

 

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20210923210546p:plain

 

Chapter1:移動と距離の管理

まず触れていきたいのがフィオレンティーナの守備だ。彼らが行った守備は、確実に王者インテルを苦しめ、そして先制点を奪って前半を折り返すという、これ以上ない前半を過ごすまでに至っていた。

この守備の肝となっていたのが、それこそ「ボールの移動中」にどこまでマーカーまで寄せることができるかということだ。

ではこれを基盤に、フィオレンティーナはどのような守備を行っていたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210923211240p:plain

全てのポジションで当て嵌める

フィオレンティーナは前から全てのポジションを当て嵌めることで、インテルにプレッシャーを与えていく。とくに潰していたのがDMFブロゾヴィッチのところ。彼に存分にプレーをさせないように、DMFトレイラが前まで出てきて予めブロゾヴィッチを消すことを行っていた。

致命傷となるのが、トレイラ⇆ブロゾヴィッチで遅れが生じたとき。例えばインテルの36:35〜の組み立てを見ればわかるように、トレイラの遅れが生じると、ブロゾヴィッチに前を向かれてしまい、一気に縦に早い攻撃で完結されてしまう。

だからこそ、ここは予めトレイラがマークし、さらにそのマークは徹底していた。

ではこの当て嵌めからどのような状況に持ち込み、ボールを回収していくのだろうか。

f:id:football-analyst:20210923212326p:plain

移動と距離

このように外側のCBにパスが出るとそこにはWGが真っ直ぐプレスを行う。こうすることで、背後でIHを消して外側を選択させるように促す。さらにこのボールの移動中にSBがWBまで出てくることで、WBを捕まえる。もちろん、逆サイドではしっかりと縦・横共にスライドを行うことでカバーポジションを取る。

 

これで上の図の青のエリアでボールを回収することを考える。

 

ここでも「ボールの移動中」がポイントとなる。例えばWBへパスが出るときに、ここにはWBともう1枚内側からIHがプレスをかける。これでWBで蓋をすることでボールを回収する確率を上げていく。

さらにロングパスだ。フィオレンティーナはインテルの長いパスを蹴らせる場合には、決まって「深い位置」からそのボールを蹴らせることを行っていた。

だからCBを押し込むために、WGがプレスをかけることと、CBへのパスが入るときに、できるだけ早くSBがWBの近くに立つように心がけていた。

これを行ったことで、フィオレンティーナはCBのロングパスに飛距離を出させずに、インテル陣内に押し込むことに成功する。さらに、CB→CF(ジェコ)へのパスが届くまでの時間で、IHとCBで挟み込めるように、IHがプレスバックを行っていた。

このようにして、フィオレンティーナは移動と距離を管理してボールを回収して、攻撃に出て行っていた。

総じて、フィオレンティーナの「ボールの移動中」のプレーはかなり高いレベルにあったのではないだろうか。

 

Chapter2:距離を管理できなかったインテル

一方のインテルの守備はどうだったのか。特に前半の守備はフィオレンティーナの違って、「距離」の管理ができていない印象を受けた。

ではインテルはどのような守備を行っていたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210923214943p:plain

インテルの守備

インテルもフィオレンティーナ同様に人を意識した守備を行う。特に中央を消す作業は必須で、サイド誘導から中に入ってくるパスを潰すことで、ボールを回収するという設定があるように僕には見えた。だからWBがSBに出ていくことが多く、その背後のWGにはCBがズレて対応を行うようになっていた。そのため、WBが出て行った際には3トップvs3バック(逆WBのプレスバックが間に合えば数的優位)の構図になることが多かった。というよりも、この構図を作られてしまっていた。これを作られてしまうことで、インテルは失点をしてしまう。

ではなぜ、この構図を作られてしまっていたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210923215329p:plain

左右に動かされたときの距離

このように、右から左、もしくは左から右にボールを動かされたときに、インテルは『間に合わない場所』が生まれてしまう。それがふられたサイドのWBだ。

上の図のように、ふられたサイドのWBは最終ラインから出ていくことになるので、SBとの距離が開いてしまって間に合わないことが多くなる。

これでその背後のWGにロングパスを出されることになり、CBが晒されることになる。

ここで羽返せれば良いのだが、失点シーンのように跳ね返すことができずに、WGに抜け出されると、残りのフルバックがスライドを行い、カバーとCFのマークを行う

こうすると、大外のWGがフリーになってしまう。ここでフリーになるのは、ふられるサイドの起点となるWBがSBまで出て行ってしまっていて、プレスバックの距離が遠く、それが間に合わないからだ。

だから、逆のWGがフリーになっており、失点を喫してしまっていた。

こう考えると、インテルが勝負を仕掛けられていた場所は以下のエリアになる。

f:id:football-analyst:20210923220253p:plain

勝負を仕掛けられる場所

まず勝負されてしまう場所が先程も触れたWG vs スライドするCBだ。ここで背後に抜け出されると、失点シーンのような展開になってしまうので、CBは何がなんでも跳ね返すことを考える。

そうすると、次に勝負されてしまうのが手前のスペースだ。上の図でいう赤の四角のエリアで2nd回収の勝負に持ち込まれる。

ここで勝負するのはIHになるのだが、インテルはベクトルの関係で不利に陥る。インテルはフィオレンティーナSBにボールが入った時点で、IHダンガンがボールを引き受けにいくので、そこに対して当然IHがついていく。こうなると、その背後(CBとIHの間)にスペースができる。

ここに出ていくのが下がったフィオレンティーナIHが『前向き』に出ていき、インテルIHが『後ろ向き』に2ndボールを拾いにいく。

これがベクトルの関係でインテルが不利になっていた理由。当然、前向きにボールを回収しにいくフィオレンティーナの選手の方が優位になっていて、インテルはボールを回収できない場面が何度かあった。

 

Chapter3:移動距離を調整したインテル

前半、距離を管理できなかったインテル。この展開が続いたのならばフィオレンティーナが勝つ確率は高かっただろう。だがインテル新監督シモーネ・インザーギは、しっかりと距離の調整を行う修正を行った。

ではどのような修正を行ったのだろうか。

f:id:football-analyst:20210923223105p:plain

インテルの修正

結論から言うと、サイドにふられた時のSBに出す選手をIHに変更したことだ。これを行ったことにより、IHとSBの距離が近いのでSBに圧力がかかるようになる。さらにWBがWGの近くに立ってマークを行い、さらに場所を埋めるので、SBが背後に出すパスの選択肢を未然に消すことができる。

さらにIHへのパスにはCBが前に出て潰すように再設定。こうすることで、フィオレンティーナ陣内でボールを奪えることが可能になっていた。

前半よりも確実に高い位置でボールを回収できるようになっていたので、インテルはショートカウンターを打てるようになっていたし、フィオレンティーナの前進を防ぐことができる、もしくは圧力をかけてミスを誘うことができていた。

 

大切なことを教えてくれる一戦

この一戦は大切なことを教えてくれる一戦だった。やはりどれだけボールの移動中にマーカーに寄せ切れるかがいかに重要なことかを改めて教えてくれる一戦だった。

特に前半のフィオレンティーナのその強度は目を見張るものだった。一方のインテルは間に合わないと見るや、距離も調整を行うことで、息を吹き返す。こうすることで、インテルはプレスが嵌るようになり、縦に早く、厚みのある攻撃でフィオレンティーナを粉砕して見せた。この攻撃力は魅力的だし、見ていて面白かった。

 

定期的にインテルの試合も見ていきたいので、頑張って時間を作っていこうと思う。

見たい試合が多いな。時間、、、笑

頑張ろ…!!!

 

今回の記事はここまでとなります。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

次回の記事もお楽しみに!!!

 

YouTubeもしているのでチャンネル登録もお願いします!

www.youtube.com

 

ではまた次の記事で!

 

 

 

【1つ進めるがその先は?】Premier League 第5節 バーンリー vs アーセナル

f:id:football-analyst:20210919190050p:plain

今回はPremier League第5節のバーンリー×アーセナルについてを考えていきましょう!

最後まで目を通していただけると嬉しいです!

 

 

 

YouTubeも始めましたので、チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです。

www.youtube.com

 

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20210919190230p:plain

 

Chapter1:バーンリーの守備

まずはバーンリーの守備についてを考えていこう。彼らはサイド誘導を行い、手前に添えるマーカーもしくはアーセナルバックラインから長いパスを蹴らせて回収することを狙った。

ではこの狙いを達成するためにどのような方法を取っていたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210919190518p:plain

守備開始の配置

まずは守備配置から。バーンリーはまず『サイドに誘導するために』ということを考える。だから、アンカーに入るトーマスを2トップでまずは確実に消していく。さらにSBにはSHを当てはめて、IHにはCHを当てていく。基本的に「人を意識」した守備を行っていたバーンリー。こうすることで、割とCBにはボールを持たせても良いという立ち振る舞いを見せた。

もちろん、ずっと持たせているとボールを持ち出されるので、ボールサイドCFが牽制を行うと明確に守備が始まる。(守備のスイッチが入る)

f:id:football-analyst:20210919191219p:plain

回収する場所

このようにボールサイドCFがCBに牽制を行うと、逆CFがDMFをスライドして捕まえる。2トップは必ずDMFを消すということを行う。これでCBに圧力をかけていくことで、選択を迫らせる。

その選択を迫らせる段階で、近くのIHとSBを消すことで判断に迷いと、遅れを生じさせる。そしてCBでボールを回収できるのならば、それがベストで、仮に奪えないとしても、手前にマーカーを添えているので「前向き」に対応することができ、そこで回収する確率を上げていく。

また、近くを消していることで「上のパス」を選択させて回収することも考えていた。この上のパスはバーンリーの「土俵」であり、ほとんどの確率で跳ね返すことが可能になる。

これを土台にバーンリーはボールを回収していた。

 

Chapter2:『1つ進める』アーセナル

では次はアーセナルに焦点を当てて考えていこう。Chapter1で解説したように、アーセナルはバーンリーの「1stライン」は超えることは簡単にできていた。ではどのように最初のラインを超えていたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210919205744p:plain

1stプレスラインの突破

その方法は上の図のようになる。(右から左側にボールを移動させる)左側だと、ティアニーが高い位置をとることでSHを押し下げる。これで2トップ脇にスペースができるので、そこにIHウーデゴールが降りてくるようになる。これで簡単に2トップの1stプレスを突破することができていた。

さらにこのような方法もある。

f:id:football-analyst:20210919210700p:plain

CBの持ち上がり

このようにボールの動かしのよるプレスの遅れを生じさせてCBが持ち上がるパターンだ。これはGKラムズデールのビルドアップのスムーズさがあるから行えていることなのではないだろうか。

これでアーセナルは1stプレスを突破することが可能になっていた。

 

Chapter3:1つ進んでからの「その先」は?

1つ進むことが可能になっていたのは理解して頂けただろう。ではどこに問題があったのだろうか。それはその先にある。

f:id:football-analyst:20210919212413p:plain

降りるがゆえの…

まず1つ目の問題点が場所で被ってしまうということだ。ここで被ってしまうと、近くで数的過多の状態になるので、1枚でプレスをかけられてしまう。人数的には数的優位だが、プレス距離が近いので実際は数的同数と同様の状態だ。

これが1つ先で人数が足りないという状態に陥ってしまう。

f:id:football-analyst:20210919213903p:plain

ライン間でボールを引き取れる

このようにCHを釣り出すことができれば、内側に入ったSHサカに縦パスを打ち込むことができる。(もう1つ前進できたと言ってもいいかもしれない)

もしくはSHを釣り出すことができれば、SBティアニーに届けることで突破することができる。

f:id:football-analyst:20210919214529p:plain

3トップvs4バック

ライン間をとるのだが、上の図のように数的不利な状態になってしまう。ここでサカやペペがドリブルで仕掛けることで打開を図っていた印象だ。

仮にここで逆IHがライン間に居たり、ボールサイドIHが下がって場所が被らない場所に居たとしたら、もっと簡単に攻撃を完結することができたのではないだろうか。

 

ここの『ラインを越えてサポートする』という弊害が出てしまっていた印象だ。これは確実にCHやSHを動かして段差を作るという狙いがあるのだが、その先のことをもう少し整理すると、よくなりそうだ。例えばIHが縦関係になっていたりすると、これは解決できそうだし、場所で被らないこと、ビルドアアップの人数を考えてみるとか、整理するべき場所を整理すると、一気によくなりそうだ。僕は個人的にそのような可能性を感じた。

そしてそれができるだけのタレントが揃っているのではないだろうか。苦しかった展開とはいえ、勝利することができたのは何よりも大きなことなのではないだろうか。

冨安も加わったので、アーセナルも継続して追っていこうと思う。

 

今回の記事はここまでとなります。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

次回の記事もお楽しみに!!!

 

YouTubeもしているのでチャンネル登録もお願いします!

www.youtube.com

 

ではまた次の記事で!

 

 

 

【縦と斜めで打開する!】UEFA チャンピオンズリーグ Group H チェルシー vs ゼニト

f:id:football-analyst:20210916182546p:plain

今回はUEFA チャンピオンズリーグ Group H チェルシー×ゼニトについてを考えていきます。最後まで目を通して頂けると嬉しいです!

 

 

 

 

YouTubeも始めましたので、チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです。

www.youtube.com

 

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20210916182802p:plain

 

Chapter1:ゼニトの守備について

この日のチェルシーも半端なかった。ゼニトが引いて守備を行い、場所を消してチェルシーを引き込みカウンターを狙った。

ではチェルシーが縦パスを入れる方法を考えていく前に、ゼニトの守備について触れていこう。

1−1:ハーフライン付近の守備

まずはハーフライン付近での守備についてを考えていこう。

f:id:football-analyst:20210916190057p:plain

ハーフライン付近での守備

この辺りでの守備プランは半ば5-1-4のような形になっていた。

そのため、ボールサイド(特にゼニト左サイド)のSHが背中でSTを消しながら、外側CBを牽制を行い、CHが前に出てCHを捕まえる。これでボールサイドの受け手を消していく。

これに連動して、逆CHが中央に残ってアンカーのような立ち振る舞いをして、カバーを中心にプレーを行う。そして逆SHが斜めに内側に絞ることでCHとSTを見れる中間ポジションを取る。

これで以下の場所でボールを回収することを試みる。

f:id:football-analyst:20210916191007p:plain

このようにSHが真っ直ぐプレスに出ることで中央もしくは外側にボールを誘導する。最も良いのが、中央に誘導してそこの網にかけること。もちろん、ジョルジーニョとコバチッチが上手いので引っ掛けることが難しかったのは事実だ。だが中央で引っ掛けることができれば、左から右の展開で、攻撃を完結させれるという狙いと自信は見受けることができた。

そしてもう1つ。それが外側に誘導した時。ここではWBに対してWBが出ていくことでバックパスを選択させて「押し戻す」ことを中心に考えていた。

 

1−2:自陣での守備

当然のことながら、手前で止められる回数は少ないのが事実。これはゼニト側も試合が始まる前から考えていたことだろう。

だから、きっちりと守備プランを用意していた。ではどのような守備を用意していたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210916194628p:plain

自陣での守備

このようにCBには変わらずSHが牽制を行う。この時に周りの選手はどのように連動していたのか。

ここではSHがCBを押し戻すためにプレスをかける。ハーフライン付近ではSTを背中で消すことに留まったが、ここではCHが明確にスライドを行ってSTを捕まえる。さらに逆CHが中央を埋めてSHが逆STをマーク。これでボールサイドに人を集めて、場所を消してゴールから遠ざけることを考えた。

だがこの守備はチェルシーの動かし方と縦パス、斜めのパスの差込み方により、崩されてしまう。

では次項でチェルシーの縦パスと斜めの差し込み方にと準備についてを考えていこう。

 

Chapter2:縦と斜めを差し込むために

結論から述べると、縦と斜めを差し込むために行ったことは『横の動き』と『角度の創出』だ。

こちらはYouTubeで考えさせて頂いた。以下のリンクからご覧になってもらいたい。

 

www.youtube.com

 

チャンネル登録もしてもらえると嬉しい限りだ。

 

 

今回の記事はここまでとなります。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

次回の記事もお楽しみに!!!

 

YouTubeもしているのでチャンネル登録もお願いします!

www.youtube.com

 

ではまた次の記事で!

 

 

 

【駆け引きと修正と。】UEFAチャンピオンズリーグ Group G セビージャ vs ザルツブルク

f:id:football-analyst:20210916133126p:plain

今回はUCL セビージャ vs ザルツブルクについてを考えていきます。最後までお付き合いいただけると幸いです!

 

 

 

YouTubeも始めましたので、チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです。

www.youtube.com

 

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20210916133316p:plain



Chapter1:駆け引きの多い前半

まず触れていきたいのが前半の展開だ。大まかに以下のように試合が進んでいく。

 

セビージャのビルドアップ vs ザルツブルクのプレス

嵌らないザルツブルクのプレス

ザルツブルクのプレス修正

↓(ザルツブルク最初のPK)

ザルツブルクが試合を握り始める

↓(ザルツブルク次のPK)

ザルツブルクの前進 vs セビージャの守備パターン

↓(ザルツブルク3つ目のPK)

セビージャの前進修正

↓(セビージャのPK)

セビージャの試合が試合を握り始める

前半終了

 

という大まかな流れで試合が進んだ。多くの駆け引きがあり、見応えのある前半となっていた。

この駆け引きと修正についてはYouTubeで解説させて頂いた。

 

☑︎ザルツブルクのプレス vs セビージャの前進

☑︎ザルツブルクのプレス修正

☑︎セビージャの前進修正

☑︎ザルツブルクの前進 vs セビージャの守備パターン

 

この4つについて考えてみた。以下のリンクがその動画となっている。

www.youtube.com

 

チャンネル登録もして頂けると幸いだ。

 

Chapter2:後半の展開

後半に入り、セビージャは明確に配置を変えて、ザルツブルクを仕留めにかかる。

f:id:football-analyst:20210916135441p:plain

セビージャの配置変更

このようにセビージャは配置の変更を行った。スソとジョルダンを変えて、デラニーとオカンポスを投入。こうすることで、3−4−2−1もしくは5−3−2のような立ち位置に。これは前半の修正(YouTubeで解説)で見せた形で、こうすると大外の選手、(ここでいうとオカンポスとナバス)がフリーでボールを受けれるようになる。だからこそ、より縦の推進力のあるオカンポス(クロスのターゲットマンにもなれるし)を投入して、ゴールに向かっていくことを選択した。

だが前半から多くのPKが与えられていたことで、エン=ネシリがペナルティエリア内でシュミレーションを行い、この日2枚目のイエローカードで退場。

セビージャはプランを変更せざるを得ない状況になり、防戦一方の展開になった。

 

そして1人少なくなったセビージャはホームで敗戦しないように、以下のような守備の配置をとる。

f:id:football-analyst:20210916140311p:plain

場所を埋めるセビージャ

このようにセビージャは場所を埋めることを選択する。だから4−4−1に変更したのだが、前からプレスを行うのではなく、自陣に引きこもって守備を行う。そしてだんだんとSHもバックラインに入るようになり、6−2−1で守備を行うようになっていた。

 

こうなると苦しいのはザルツブルクだ。場所を埋められているので入り込む場所を見つけることが難しくなっていた。CHの脇でボールを保持してSBやSHを釣り出そうと試みていたが、それでもセビージャは出ていくことを選択せずに、攻撃を受け止めることを選んだ。

 

混戦するGroup G

もう1つの試合、リールとヴォルフスブルクもドローで終わった。

(以下がもう1つの試合のレビュー)

www.soccer-bunseki.com

 

全てのチームが勝ち点で並ぶ混戦に。もちろん、まだ1試合目が終わっただけだ。2試合を見て、力量の差は皆無に等しいと僕は感じた。この拮抗する中でどこのチームがグループを突破するのか。これから先の試合も楽しみだ。

 

今回の記事はここまでとなります。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

次回の記事もお楽しみに!!!

 

YouTubeもしているのでチャンネル登録もお願いします!

www.youtube.com

 

ではまた次の記事で!

 

 

【前進と起点と守備】UEFA CL Group G リール vs ヴォルフスブルク

f:id:football-analyst:20210915165439p:plain

今回はCL Group Gのリール×ヴォルフスブルクについてを考えていきます。最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

 

 

 

YouTubeも始めましたので、チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです。

www.youtube.com

 

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20210915170544p:plain

 

Chapter1:ヴォルフスブルクのビルドアップと守備

まずはヴォルフスブルクの前進から考えていこう。彼らはボールの位置でSBの立ち位置が変わっていく。ヴォルフスブルクについてはYouTubeで触れさせて頂いた。

 

☑︎ビルドアップとSBの立ち位置

☑︎課題は守備かも?

 

www.youtube.com

チャンネル登録もしてもらえると嬉しい限りだ。

 

Chapter2:リールの試合展開とその先

リールは『守備の時間が長い』という展開から試合に入った。YouTubeでも触れているように、ヴォルフスブルクはサイドの取り方が上手く苦戦していた。

ではなぜ苦戦していたのだろうか。

2−1:苦戦する最初の守備

f:id:football-analyst:20210915205004p:plain

嵌らない理由

リールは試合の入り、フラットな4−4−2で守備を行っていた。基本的に追い込む場所はサイドになる。そのため2トップでCHを消すことを行う。これでCBから中央の直接の縦パスを消す。そしてSBにボールを誘導すると、そこへSHがプレスを行うようになっていた。

ここまでの守備の追い込み方は完璧なのだが、その先はヴォルフスブルクに上回られてしまっていた。

f:id:football-analyst:20210915210706p:plain

空間を使われて陣形を崩される

ヴォルフスブルクはSBにボールが渡る時点で、逆SBが中に入って3CHのようなイメージでプレーを行う。だからこそボールサイドCHがSBの近くでプレーでき、間に立つSHからのレイオフのパスを受けれることが可能に。リールは間に立つSHをCHがスライドしてマークを行うので、レイオフ先の選手を捕まえることが難しい状況に陥る。だからこそ、守備が嵌らずにサイドを取られることが多くなっていた。

 

当然のことながら、リールは守備の修正を行う。

ではどのような修正を行ったのだろうか。

 

2−2:リールの守備修正とポジトラの関係

リールが行った修正というのが「片側あがりの守備」だ。これを行うことで『パスが届く先』に圧力を加えていく。

f:id:football-analyst:20210915213558p:plain

片側上がりの修正

このようにSHが予めSBを捕まえることで片側あがりの3トップのような立ち位置を取る。さらにこれに連動してCHが少し前に出ることで前に出たSHの段差(背後)を埋めて、さらに「空間で受けるCH」との距離を縮める。こうすることで、CBの近くのパスの選択肢を消し、下のパスを封じる。

当然、片側上がりの守備になっているので、逆CHとSHは内側にスライドして3CHの立ち振る舞いを行う。こうすることでミスを誘導してボールを回収していた。

さらにSHを片側上がりにしていることで、ボールを奪った瞬間に前につけるパスを選択しやすくなっていた。

これで早い攻撃を仕掛けることで、ヴォルフスブルクを押し込んでシュートチャンスを作っていた。

 

2−3:ビルドアップと攻撃のポイント

そして最後に触れたいのがリールのビルドアップだ。このビルドアップでヴォルフスブルクの守備を難しくさせた。(YouTubeで解説)

ではリールはどのような形でビルドアップを行っていたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210915215614p:plain

ビルドアップの基本系

基本的にリールのビルドアップは3−1−4ー1のような立ち位置になる。基本的にCHが1枚バックラインに降りてSBが1列前で幅を作り出す。そしてSHが中に絞ってSTの立ち位置でヴォルフスブルクCHの脇を取り、CFデイビットがCHの間を取る。(SBチェリクがバックラインに残る場合もあり、その場合はSHイコネが幅を作り出してCHアンドレがヴォルフスブルクCHの脇を取り、中央にCHシャカが残る)

ではこの前進方法の何が良かったのだろうか。

f:id:football-analyst:20210915215933p:plain

この図を見てもらうと分かりやすい。まずは2トップ脇をCBが持ち上がれること、さらにSHに対して菱形で数的優位を作る。これでSHは中間ポジションを取っていても、若干の遅れが生じる。そして極め付けはSHの背後、CHの脇にSHがポジションをとっていること。これがリールの攻撃のポイントとなる。

f:id:football-analyst:20210915220125p:plain

このように外、もしくは内側からCH脇に立つSHにパスを送る。こうなるとヴォルフスブルクはここにSBを当てに行く。(CFデイヴィッドでCHをピン止め)

そしてその背後にCFユルマズがランニングを行うことでCBを晒し、さらに斜めにパスを引き取れるように逆SHが最前線まで入ってくる。

このような形で攻撃を仕掛けることが多く、ゴールの取り消しにはなったが、あの場面はしっかりと逆SHが斜めのパスを引き出せるように入ってくることで生まれた幻のゴールだった。(ここではCFユルマズが下がってスペースメイク)

リールのこの出入りの関係がとても良く、見ていて面白かったし、斜めの引き取り方とその作り方はとても勉強になった。

0−0の結果に終わってしまったが、リールの修正と攻撃の仕方はヴォルフスブルクを上回ったと言っても良いのではないだろうか。

 

今回の記事はここまでとなります。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

次回の記事もお楽しみに!!!

 

応援よろしくお願いします!

僕は本気で『サッカー好きが集まれる場所』を作り出そうと考えています!

最後にこの記事が面白いと感じましたら、サポートして応援してもらえると嬉しいです!

 

note.com

 

YouTubeもしているのでチャンネル登録もお願いします!

www.youtube.com

 

ではまた次の記事で!

 

【即興とメガスターの力】Premier League第4節 マンチェスター・U vs ニューカッスル

f:id:football-analyst:20210912150419p:plain

皆さん、どうも。今回はマンチェスター・U×ニューカッスルについてを考えていこうと思います。

ロナウドが帰還したことで、今季ユナイテッドの試合を見る方は増えるのではないでしょうか。僕はその1人です。

では早速ですが、この試合で起きていたことについてを考えていきましょう。

 

 

 

YouTubeも始めましたので、チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです。

www.youtube.com

 

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20210912150710p:plain

 

Chapter1:ニューカッスルの守備とカウンター

ロナウド帰還の話題で盛り上がる中、アウェイのニューカッスルはしっかりと守備を行うことでカウンターでレッドデビルズを地獄へ叩き落とそうと試みていた。

実際に、この方法で際どいチャンスを作り出し、一時は『夢の舞台』オールドトラフォードで追いついて見せた。

ではどのようにしてニューカッスルは守備を行なっていたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210912151310p:plain

ニューカッスルの守備

基本的にニューカッスルはラインを上げずに低い位置、最終ラインがペナルティエリアになるようにブロックを作り出す。ここまで下がることで、背後のスペースを消すことを第一に考える。さらに彼らはペナ幅で横幅を保つようにし、サイド(大外のレーン)に誘導することを考える。

 

この守備に参加するのはCFのサン=マクシマン以外の選手で5−4のブロックを作り出す。そして残るサン=マクシマンはマグワイア側に残ることが多かった。(ここの理由は後述)

ではここからどのようにしてボールを回収していたのだろうか。

f:id:football-analyst:20210912151726p:plain

ボールの回収方法

ボールを奪う場所は当然サイドになる。サイドに誘導し、WG(幅を作り出す選手)にボールが渡ると、そこに対応するのは4枚になる。このユニットで対応を行うことで、横からのライン間のパスを封じて攻撃のテンポを上げさせないのと同時に、守備の基本中の基本である「ゴールから遠ざける」ことを行う。

これでバックパスを選択させて、辛抱強く耐えることでミスを誘発させてボールを回収していく。(もちろん、追い込んだサイドで奪えるのが一番良いのだが)

 

そしてカウンターに出れるのはユナイテッドが半ば強引に中央に縦パスを打ち込んだ時。ニューカッスルはペナ幅に人を集めているのでバイタルエリアには当然、多くの人がいて、場所も狭くなっている。

だからここでボールを回収することが適い、サン=マクシマンもしくはアルミロンにボールを預けることで、彼らの推進力を生かしてカウンターを行う。

 

この時に、サン=マクシマンがマグワイア側にいるのは、勝負するのがSBショーとCBマグワイアになるから。逆のヴァランとワン=ビサカと比べるとスピードが無い分、ぶっちぎれる可能性は高くなる。現にここでサン=マクシマンがぶっちぎって一気にユナイテッドゴールまで近づくことが多々あった。

 

このようにしてニューカッスルは低い位置でなおかつ中央に人を集めることでゴールから遠ざけ、そしてサン=マクシマンとアルミロンという推進力抜群の爆速ゴリゴリドリブラーを生かせる状態を作り出してカウンターを完結させていた。

 

ではこの守備をいかにしてユナイテッドは崩したのだろうか。

 

Chapter2:決まりと即興

正直、ユナイテッドに「ここからこのように動かして、こう攻めて、ここでフィニッシュする!」という明確なものはないように感じる。

これはここまで4試合見てきた僕の正直な印象だ。だがそれでも、スーパースターが揃い、さらにその即興性を共有できる選手が揃っているので、勝てる。勝利を収めれてしまう。まさに「なんか分からんけど強い」ユナイテッドが帰ってきた感じだ。

 

このように書くと、ユナイテッドは無秩序にサッカーをしているように感じるかもしれないが、そうではない。当然の如く、立ち位置は整理されていて、その先が「即興」な感じなのだ。

 

ここではその立ち位置の決まりについてに触れていく。

 

f:id:football-analyst:20210912154400p:plain

SBとWGの立ち位置とCFの可動域

結論から言うと、整理されているのはSBとWGの立ち位置とCFの動く範囲だ。この図のように、SBが内側に入る場合はWGが当然幅を作り出す。この時にWGは少し下り目(SBとほぼ同じ高さ)で幅を作り出す。これを行うことで、この試合ではWBを釣り出すことができる。(仮に相手が4バックならばSBを釣り出すことが可能だ)

この狙いとして『サイド奥深くを取る』と言うものがある。これを行うことで、以下のうような場所が開いてくる。

f:id:football-analyst:20210912154748p:plain

手前と奥

このように「奥」にスペースを作り出すことでそこにSBがランニングすることが可能になっている。これはオートマチックなもので、特に左SBショーのランニングのタイミングの上手さと、ランするのかステイするのかの判断は抜群だ。

そしてこのようにSBが奥深くを取る動きをすることで、次は手前が開いてくる。この開いたスペースでボールを引き出すのがCHのポグバであり、OMFブルーノだ。彼らに時間とスペースを与え、そのビジョンを明確に、そして邪魔が入らないようにすることで、即興とアイディアをどんどん引き出していく。

さらに、今季多く見受けられるのがポグバ→ブルーノのホットラインだ。ポグバのスルーパスからブルーノが抜け出すシーンはここまでの4試合でも多く見受けられている。

これはオートマチズム化されたプレーに1つ横を加えることができたので、このようなホットラインが生まれているのだろう。

 

このようにSBが内側に絞り、WGが幅を作るという鉄の掟がある。

もちろん、WGが内側に絞るパターンもある。この場合はどのように立ち位置が整理されているのだろうか。

f:id:football-analyst:20210912160223p:plain

このようにSBが外側、WGが内側を取った時にはOMFブルーノがMF-DFのライン間から出て組み立てに参加することが多くなる。これはこの試合では分かり易かった。(ニューカッスルが極端に下がってくれるから)

だからサンチョとグリーンウッドが内側に入った段階でブルーノはニューカッスル2列目の手前でボールを引き取ることが多かった。

手前で受けることでライン間よりも時間を持つことができるので、様々な展開を繰り出すことができる。この試合ではボックス内にスーパーストライカーがいるので、手前からクロスが多かった印象だ。

 

このようにしてユナイテッドは整理されているところから、ゴールに近づくに連れて即興性が高くなっていく。この試合の4点目なんかはまさに即興で生まれた美しいゴールなのではないだろうか。

 

 

Chapter3:メガスターの存在はいかに

ここまで即興性が噛み合わずに、取りこぼすことが多かったが、なんせ今夏加わったのはロナウドというゴールが約束された選手だ。彼がいれば、シーズン25ゴールは確約されているようなもの。

そしてこの25ゴールでとりこぼしがなくなっていくだろう。そして稀代のゴールゲッターがいることにより、崩しの局面の『最終地点』が明確になる。これは即興で崩していくチームには1つの指針として大きな役割を果たすだろう。

 

何よりも凄いのが、ロナウドという圧倒的カリスマが加わったことで、周りの選手が『俺たちは無敵だ』『俺たちはレッドデビルズだぞ』という雰囲気を醸し出していることだろう。

マーケティング面、確約されたゴール、若手のお手本、様々なところで多くの影響を与えているロナウド。もしかすると、この「俺たちはレッドデビルズ』という矜恃を取り戻させたことが、一番のメリットになるかもしれない。

 

ミーハーなので、これからロナウドが加わったレッドデビルズの試合も追っていこうと思う。笑

 

今回の記事はここまでとなります。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

次回の記事もお楽しみに!!!

 

応援よろしくお願いします!

僕は本気で『サッカー好きが集まれる場所』を作り出そうと考えています!

最後にこの記事が面白いと感じましたら、サポートして応援してもらえると嬉しいです!

 

note.com

 

YouTubeもしているのでチャンネル登録もお願いします!

www.youtube.com

 

ではまた次の記事で!