Football Base 〜サッカー戦術分析〜

できるだけ詳細に、言語化と可視化に努め、分析レビューを行います!

Premier League リバプール×アーセナル 〜奪われた時間と変えられ続けたサイド〜

 

皆さん、ご機嫌よう。

一番初めに自己紹介から。下記のリンクからご覧ください!

 

note.com

 

では早速、分析レビューを行っていきましょう!

 

はじめに

毎週のようにあるビッグマッチ。今節はリバプール×アーセナルのカード。昨季の対戦、コミュニティーシールドとアーセナルはリバプールに対して「悪い印象」は持ってないはずだ。もちろん、王者相手に油断はなかった。だが3戦目の対戦が正面からリバプールに叩かれてしまった。ハイプレスをかけられ、ロングパスを多用されて、ボールを満足に持つこと、そして奪い切ることが難しくなっていた。リバプールはこの試合で、プレミア王者たる所以を見せつける結果、そして内容となった。ではなぜ、この試合、リバプールはアーセナルを圧倒し、そして逆転勝利をつかめたのか。今回はこれを考察していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200929221643p:plain

守られたコミュニティーシールドの一戦

まず、コミュニティーシールドの一戦を思い出して欲しい。 

www.soccer-bunseki.com

 

リバプールは先制され、そして後半に圧倒的な攻撃力を武器にアーセナルを押し込むも、逆転することができなかった。それはアーセナルにブロックを作られ、完全にスペースを消されてしまってしまっていたからだ。

まずこの試合の内容を思い出し、念頭においていて欲しい。

 

SBで逃げ道を作られたチェルシー戦

そしてもう1試合、思い出していて欲しい試合がある。それが前節のチェルシー戦、退場者が出るまでの試合内容だ。 

 

www.soccer-bunseki.com

 

この試合ではいつも通りプレスをかけたが、チェルシーにSBとCFでプレスの逃げ道を作られてしまい、プレスが嵌りきらず、止まってしまっていた。

 

そしてこの2試合を受けてのこの試合、アーセナル戦。

どのようにこのビッグマッチを進めて行ったのか。

 

超タイトなハイプレス

コミュニティーシールド アーセナルの組み立てからの失点、そしてチェルシー戦の逃げ道の作られかたを受けて、クロップ監督は次のような策、修正を施す。

f:id:football-analyst:20200929221955p:plain
この試合のリバプールはアーセナルのビルドアップに対して、タイトすぎるほどのハイプレスを仕掛ける。3トップはほぼペナルティーエリアギリギリに立ち、IHは早めにCHを捕まえる。SBもWBを捕まえれる立ち位置を取る。これがハイプレスのセットポジション。そしてここからボールを奪う、超タイトなハイプレスを仕掛けていく。

  • 左サイドの場合

f:id:football-analyst:20200929223326p:plain

リバプールからすると左サイド、アーセナル側からすると右サイド、こちらにボールが出ると、リバプールはこのようなプレスを行う。

このようにCBホールディングがボールを持つと一気に圧をかけていく。フィルミーノとマネでCBホールディングにプレスをかけ、CHをIHケイタとDMFファビーニョで捕まえることで、もう1枚のIHワイナルドゥムが幅を作っているWBベジェリンを捕まえる。さらにボールサイドのSBロバートソンも1列高い位置を取り、ファンダイク、ゴメス、アーノルドで3バックの形を形成。これで赤のエリアでボールを奪うことを狙う。

仮にここでボールが奪えなかったとしても次の展開でボールを奪い切るか、捨て球を蹴らせる。

f:id:football-analyst:20200929224052p:plain

このようにCBホーディングに考える時間を与えないプレスを仕掛けること、CHへのパスコースを消していることで、ホールディングは4バック化して幅を作り出すWBベジェリンへパスを出すことが多くなる。そしてここが2番目の奪い所となっていた。

チェルシー戦は中央を一度経由されることで、SBに逃げ道を作られたが、その対応として中盤3枚がスライドを行うことで、IHがSBにプレスを行えるように修正。さらに、CBと逆SBで3バック化しているので、SBロバートソンも背後のスペースをカバーしてもらえているので、ここに迷わず出てくることができていた。そしてまたしても局面で数的優位を作り出し、さらにここでも考える時間、探す時間など微塵も与えないことで、ボールを回収していた。

 

このように守備を行うことで、リバプールは主に左サイドでボールを回収していた。

 

  • 右サイドの守備

では右サイドの守備はどのようなものだったのか。

f:id:football-analyst:20200929225257p:plain

右サイドでの守備はこのようになる。右サイドでは奪うことではなく、主に『前進させない』ことが中心のタスクになっていた。だからCFフィルミーノはCHを捕まえる位置を取り、幅を作り出すCBティアニーはSBアーノルドが前に出て捕まえる。さらに中に入るWBナイルズに対してはIHケイタとそのカバーにDMFファビーニョが入り、バックスもしっかりとスライドすることでリスクを回避。

このようにして左サイドに誘導することでボールを奪うように仕向けていた。

 

このようにリバプールはコミュニティーシールドのアーセナル戦とチェルシー戦を受けて、その対策を行い、そして修正を施したこの試合。だからこのような超タイトなハイプレスを行い、4バック化するティアニーロールを防いで見せた。

 

アーセナルの先制点

このような守備を行われたアーセナル。それでも先制点を奪うことに成功した。アーセナルはまたしても4バック化からリバプールを引き込んで、カウンターのような形からゴールを奪って見せた。

f:id:football-analyst:20200929231456p:plain

先制点のシーンではWBが幅を作ることで、IHケイタを少し下げ、そしてSBアーノルドを釣り出すことに成功。だからCBティアニーとCHジャカがフリーでボールを受けることができる。そしてここからSTオーバメヤンに縦パスを打ち込むことでCBゴメスも釣り出すことができる。これでジャカにセットする。

f:id:football-analyst:20200929231848p:plain

そしてジャカからラカゼットに縦パスを打ち込み、そしてCBの背後をWBがそこを突くことで一気にスピードを上げ、リバプールのミスもあり先制点を叩き込んだ。

 

このようにアーセナルはリバプールをプレスを引き込み、とくにアーセナル右サイドでプレスをはがせた時にやはりチャンスが生まれていた。アーセナルはここを一縷の希望としてカウンターを仕掛けていた。

 

アーセナルの守備とリバプールのロングパス

ではアーセナルの守備に対してリバプールはどのように攻撃を仕掛けていたのか。

  • アーセナルの守備

f:id:football-analyst:20200929233230p:plain

アーセナルの守備はこのようになる。CFラカゼットはDMFファビーニョを消すタスクがあり、オーバメヤンはCBを牽制する立ち位置を取る。さらにCHで降りてくるCFを消し、WBナイルズはSBをマークし、逆WBベジェリンはWGマネをマーク。問題はSTウィリアン。ウィリアンのタスクは主にSBロバートソンを見る役割だったはずだが、CBファンダイクへの牽制、さらに降りてくるIHワイナルドゥムが気になり、SBをマークするというタスクを完遂できていなかった。そしてアーセナルはリバプールの攻撃を食止めれなくなっていく。

 

  • ロングボール多用とその意図

この試合、印象的だったのはリバプールの斜めのロングパスだろう。まずはこの意図について触れていこう。結論からいうと、『アーセナルの守備が揃う前に攻撃を仕掛ける』ために斜めのロングパスを多用したのだろう。

コミュニティーシールドではこのパスはあまり見受けることがなく、アーセナルにブロックを作られたことでスペースがなくなり、攻撃に手詰まり感が出てしまっていた。だからこの試合は、そのような状況に陥らないため、早めのロングパスを多用することでブロックを形成される前に攻撃を完結させていた。

ではリバプールはどのような状況に持ち込むと、ロングパスを使うことが多かったのか。

f:id:football-analyst:20200929235106p:plain

このようにまず、IHがバックス付近に降りることでSTに対して数的優位を作り出す。これでSTのプレスを止めることができる。(仮にここでプレスに来るのならば、縦パス打ち込む)

さらにDMFファビーニョが横にずれることでCFフィルミーノが降りるスペースを作り出す。(もちろん、WGマネの場合もある)

こうすることでアーセナルCHを1枚釣り出すことでCHジャカをカバーポジションに移動させる。このような状況を作り出すと、CBファンダイクは一気にサイドを変える。

ここで普通ならば、ロングパスはグラウンダーのパスと比べ、失う確率は高いのだが、リバプールバックスの選手は高精度のキックを持っている。だからここで失うことが少なく、ピタリと味方に届けてしまう。

さらにここで奪われたとしても、すぐに奪い返す術を持ち合わせている。

f:id:football-analyst:20200929235910p:plain

このように仮にボールを奪われたとしても、SB、WG、IHですぐにプレスにいけるように仕組まれている。そのためにサイドチェンジをする時に一度サイドに寄せることで、たとえボールを奪われたとしても、アーセナルのサポートの距離を無理やり遠くし、リバプールの選手を多く配置することができているのでボールをすぐに回収することができる。

 

このようにして斜めのロングパスを多用し、目線を変え、スライドさせることでアーセナルの守備ブロックが整う前に攻撃を完結させてゴールを奪うことを狙っていた。

だからこの試合がいつもよりハイテンポな試合になっていたのではないだろうか。

 

まとめ

リバプールが強い理由。この試合にはそれが詰まっているように感じた。過去の2つの試合からしっかりと修正し、その策を提示する。その方法が超タイトハイプレスと対角のロングパス。そして今のリバプールにはこの策を高次元で遂行することのできる選手が揃っている。だから勝利を重ね、ここまで強いのだろう。アーセナルもアルテタ監督になり、確実に良い方向へ歩みを進めているが、まだこのチームとは距離があると感じてしまう一戦だったのではないだろうか。だがその中でもしっかりと表現するべきことをしっかりと表現していたので、やはりこれからも期待の持つことのできるチームの1つだ。

すぐにカラバオカップで再戦する両者。お互いにメンバーの変更が大きくあるだろう。また形相の違った、面白い試合を展開してくれることを期待したい。

ぜひ、カラバオカップの前にこのリーグ戦を見返してみていただきたい。

 

 

 

終わりに

  • チャンネル登録お願いします!

YouTubeでも分析レビューを行なっています。YouTubeではJリーグ、プレミアリーグを中心に活動しています!今現在、違った形で皆さんにサッカーの良さを届けれるような企画を考えています!ぜひチャンネル登録をして待っていて下さい!皆さんのチャンネル登録、高評価が励みになりますので宜しくお願いします!

www.youtube.com

 

  • オンラインサロン【Football Mate】について

 

サッカー観戦が好きであり、試合の中で起こっていることをより深く知りたい・読み解きたい方にお勧めしたいです。

もっと具体的にいきましょう。

サッカーのプレー経験や指導経験があるけど、サッカーを観戦したときにその試合を客観的に読み解くことが苦手と感じている方。

趣味としてサッカーを好きになり、観戦する際、試合の中で起こっていることをより深く読み解けるようになることで、サッカー観戦をさらに楽しみたいと思っている方。

このような方々にお勧めしたいです。

 こちらが詳細です!

note.com

気になる方は下記のLINE QRコードから友達追加の上、ご連絡ください!

f:id:football-analyst:20200831213623j:plain

友達追加の上、何でもいいので、最初にスタンプ送って下さい!笑

 

 

  • Twitter・Instagram

 TwitterとInstagramも行っています!こちらのフォローもして頂けると嬉しいです!

 

 

mobile.twitter.com

 

www.instagram.com

 

  • 最後まで御朗読ありがとうございます!

最後まで御朗読ありがとうございました!これからも飽きることなく学び続け、より良いものを共有できるよう、精進して参りますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

次回も皆さんとお会いできることを楽しみにしています!ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

Jリーグ 鹿島アントラーズ×大分トリニータ 〜アントラーズ敗戦の理由を考える〜

 

皆さん、ご機嫌よう。

一番初めに自己紹介から。下記のリンクからご覧ください!

 

note.com

 

では早速、分析レビューを行っていきましょう!

 

はじめに

7連勝中のアントラーズ。開幕当初は連敗をして今季は苦しいものになると思われた。だがザーゴ監督のサッカーを表現できるようになってからは安定し、前節の湘南戦のように、勝負強さも戻ってきた。そして狙うのはもちろん、8連勝。だが今節対戦した相手、大分トリニータは曲者で、準備してきたゲームプランに屈する形となった。アントラーズは良さを消され、自分たちのゲームテンポに持ち込むことができなかった。だから決定機らしい決定機、さらにはデザインした攻撃も仕掛ける場面も少なかった。

では今回はアントラーズが敗戦してしまった理由を考察し、まとめたのでそれを紹介していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200928095109p:plain

 

噛み合ってしまったビルドアップ

同サイドを崩してクロス、広い方への展開、そしてカウンタープレスとショートカウンター。これらを駆使し、ここまで連勝し、勝ち点を積み重ねてきたアントラーズ。やはり攻撃の局面、崩しの局面に入るまでに準備が必要だ。ここビルドアップの局面でまずアントラーズは苦戦を強いられた。ではトリニータはどのように守備を行うことで、アントラーズを苦しめたのか。

f:id:football-analyst:20200928100732p:plain

まずアントラーズはいつも通り(ここまで観戦した2試合通り)のビルドアップの形を取る。CHがCBの間に降り、SBを押し上げて、SHを中(ハーフスペース付近)に押し込む。STの名古がフリーマンの役割でいろんなところに顔を出しながら、前進していく。このようにしてアントラーズはこの試合もトリニータを攻略していこうと試みていた。だがこのビルドアップをトリニータに止められてしまう。

f:id:football-analyst:20200928101234p:plain

このようにCFがCH永木を牽制し、STでCBを牽制する。この時にSTはSHへの縦パスのコースを消す立ち位置を取りながらCBを牽制することがタスクとなっていた。さらにWBはSBを、両脇のCBがSHを、中央のCBがCFをマンマーク。特にCB鈴木はCFエヴェラウドを逃さないようにタイトにマークを行った。CH三竿に対してはCH長谷川、島川のどちらかが必ずマークを行い、STに入った名古はブロックの外で受けられることは許容した。

 

こうなると、まずはSH、もしくはSTに縦パスを打ち込み、相手を動かしたいアントラーズは縦パスを打ち込めない状況に陥ってしまうので、ボールが外回り、もしくはバックラインでのパス回しになってしまう。

そしてトリニータにプレスをかけられて回収、またはミスでボールを失ってしまう。

f:id:football-analyst:20200928103459p:plain
このようにトリニータのプレスのスイッチは広がったCBにボールが入った時。さらに詳細をつめると、ボールを「外側に置いた時」、「身体を開いて受けた時」にSTがプレスをかけることでトリニータの全体のプレスのスイッチが入っていた。

このような状態でプレスをかけられるCBは、ボールを中央に返せなくなるので、一気に視野がサイドのみになる。(青のエリア)

これでトリニータはSBをWBが明確に捕まえ、SHに対してはCHがスライドして捕まえ、バックラインはスライドを行うことで4バックの立ち位置、逆STがSHを捕まえ、逆CHが中央を埋め、CFがCH三竿を捕まえることで、完全に嵌め込んでいく。

これでCBのミスを誘発させるか、SBもしくはSHへのパスを奪うことで、アントラーズの前進を防いだ。

 

封じられたカウンタープレス

「下のパス」で前進できないのであれば、「上のパス」で前進をすることができるのが今のアントラーズ。そしてそのこぼれ球を回収することでカウンタープレスを発動する。だが、これもトリニータに封じられてしまう。ではなぜ封じられてしまったのか。

f:id:football-analyst:20200928105155p:plain

まず1つ目に、シンプルにボールが落ちるであろう場所に『先に』CH長谷川にポジションを取られてしまっていたこと。これにより、もちろん、2nd回収の確率が下がってしまっていた。

f:id:football-analyst:20200928105553p:plain

さらにこのように、2nd回収要員が捕まえられていること+ボールが落ちる場所にポジションを取れていないことが関係していた。

ではなぜポジションを取れていなかったのか。それは先ほど触れた「下のパス」、ビルドアップの局面で、ボールを受けにSHが下がってくること、そしてその背後にSTが抜け出す動きを加えていたからだ。(この図だとアラーノが下がって、名古がその背後を取る)

だからCFへミドルパスを打ち込んだ時に、中央のエリアに人を集めることができなかった。そして徐々にCFへのミドルパスを使わなくなり、丁寧なビルドアップからの攻撃が中心となっていく。

 

このようにトリニータにビルドアップを潰され、さらにはカウンタープレスを「使えない」状況に持ち込まれたことで、アントラーズはバックスでボールは持てるが、急所に差し込めないという、なんとも歯痒く、そしてテンポを上げられない状況に追いやられた。

 

狙われたSBの背後と回避されたハイプレス

攻撃にリズムが出ず、決定機を作り出せなかったアントラーズ。さらにそれに追い討ちをかけるように、トリニータにSBの背後を狙われ続けた。ではなぜトリニータはここを狙ったのか。

 

  • SBの背後を狙うための組み立て

トリニータはサイドから攻撃を仕掛けるため、そしてハイプレスを回避するための組み立てを行う。

f:id:football-analyst:20200928111945p:plain

トリニータは主にCH島川がバックラインに降りることでCBを広げ、4バックの形を取っていた。こうすることで、WBが一列前に押し上げられ、そこで幅を作る。

f:id:football-analyst:20200928112535p:plain

それに対し、アントラーズはCF、SH、SB、CH1枚でハイプレスを仕掛ける。CBに対してはCF、幅を作るCBに対してはSH、さらにボールを受けに降りるWBに対してはSBが、中央でボールを受けようとするCHに対してはCH三竿が捕まえることでボールを奪い、ショートカウンターを打とうと試みた。

だがトリニータはWBでSBを釣り出したことで、その背後をSTが狙い、一気にスピードを上げて攻撃を仕掛ける。これを徹底することでCBを釣り出して、CF渡、逆ST小塚へのクロスで攻撃を完結することを狙う。

さらに、STが抜け出すことで、CFへの縦パスも打ち込めるようになる。

f:id:football-analyst:20200928113039p:plain

このようにSTが抜け出すことでCBが1枚対応にいくため、STが開けたスペースに縦パスのコースが生み出される。これで縦パスを打ち込み、ここから展開することで攻撃も仕掛けることができる。

このようにしてトリニータはSBの背後を狙うことで、サイド奥深くと中央にスペースを作り出して攻撃を仕掛けていった。

さらに後半から、ターゲットとなるCFを投入することで、詰まった時の逃げ道を作り出し、攻撃の圧を強めていった。

 

  • なぜSBの背後を狙ったのか

ではなぜトリニータはSBの背後を狙ったのか。

それはハイプレスを無力化することだ。アントラーズは敵陣でボールを回収し続けることで、相手に攻撃の時間を与えず、ショートカウンターを撃ち続ける。だからトリニータが考えたことは、「自陣で奪われる前に敵陣にボールを送るこむ」ということ。さらに中央に縦パスを打ち込んで前向きで奪われるよりも、SBを釣り出し、その背後にボールを送ることで、CBを背走させると同時に、敵陣深い位置を取ることができる。こうすることで、たとえボールを失ったとしても、アントラーズは自陣深くから再び攻撃を組み立てなければならないので、トリニータは守備陣形を整える時間ができる。

さらに、組み立てのところで奪われたとしても、中央ではなく、サイドなので、ゴールまでの距離を物理的に稼ぐことができ、ゴールまで直線的に持っていかれるリスクを軽減できる。

このようにアントラーズの良さを消すために、サイドを中心に攻撃を組み立てていたのではないだろうか。

 

まとめ

ホームでまさかの敗戦。これは明確なトリニータのアントラーズの良さを消すゲームプランが秀逸だったから、ほぼ決定機を作れずに敗戦してしまった。だが裏を返せば、連勝をしている時に見えなかった、目を当てることのなかった、弱点に目を向けることができるようになった試合だったのではないだろうか。カウンタープレスを封じられた時、さらにハイプレスを嵌め込むことができなかった時、さらにテンポを上げれない時。これらの弱点を見受けることのできた試合だった。だがこの弱点は確実にカウンタープレスを打ち込むチームの宿命だろう。クロップ監督率いるリバプールもこの弱点を克服したからこそ、今あの強さを誇っている。果たしてアントラーズはここからどのように克服していくのか。これからの試合、そして重要な次の試合にどのような展開になるのか、より楽しみになる一戦だった。是非皆さんも、次の試合に向けて、一度見返してみて欲しい。

 

 

 

終わりに

  • チャンネル登録お願いします!

YouTubeでも分析レビューを行なっています。YouTubeではJリーグ、プレミアリーグを中心に活動しています!今現在、違った形で皆さんにサッカーの良さを届けれるような企画を考えています!ぜひチャンネル登録をして待っていて下さい!皆さんのチャンネル登録、高評価が励みになりますので宜しくお願いします!

www.youtube.com

 

  • オンラインサロン【Football Mate】について

 

サッカー観戦が好きであり、試合の中で起こっていることをより深く知りたい・読み解きたい方にお勧めしたいです。

もっと具体的にいきましょう。

サッカーのプレー経験や指導経験があるけど、サッカーを観戦したときにその試合を客観的に読み解くことが苦手と感じている方。

趣味としてサッカーを好きになり、観戦する際、試合の中で起こっていることをより深く読み解けるようになることで、サッカー観戦をさらに楽しみたいと思っている方。

このような方々にお勧めしたいです。

 こちらが詳細です!

note.com

気になる方は下記のLINE QRコードから友達追加の上、ご連絡ください!

f:id:football-analyst:20200831213623j:plain

友達追加の上、何でもいいので、最初にスタンプ送って下さい!笑

 

 

  • Twitter・Instagram

 TwitterとInstagramも行っています!こちらのフォローもして頂けると嬉しいです!

 

 

mobile.twitter.com

 

www.instagram.com

 

  • 最後まで御朗読ありがとうございます!

最後まで御朗読ありがとうございました!これからも飽きることなく学び続け、より良いものを共有できるよう、精進して参りますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

次回も皆さんとお会いできることを楽しみにしています!ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

カラバオ・カップ チェルシー×バーンズリー  〜4-2-3-1は最適解なのかを考える〜

 

 

 

皆さん、ご機嫌よう。

一番初めに自己紹介から。下記のリンクからご覧ください!

 

note.com

 

では早速、分析レビューを行っていきましょう!

 

はじめに

退場者を出してしまい、悔しい結果に終わったリバプールとのリーグ戦。2部のチームが相手とはいえ、その鬱憤を晴らすかのように、6ゴールを奪って完勝を収めて見せた。嬉しいハヴァーツの初ゴールに加えてハットトリック、エイブラハム、ジルーのストライカーも今季初ゴールを奪って見せた。この6ゴール大勝は偶然だったのか。それとも必然だったのか。まだここに決断を下すのは早計だが、この試合で採用した4-2-3-1は、ブライトン戦で採用した4-2-2-2、リバプール戦で採用した4-3-3よりも、生き生きとプレーしているように映った。では今回は試合内容に触れながら、果たして4-2-3-1がこれからの基本布陣になっていくのか、この考えを述べていこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200925132716p:plain

 

遺憾無く発揮されたハヴァーツの能力

まずこの試合で触れるべきは、ハヴァーツだろう。彼のスペースの認知の早さと入っていくタイミング、そして簡単に捌くことでチェルシーのビルドアップを円滑なものにした。そしてこのスペースの認知能力が高いからこそ、この試合でハットトリックを達成して見せた。ではハヴァーツはどのようにビルドアップに加わり、前進を円滑にしていたのか。

f:id:football-analyst:20200925134913g:plain

まずビルドアップのところから。バーンズリーは5-2-1-2のような形で試合に入り、そしてCBに対して2トップ、CHに対してOMFとCHが1枚前に出て対応を行っていた。それに関連してできるスペースが四角のエリアだ。

ここにスペースができる瞬間は、CHコバチッチがボールを受けにいく動きを加えると、バーンズリーCHが前に出る時にこのスペースが生まれる。そのスペースにハヴァーツはタイミング良く入っていくことができ、さらにWBとCHのギャップに立つことができる。このスペースができる場所を予め把握して、タイミング良く入っていく能力が異常に巧い。さらにこのような動きも見受けることができた。

f:id:football-analyst:20200925135430g:plain

このように、コバチッチが流れ、中央にバークリーが入ってボールを受けることで、バーンズリーCHを釣り出す。そのタイミングでハヴァーツがCHの背後に入るので、バークリーから簡単に縦パスを引き出すことができる。そして無駄にキープをせずに、数タッチで捌いて再び次のポジションを取りに行く。

またゴールシーンでも顕著に現れていたように、フリーランも巧い。

これもCFエイブラハムの動きを見て、生じるであろうスペースを予め予測、そして認知できるからできる芸当だ。


Chelsea 6-0 Barnsley | Havertz Hat-Trick and Silva Debut as Blues Hit 6! | Carabao Cup Highlights

このスペースができる場所を予測する能力と認知する早さ、そしてそこに入っていくタイミングがチェルシーの選手の中でもずば抜けている。

開幕戦は右サイド、リバプール戦はCFで起用されたが、この試合で入ったOMFがハヴァーツ自身、最もプレーしやすいポジションなのではないだろうか。

現にこの試合のハヴァーツはただの化け物プレーヤーだった。

 

4-2-3-1は最適解になり得るのか

ここからは筆者の個人的な考えを述べさせてもらおうと思う。気になる方に読み進めて頂けると幸いだ。

リバプール戦で見せたように、昨季から継続して、後ろから丁寧にビルドアップを行うことで、ボールを保持しペースを握ることを目指している。そこでリバプール戦で見せた4-3-3とバーンズリー戦で見せた4-2-3-1のシステムの違い。

4-2-3-1だと、4-3-3でビルドアップを行う時に起こり得るリスクを回避できる可能性が高くなる。

f:id:football-analyst:20200925142043p:plain

例えば4-3-3でビルドアップを行う場合。リバプール戦はこのような形を取ることが多かった。(リバプール戦でうまく行った理由はここと、もう1つ、SBに逃げ道を作ることができていたから) 

www.soccer-bunseki.com

 

だが仮にWGがSBを消す立ち位置を取ると、空く場所はIHの背後となる。もちろん、ここにミドルパスを打ち込むことで前進はできるが、『CFが降りること』になるので、中央で相手バックラインと駆け引きができる選手がいなくなってしまう。だから守備側はそれほど脅威を感じない前進方法かつ、ミドルパスだと失う可能性はやはりグラウンダーのパスよりも高い。

 

だからボールを保持しようと試みるチェルシーは捕まえられている、または捕まえられそうになっているIH、CHにボールを付け相手を動かして、前進を試みる。

こうなるとショートカウンターを受ける可能性は必然的に高くなるのは容易に想像できるはずだ。

 

(もちろん、CFにハヴァーツではなく、どっしりと構え、アバウトなミドル/ロングパスを収めることのできるジルーが入れば話は変わってくるが…)

 

こうなってくると、4-3-3を採用しているリバプールやシティがどうなのか?とう疑問が浮かんでくる。

この両者にあってチェルシーにないもの。それを考えた時に、『GKとバックスのフィードの巧さ』だ。エデルソンは比肩するものがいないほどのキック精度を誇り、一気にチャンスを作りだせる。リバプール両SBや、ファンダイク、ラポルトも高精度のキックを持ち合わせており、例え前から嵌められた時でも、一気に全体をひっくり返せるだけのパスを供給できる。

(他にも理由はあるが)だから彼らは4-3-3でも多くの選択肢を持つことができ、嵌りきることが少なく、いとも簡単に前進して見せる。

 

一方のチェルシーには、ここの精度が足りていない。対人に強いズマ、リュディガー、トモリではファンダイクやラポルトのような縦パスを打ち込むことは難しいだろう。

だからCBでボールを持たされた時に、逃げ道として『上のボール』をランパード監督は用意している。これに伴い、「CBがつけるパス」を消された時に選択肢が1つになり、前進が苦しくなってしまう。

 

リバプール戦のように「2つの選択肢」を常に持ち続けることができれば、話しは変わるが、「外切りプレス」を行うチームはそう多くない。だからこのリスクを軽減するために、4-2-3-1は最適解だと考えている。

ではその理由を述べていこう。

f:id:football-analyst:20200925145006p:plain

この試合で採用した4-2-3-1だとこのようにCFが中央に残ることができる。これでOMFがCHを『退かした』時に、MF−DFのライン間にCFがポジションを取ることができる。これは4-3-3だとCFが降りるので、できないことだ。さらにこの試合、バーンズリー戦のようにCHが場所を開けてくれればOMFへの縦パスを打ち込むことが可能になる。

そうすると、SBを消しているWGの背後でSHがボールを受けれるので、プレスを下のパスで回避することができる。仮にここでSBが出てくるようであれば、CFが斜めに抜け出すことで敵陣深くも取ることができる。

さらにCFへの上のパスが入った時に、2nd回収の要員としてSH、OMFが前向きに対応に行けるのもこのシステムのメリットではないだろうか。

さらに、CFとOMFの入れ替わりも可能で、この入れ替わりで相手のマークを一瞬遅らせることもできる。

バーンズリー戦ではエイブラハムとハヴァーツの入れ替わりが頻繁に行われていた。

仮にヴェルナーがCFに入ったとしても、ポジション取りの巧さでパスは受けれるだろうし、バックスの背後を狙う、圧倒的なスピードも持ち合わせている。

だからバックスに圧倒的なキック精度を誇る選手がいないからこそ、このシステムは嵌るのではないだろうか。

 

個人的に考える人選は?

f:id:football-analyst:20200925151052p:plain

個人的にベストの人選だと思うのがこちら。GKに関してはメンディとケパ、カバジェロと誰を起用するのか、全くわからない状態。

CBにはシウバの横にズマが良いと感じた。圧倒的な身体能力でシウバのカバーに行けることと同時に、彼の隣にいることで学べることが多いのではないだろうか。(特にポジショニングとコーチング)右SBには不動のアスピリクエタと左には新加入のチルウェル。チルウェルに関してはレスターでの実績があるので、言うこと無し。

2CHにはカンテとコバチッチ。カンテは言わずもがな必要不可欠。カンテの相棒に誰を持ってくるのか、ランパード監督は悩むだろうが、機動力、守備力で上回るコバチッチを起用すると思う。ジョルジーニョは2CHの適性が低く、やはりDMFの方が輝く選手。こうなると、カンテとコバチッチを並べると、ゲームを作る選手がいないことが少し不安だが、プレスを剥がしながら運べるコバチッチは重宝したい。

そして圧倒的、巨大な才能を持つハヴァーツがOMFに入り、両サイドにはドリブラーのプリシッチとフリーランで味方を生かせるマウント。そしてCFにスピードスターのヴェルナー。彼がバックスと駆け引きを行うことでハヴァーツと両SHに大きなスペースが生まれる。もちろん、一気にスピードを上げての攻撃も可能だ。

これが筆者の考える、ベストな人選だと思う。

 

怪我人が戻ってくればこのようになる(なって欲しい)だろうが、彼らがいなくても質の高い選手が揃っているので、毎節の人選が気になるところだ。

 

まとめ

3試合目のバーンズリー戦で早くもその才能を遺憾無く発揮したハヴァーツ。ランパード監督がハヴァーツを大事に扱っていることがわかるだけに、今後はバーンズリー戦で採用した4-2-3-1を軸にチームを作っていくかもしれない。ここにヴェルナーやプリシッチ、ツィエクなど、様々な選手が加わった時に、どのような化学反応を起こすのか、とても楽しみだ。ランパード監督とその選手立ちには、重圧に負けず、今季の欧州サッカー界を掻き乱してもらいたい。皆さんも試合を経るごとに期待値が高くなっていくチェルシーに是非とも注目してもらいたい。

 

 

 

終わりに

  • チャンネル登録お願いします!

YouTubeでも分析レビューを行なっています。YouTubeではJリーグ、プレミアリーグを中心に活動しています!今現在、違った形で皆さんにサッカーの良さを届けれるような企画を考えています!ぜひチャンネル登録をして待っていて下さい!皆さんのチャンネル登録、高評価が励みになりますので宜しくお願いします!

www.youtube.com

 

  • オンラインサロン【Football Mate】について

 

サッカー観戦が好きであり、試合の中で起こっていることをより深く知りたい・読み解きたい方にお勧めしたいです。

もっと具体的にいきましょう。

サッカーのプレー経験や指導経験があるけど、サッカーを観戦したときにその試合を客観的に読み解くことが苦手と感じている方。

趣味としてサッカーを好きになり、観戦する際、試合の中で起こっていることをより深く読み解けるようになることで、サッカー観戦をさらに楽しみたいと思っている方。

このような方々にお勧めしたいです。

 こちらが詳細です!

note.com

気になる方は下記のLINE QRコードから友達追加の上、ご連絡ください!

f:id:football-analyst:20200831213623j:plain

友達追加の上、何でもいいので、最初にスタンプ送って下さい!笑

 

 

  • Twitter・Instagram

 TwitterとInstagramも行っています!こちらのフォローもして頂けると嬉しいです!

 

 

mobile.twitter.com

 

www.instagram.com

 

  • 最後まで御朗読ありがとうございます!

最後まで御朗読ありがとうございました!これからも飽きることなく学び続け、より良いものを共有できるよう、精進して参りますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

次回も皆さんとお会いできることを楽しみにしています!ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

 

 

 

 

Jリーグ 鹿島アントラーズ×湘南ベルマーレ 〜アントラーズの攻撃。トランジションを制すために〜

 

 

皆さん、ご機嫌よう。

一番初めに自己紹介から。下記のリンクからご覧ください!

 

note.com

 

では早速、分析レビューを行っていきましょう!

 

はじめに

7連勝に向けて。今節、ホームスタジアムに迎え入れたのは、セレッソと真逆も真逆、トランジションサッカーを好み、とにかく縦に早く、ロングカウンターを打ち込む湘南ベルマーレ。筆者自身が、まだアントラーズの試合を2試合しか見てないこともあり、(セレッソ戦を見てアントラーズのサッカーに興味が湧く)「トランジションの多い展開になるだろう」というざっくりとした印象で試合を見始めた。試合が始まって見ると、やはりトランジションが多く発生し、そしてそこでの攻防に見応えを感じることのできる一戦となった。アントラーズは積み上げてきたであろう、カウンタープレスを軸にベルマーレを押し込みながら試合を進め、そして劇的なアラーノの決勝ゴールを生み出した。もちろん、ここでもネガティブトランジションを制したので、このようなゴールを生み出すことができた。では今回はトランジションを好む両者の一戦のレビューを行っていこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200924160505p:plain

 

アントラーズの攻撃

この試合、下馬評の通りアントラーズがボールを保持し、押し込むことが多くなっていた。アントラーズはベルマーレの守備を崩すためにこのような攻撃を仕掛けていく。

f:id:football-analyst:20200924161556p:plain

まずアントラーズのビルドアップの局面から。アントラーズはベルマーレの中盤の脇、WBを前のスペースを中心に起点を作っていく。そのためにCH永木がバックスの付近に降りることが多くなっていた。こうすることで2トップに対して数的優位を保つことができる。さらにCHシウバは2トップの間に立つのではなく、その脇に流れることが多くなっていた。そして2トップの間に降りてくるのがST遠藤だ。ここに降りてくることで、2トップを中央に寄せてシウバに前を向ける時間を作り出すか、中央に寄らないのならば、遠藤がボールを受けて、前を向くことができていた。

さらにCHが降りたことによって、特にボールサイドのSBを高い位置まで押し上げ、SHを中に押し込み、ベルマーレIHの背後を取らせる。これで攻撃の準備を整えていた。

 

ではここからどのように攻撃を仕掛けていたのか。

f:id:football-analyst:20200924172221p:plain

このようにCHがIHの前、CFの脇でボールを受けると、SHが縦パスを引き出すためにCBとWBの間に、CFがCBの間に、逆のSHもCBの間にポジションを取る。さらにベルマーレCFの間に降りていたST遠藤もCHのサポートを行う。このようにサポートしたことで四角形を作り出すことができる。この四角形こそがアントラーズが攻撃を仕掛ける上で大事にしていることで、そしてこれがネガティブ・トランジションでボールをすぐに奪い返すことができる理由になっている。

 

  • クロスからの攻撃

f:id:football-analyst:20200924173847p:plain

基本的にアントラーズはSHに縦パスを打ち込むことをまずは狙う。ここでSHはポケットにポジションをとっていることでCBがプレスにいくか、WBがプレスにいくか、この判断を一瞬だけ遅らせることができる。ここで四角形を作り出しているので、ここではCF遠藤がサポートを行い、大外を3人目でSBが抜け出すことでサイドを攻略。

(もちろんこれはSHが抜け出すパターン、CFが抜け出すパターンも存在する)

f:id:football-analyst:20200924174258p:plain

そしてサイドを攻略したことでSBがクロスを上げるまたはCHへのバックパスからのクロスで攻撃を仕掛ける。この時にCFエヴェラウドと逆SHがクロスのターゲットの役割を担う。またSH荒木もニアで合わせることと、折り返しを合わせる役割を担う。そしてクロスを跳ね返されてもここで攻撃が終わらないのが、アントラーズ。上の図の白丸の選手がセカンドボールを回収する役割を担いつつ、たとえボールを拾われたとしても、そこにすぐにプレスがいけるように、このようなポジションを取っている。

この攻撃ができない場合は次のように攻撃を仕掛ける。

  • カウンタープレス

ここで出てくるのが今季から積み上げてきたであろう、『カウンタープレス』だ。これを狙って行えるので、アントラーズは今、勝ち続けている要因になっているのではないだろうか。

f:id:football-analyst:20200924180049p:plain

まずカウンタープレスを打ち込むためにCFエヴェラウドへボールを打ち込む。ここにパスを打ち込むことでルーズボールを作り出すことができる。これは彼の強さとボールの収まりの良さがあるからできることだ。もちろん、ここでボールを収めることができれば御の字だが、収めることが難しい。だから次のように周りの選手は準備を行う。

f:id:football-analyst:20200924181141p:plain

このように白のエリアにSHとST(もしくはCH)が入ることでセカンドボールを回収する可能性をグッと上げる。ここの回収率を上げるためにアントラーズはSHを必ず中央に寄せることを行うのではないだろうか。(SHを中央に寄せることで、クロスに対しての中の人数を揃える目的もある)

このようにしてカウンタープレスを打ち込む攻撃の方法も持ち合わせている。

また、SHが中に切れ込んで、CFに縦パスを打ち込んでミスした場合はそのままSHがプレスにいくことでネガティブ・トランジションでボールを個人で回収するパターンもある。このパターンは2試合を見る限り、『SHからの縦パス』のみの方法だと感じている。

 

  • サイドを変える攻撃

そしてこれらの攻撃を仕掛けれない場合、ここで初めて広い方への展開を試みる。基本的に同サイドに人数をかけることで、そのサイドを突破するか、それができなくても、早いネガトラでボールを回収することでショートカウンターを打つことで攻撃を完結させる。

ではなぜ、サイドを簡単に変えることができるのか。

f:id:football-analyst:20200924183011p:plain

それは攻撃時にボールサイドの3レーンに人を集めるアントラーズの攻撃に関係している。これは最初に触れたサイドを攻略するための四角形の形成と、カウンタープレスを発動するためにボールサイドに人を集めている。

だからここでCHから大外のスペースにボールを届ける。ここにSBがポジションを取ることで一気に目線を変えて攻撃を仕掛ける準備を行う。これはビルドアップの時点でSBを押し上げているからできる芸当だ。

ここからクロスを供給するか、またはSHとのコンビネーションで崩していくかの方法で攻撃を完結していく。

 

この3つの攻撃方法でアントラーズはこの試合も攻撃を仕掛け続け、見事に劇的なゴールを奪って勝利を収めて見せた。

 

まとめ

アントラーズの試合をまだ2試合しか見れてないので、より詳細なものはこれから切り詰めていこうと考えている。今回はこのベルマーレ戦で見えた攻撃をまとめてみた。改めて見てみると、とても魅力的なサッカーを展開をしている。もちろん、この試合で見せた弱点もあった。間延びしてしまうとやはり、カウンターを受けてしまうし、プレスを潜られてSBの背後を使われてしまうと苦しくなる。ここにはこれから数試合見ていき、触れていこうと思っている。トランジションを制すためにザーゴ監督が落とし込んでいることは、とても興味深い。残りのシーズン、これからもしっかりと見て楽しんでいこうと思う。

 

 

 

終わりに

  • チャンネル登録お願いします!

YouTubeでも分析レビューを行なっています。YouTubeではJリーグ、プレミアリーグを中心に活動しています!今現在、違った形で皆さんにサッカーの良さを届けれるような企画を考えています!ぜひチャンネル登録をして待っていて下さい!皆さんのチャンネル登録、高評価が励みになりますので宜しくお願いします!

www.youtube.com

 

  • オンラインサロン【Football Mate】について

 

サッカー観戦が好きであり、試合の中で起こっていることをより深く知りたい・読み解きたい方にお勧めしたいです。

もっと具体的にいきましょう。

サッカーのプレー経験や指導経験があるけど、サッカーを観戦したときにその試合を客観的に読み解くことが苦手と感じている方。

趣味としてサッカーを好きになり、観戦する際、試合の中で起こっていることをより深く読み解けるようになることで、サッカー観戦をさらに楽しみたいと思っている方。

このような方々にお勧めしたいです。

 こちらが詳細です!

note.com

気になる方は下記のLINE QRコードから友達追加の上、ご連絡ください!

f:id:football-analyst:20200831213623j:plain

友達追加の上、何でもいいので、最初にスタンプ送って下さい!笑

 

 

  • Twitter・Instagram

 TwitterとInstagramも行っています!こちらのフォローもして頂けると嬉しいです!

 

 

mobile.twitter.com

 

www.instagram.com

 

  • 最後まで御朗読ありがとうございます!

最後まで御朗読ありがとうございました!これからも飽きることなく学び続け、より良いものを共有できるよう、精進して参りますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

次回も皆さんとお会いできることを楽しみにしています!ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

Jリーグ FC東京×セレッソ大阪 〜我慢比べのその先に〜

 

 

皆さん、ご機嫌よう。

一番初めに自己紹介から。下記のリンクからご覧ください!

 

note.com

 

では早速、分析レビューを行っていきましょう!

 

はじめに

前回対戦は手堅いドローゲーム。その対戦時と変わることなく、この試合もかなり堅い試合となり、『我慢する』時間が多くなった試合に。お互いに堅守を売りにここまで勝ち点を積み重ね続けるチームだからこそ、このような展開になるのは容易に想像できた。そしてこの我慢比べの試合展開を制したのは、ホームのFC東京だった。リーグ屈指の推進力を誇るカウンターで、先制点を奪い、試合を優位に進めて見せた。そして追加点を奪うことで、セレッソに前を出ざるを得ない状況に追い込み、得意の堅守速攻で、試合を進め、見事に勝ち点3を積み上げて見せた。では今回はこの『我慢比べ』の一戦のレビューを行っていこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200924074624p:plain

 

堅いFC東京と探るセレッソ

特に前半。FC東京はしっかりと準備してきたであろう守備を完璧に遂行。それに対してセレッソ大阪はスペースができる場所を探り、そこから攻略を試みた。

  • FC東京の守備

f:id:football-analyst:20200924080921p:plain

FC東京はこの試合、4-4-2で挑むことでマークを行う選手をはっきりとした。

特に坂元に対してはSB小川がマンマークを行い、絞るSH清武に対してはCHシルバがマンマークを実施。さらにSH三田も清武をまず消す立ち位置を取るので、一度絞り、SB丸橋にパスが出ると、中から外へプレスをかけるようなタスクになっていた。このようにしてFC東京は中を使わせないこと、さらに清武と坂元を完全に消す方法をとった。

 

  • 探るセレッソ

このような守備を行われたセレッソは様々な探りを入れつつ、突破を試みる。

f:id:football-analyst:20200924093245p:plain
この試合のセレッソはこのような立ち位置を取ることで前進を試みていた。ではなぜこのような立ち位置だったのか。

まずCH藤田がCBの間に降りることでFC東京2トップに対して数的優位を保つ。これでデサバトが藤田と縦関係になることでCH安倍を釣り出す。さらに中央によるデサバトに連動してSB松田も中に入ってCH化。これでSHオリヴェイラを中に寄せることができる。SB松田が中にポジションを取るので、もちろんSH坂元は幅を作る。この時に下がるではなく、FC東京の最終ラインと同じ高さまで上がり、幅を作ることが多く、このようにすることでSB小川を最終ラインで留めることに成功。

逆サイドではSH清武が中に入り、CHシルバとSH三田の2枚をピン留め。これでスペースを作り、前進を試みる。

ではこの動きにより、どこにスペースを生み出していたのか。

f:id:football-analyst:20200924094047p:plain

まず、セレッソが作り出すことができたスペース。それがCHデサバトを捕まえるために前に出たCH安倍の背後と、中に入る清武を捕まえるために中に寄ったことでできるSH三田の外側のスペースだ。セレッソはこの2つのスペースを見出し、 ここを使いながら前進を試みた。

まず、CHの背後のスペースにはCFが落ちることで縦パスを引き出す。ここにスペースができるのは先ほどの触れた、CHデサバトがCH安倍を釣り出しているから。そしてもう1つが、SH坂元が最終ラインでSBでピン留めを行っているから。だからFC東京CBとSBの距離を広げてスペースを作り出すことができるから。だからCFが縦パスを受けた時に、最悪、CBとの1vs1になる。ここでひっくり返すことができれば一気にチャンスを生み出すことができる。

 

そしてSHの外のスペース。ここはSB丸橋が使うことが定石となっていた。そのためにまずはCHデサバトに縦パスを入れ込むことでFC東京のプレーヤーを一度中央に寄せる。そしてそこからデサバトがターンすることができたらターンしてSB丸橋へ展開、できない場合は数的優位を保っているバックスに渡すことでそこから展開を行って、丸橋のところで時間を作って前進を試みた。

 

  • それでも前進させなかったFC東京

このスペースを使われても、そこから先を前進させなかったのFC東京。これは両CBとSB中村が2トップとSB丸橋に対してしっかりと対応していたから。特にSB中村はサイドを変えられることで確実に遅れの出るSB丸橋への対応がほぼ完璧だった。スピードを上げさせないように、徐々に距離を詰め、バックパスを選択させる守備は見事だった。

SB中村がSB丸橋を守備で上回ったので、セレッソ左サイドから差し込まれることが少なかった。

  • セレッソが前進できたパターン

もちろん、全く前進できてないわけではないセレッソ。セレッソが前進できるパターンがある。それがCF永井が急に完全単独でのプレスを行う時だ。このプレスが起こった時に、このようになるのでセレッソは簡単に前進することができていた。

f:id:football-analyst:20200924101417p:plain

このように永井が単独でプレスを行った場合、CH藤田はCBの間に降りずに、中央にステイ。これを行うことで中央経由で展開されたくないFC東京はCHシウバを前に出す。これでSH清武のマークをSH三田が行う。

このようになると空いてくるのがSB丸橋だ。ここでボールを受けると、SB中村はプレスに出るが、距離が遠いのでプレスをかけ切れず、その背後をSH清武に使われてしまう。このようにセレッソはCF永井が単独でプレスにきた時に、チャンスを作り出すことができていた。

 

『先に動いた』セレッソ

前半、驚くほど堅かった両者。後半もこのような展開が続き、焦れてミスをした方が失点をするだろうと感じていた。そして意外にも先に動いたのがセレッソ大阪。自分たちのペースを保ち、引き込み、そして試合を制するセレッソは、皮肉にも先に動いたセレッソが敗北してしまった。ではどのようにセレッソはどのように動いたのか。

f:id:football-analyst:20200924104944p:plain

後半からセレッソは両SHが中にポジションを取るようになる。これを行うことでFC東京バックスを中に寄せることを狙う。さらに中央を埋めることを最優先事項に置くFC東京はSHを中に寄せることで、清武、坂元への縦パスのコースを消す立ち位置を取る。これでSBが外のスペースを取れるようになる。これの狙いとして、SHを押し下げる理由があったはずだ。だからSBが高い位置で幅を作ることが多くなっていた。

だがこれがFC東京の縦に早い攻撃を助長することになる。

  • FC東京が見つけた活路

ではFC東京はセレッソのこの攻撃方法を受け、どのように活路を見出して行ったのか。

f:id:football-analyst:20200924111614p:plain

FC東京が活路を見出した場所。それは中央とSBの背後だ。中央、特にCH藤田とデサバトとの球際の勝負に勝つことでCHをひっくり返して一気にスピードを上げることを試みた。現にロティーナ監督のハーフタイムコメントで「球際の勝負に負けないようにしよう」という紹介があった。それはSBを押し上げるからここで負けてしまうとひっくり返されて一気にピンチに陥るぞ!という本意がかうされていたのではないだろうか。だからFC東京は中央でCHを退かすことで、そこから推進力のあるSHがSBの背後を狙い、釣り出すことが難しいセレッソCBを釣り出して攻撃を完結させて行った。

このようにFC東京は攻撃の活路を見出し、十八番の堅守速攻でこの試合に勝利した。

 

まとめ

セレッソ大阪はアントラーズ戦と続き、不運な判定に泣かされ、2連敗。フロンターレについていくには痛すぎる敗戦。いつもなら先に動かすセレッソ大阪が先に動いて敗戦してしまうというなんとも皮肉な結果。だがロティーナ監督は前半の展開を見て、フロンターレを猛追するためにこの試合を動かしたく、先に動いたのだろう。この試合は新たな境地に踏み入れるきっかけになるものかもしれない。

一方のFC東京。セレッソとの我慢対決を見事に制し、勝ち点差を1に縮めることに成功。しっかりと準備してきたであろう守備を完遂し、そして堅守速攻という武器を手に、試合を締めた。これで今季もしっかりと優勝争いに絡むことができる位置にいる。優勝するためには果てしない道のりだが、強敵相手に勝ち切ったことは、これから残りのシーズン、大きな自信となるのではないだろうか。皆さんもこの堅すぎる我慢比べの一戦を見返してみて欲しい。

 

 

 

終わりに

  • チャンネル登録お願いします!

YouTubeでも分析レビューを行なっています。YouTubeではJリーグ、プレミアリーグを中心に活動しています!今現在、違った形で皆さんにサッカーの良さを届けれるような企画を考えています!ぜひチャンネル登録をして待っていて下さい!皆さんのチャンネル登録、高評価が励みになりますので宜しくお願いします!

www.youtube.com

 

  • オンラインサロン【Football Mate】について

 

サッカー観戦が好きであり、試合の中で起こっていることをより深く知りたい・読み解きたい方にお勧めしたいです。

もっと具体的にいきましょう。

サッカーのプレー経験や指導経験があるけど、サッカーを観戦したときにその試合を客観的に読み解くことが苦手と感じている方。

趣味としてサッカーを好きになり、観戦する際、試合の中で起こっていることをより深く読み解けるようになることで、サッカー観戦をさらに楽しみたいと思っている方。

このような方々にお勧めしたいです。

 こちらが詳細です!

note.com

気になる方は下記のLINE QRコードから友達追加の上、ご連絡ください!

f:id:football-analyst:20200831213623j:plain

友達追加の上、何でもいいので、最初にスタンプ送って下さい!笑

 

 

  • Twitter・Instagram

 TwitterとInstagramも行っています!こちらのフォローもして頂けると嬉しいです!

 

 

mobile.twitter.com

 

www.instagram.com

 

  • 最後まで御朗読ありがとうございます!

最後まで御朗読ありがとうございました!これからも飽きることなく学び続け、より良いものを共有できるよう、精進して参りますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

次回も皆さんとお会いできることを楽しみにしています!ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

Premier League アーセナル×ウェストハム  〜戻るべきサッカーがあるアーセナル〜

 

皆さん、ご機嫌よう。

一番初めに自己紹介から。下記のリンクからご覧ください!

 

note.com

 

では早速、分析レビューを行っていきましょう!

 

はじめに

開幕戦で昨季からの積み上げをしっかりと確認できた。そして連勝を狙うためにこの試合でもちろん勝利を狙う。だがモイーズ率いるウェストハムは5-4-1で試合に臨み、アーセナルを苦しめた。序盤はミスの連発で流れを掴めずにいたが、徐々に落ち着きを取り戻し、先制点を記録。だがフィジカルを前面に押し出すウェストハムに同点に追いつかれ、苦労を強いられる。それでもここで引き分けにならないのが、今季のアーセナルなのかもしれない。しっかりとやるべきことをやり続け、見事に勝利を納めて見せた。では今回はウェストハムの守備の守り方とアーセナルがどのようにコンパクトなライン間を攻略していったのか。これを解説していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200921145720p:plain

 

ウェストハムの守備は?

まずはアーセナルのライン間の取り方に触れる前に、ウェストハムの守備について触れていこう。

f:id:football-analyst:20200921151238p:plain

ウェストハムは基本5-4-1で守備を行う。そしてボールを外に追いやって、ライン間を使わせないことで焦らしてミスを誘ってボールを回収する狙いがあった。

そのために、CFのアントニオがCBとCHを消しつつ、ボールサイドのSHが前に出てボールホルダーCBにプレスをかける。

その時に意識していたことはライン間に立つ、WBもしくはSTに縦パスを打たせないことだ。だからCHとの距離感がかなり近く、ギャップがほとんどない状態だった。さらに連動して、CHジャカに対してCHソウチェクが前に出て捕まえ、もう1枚のCHセバージョスには逆サイドのSHが絞ってマークをする形を取る。これで中央で人を捕まえることができる。

また、主にCHライスが少し下り目で中央に位置することで、仮にライン間にパスが入ってしまった時でも対応ができる役割を担いつつ、組み立てに絡むラカゼットを牽制するタスクを担っていた。

 

このようにしてかなりコンパクトに保ち、ライン間への進入を防ぐと同時に、ミスを誘発してカウンターを狙っていた。

 

これに対してアーセナルはどのように攻略をしていていったのか。

 

ライン間を攻略するために

アーセナルがライン間を攻略するために行ったことは主に2つある。

  • CHが持ち出してからの縦パス

これは先制点のシーンを見てもらうとよくわかる。実際にこの試合はCHが持ち出してウェストハムのラインに段差を作り出すことで縦パスを何度も撃ち込もうとしていた。

f:id:football-analyst:20200921153636p:plain

まず、これが先制点を上げるシーンの1つ。CHが運び出す時は、ほとんどの場合、CH間のパス交換があった。これには理由があり、CHのパス交換により、ウェストハムCHを1枚釣り出した状況で、ボールを受けることができるからだ。(この状況だと、セバージョスがライスを引き出した状態で、ジャカがボールを受けることができる)こうすることで、段差ができた状態を作り出し、ライン間へ打ち込むギャップを作り出すことができる。もちろん、ここに打ち込むことをさせたくないウェストハムはまず、中央を締めるため、ギャップを締める。この動きを加えさせることで、CHが持ち上がる時間とスペースが出来上がる。

f:id:football-analyst:20200921193243p:plain

ボールを持ち出す時間とスペースを得たCH。これでボールを持ち出すと、もちろんウェストハムCHが対応にくるので、中盤のラインに段差を作り出すことができる。ここでライン間に立つWBがボールを受けることで、ここから展開を広げていく。さらに、CHライスをCFラカゼットが、CBをオーバメヤンが、WBをコラシナツがピン留めしているので、サカにプレスを行うことができない状況を作り出している。これでサカがライン間で前を向いた状態でプレーができるようになる。そしてこの状況からアーセナルは先制点を生み出した。

 

まとめると、この状況を作り出すために…

 

①:CH間のパス交換

(中盤に段差を作り、パスを受けたCHが運び出す時間とスペースを作り出す)

 

②:CB・WB・CHのピン留め

 

③:運び出してCHを釣り出し段差を作る

 

④:ライン間へ縦パス

 

この4つの手順でアーセナルはライン間を攻略していた。

 

  • STがドリブルで進入

そしてもう1つ。それが主にSTウィリアンがドリブルで進入するパターンだ。

ではどのようにこのパターンを実行していたのか。

f:id:football-analyst:20200921200228p:plain

このようにこのパターンを遂行する場合は、CBからCHがボールを引き取り、ここでも持ち出すことでSHを釣り出す。この時にSTウィリアンがSHの脇に降りてボールを受けること、さらにWBベジェリンが高い位置で幅を作ること、CFラカゼットがボールを受けに降りることを行う。これを行うことで、ウェストハムWB、CHをピン留めしつつ、ウィリアンがフリーでボールを受けることができる。ここでフリーになれるのはマーク行うCBが深い位置までついていくことができないからだ。(ここについてくるのはビエルサ率いるリーズぐらい)これでドリブルでウィリアンはライン間に進入することができる。

f:id:football-analyst:20200921204023p:plain

そしてこのように運び出すことで最終ラインに段差を作ることで攻撃を仕掛け、ゴールに迫ろうと試みていた。

 

これら2つの方法でアーセナルはウェストハムのライン間を攻略していた。

 

後半に行き詰まり感があった理由

後半に入り、ウェストハムの守備がよりコンパクトになったこともあって、アーセナルは中に入り込むことができなくなり、ボールがブロックの外を回るようになってしまう。こうなった理由は、アーセナルにディフェンスを引っ張る選手がいなくなったため。CHに段差を作ることを任せたため、ボールを受ける選手が待つことが多くなってしまったため、縦パスを打つことができなくなってしまい、行き詰まり感があった。それでもヌケティアが入ってきたことでこの動きが加わるようになり、半ば強引に決勝点を奪って見せた。

 

まとめ

昨季のアーセナルなら確実に引き分けていたであろうゲーム。いや、もしかすると逆転されていたかもしれないゲームだった。だが、今季は一味違う。このようなゲームも勝ちきることができるチームに変貌している。サッカーが整理されたことはもちろんのことながら、一番の功績は選手達に自信を取り戻させたことではないだろうか。しっかりと目指すべき、迷った時に戻るべきサッカーがあることが、かなり大きいと感じる。今季のアーセナルがこれからどこまで上り詰めていくのか。皆さんも注目してみて欲しい。

 

 

 

終わりに

  • チャンネル登録お願いします!

YouTubeでも分析レビューを行なっています。YouTubeではJリーグ、プレミアリーグを中心に活動しています!今現在、違った形で皆さんにサッカーの良さを届けれるような企画を考えています!ぜひチャンネル登録をして待っていて下さい!皆さんのチャンネル登録、高評価が励みになりますので宜しくお願いします!

www.youtube.com

 

  • オンラインサロン【Football Mate】について

 

サッカー観戦が好きであり、試合の中で起こっていることをより深く知りたい・読み解きたい方にお勧めしたいです。

もっと具体的にいきましょう。

サッカーのプレー経験や指導経験があるけど、サッカーを観戦したときにその試合を客観的に読み解くことが苦手と感じている方。

趣味としてサッカーを好きになり、観戦する際、試合の中で起こっていることをより深く読み解けるようになることで、サッカー観戦をさらに楽しみたいと思っている方。

このような方々にお勧めしたいです。

 こちらが詳細です!

note.com

気になる方は下記のLINE QRコードから友達追加の上、ご連絡ください!

f:id:football-analyst:20200831213623j:plain

友達追加の上、何でもいいので、最初にスタンプ送って下さい!笑

 

 

  • Twitter・Instagram

 TwitterとInstagramも行っています!こちらのフォローもして頂けると嬉しいです!

 

 

mobile.twitter.com

 

www.instagram.com

 

  • 最後まで御朗読ありがとうございます!

最後まで御朗読ありがとうございました!これからも飽きることなく学び続け、より良いものを共有できるよう、精進して参りますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

次回も皆さんとお会いできることを楽しみにしています!ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

Premier League チェルシー×リバプール 〜チェルシーの確かなプランと見せた可能性〜

 

皆さん、ご機嫌よう。

一番初めに自己紹介から。気になる方は下記のリンクからご覧ください!

 

note.com

 

では早速、分析レビューを行っていきましょう!

 

はじめに

2節のビッグゲーム。確実にこの試合に注目していたフットボールファンは数多くいたはずだ。かたや、ビッグディールを次々と成立させ、トランスファーマーケットの主役となり、プレミア制覇を目論むチーム、かたや、的確な補強でチーム力を底上げして連覇を狙うチーム。どちらも魅力的なサッカーを展開することに変わりなく、だからこそ、この一戦は注目を浴びるものとなった。残念ながら、前半に退場者が出てしまい、後半は全く持って別のゲームになってしまったが、この試合でチェルシーが見せたものは、これからのシーズン、そしてこれからのチェルシーに大きな期待を抱かせるには十分過ぎる試合内容だった。では今回はチェルシーがいかにしてリバプールのプレスを掻い潜り、そして筆者がどこにチェルシーの可能性を感じたのか。これを綴っていこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200921093702p:plain

 

チェルシーのプレスの剥がし方

チェルシーはこのビッグマッチを制するため、リバプールのハイプレスを剥がすための明確なプランを準備してきていた。ではそのプランはどのようなものだったのか。

  • SBを起点にするパターン

まずはSBを起点にするパターンから。リバプールを相手にした時に必ず空いてくる場所、それがSBの所だ。ランパード監督はここを起点にすることで、リバプールのハイプレスを掻い潜り、そして前進して一気にゴール前に迫ることを狙った。

ではどのような準備を行い、そしてどのように前進を行っていたのか。

f:id:football-analyst:20200921095244p:plain

チェルシーが前進する時、チェルシーは必ずこのような形を取っていた。WGが外切りを行ってCBにプレスをかけてくるので、そのWGとの距離を稼ぐためにCBは低目の位置を取り、ボールを受ける。さらにSBがWGの背後に立つことでフリーでボールを受ける準備を行う。ここにボールを届けるために、DMFジョルジーニョとIHコバチッチがCFフィルミーノの周りに立つことで数的優位を作り出す。そしてもう1枚のIHが1列前に出ることでIHの背後、DMFヘンダーソンの周りを取る。

f:id:football-analyst:20200921102447p:plain

CFの周りで数的優位を作り出したことで、リバプールはIHを前に出してIHとDMFを捕まえることで中央経由の前進を阻もうと試みる。これこそがチェルシーが狙ったことで、IHコバチッチ経由でIHを釣り出すことで、SBにボールを届けた時にリバプールIHがSBにプレスに行く事ができない状況を作り出す。

リバプールの守備は、WGの背後の選手を使われた場合に、IHがそこにプレスに行くことが多いのだが、チェルシーはこのように仕向けることでSBへのプレスを無力化することに成功する。さらに、SBアーノルドはSBにプレスに行くのか、背後に立っているWGヴェルナーへのパスとスペースを消すことを優先するのか、この判断を瞬時に迫られるので、SBアロンソはオープンスペースでボールを持つことができていた。

 

そしてここからサイドを変えたり、ハヴァーツ経由でスピードを上げて攻撃を完結させることでチェルシーはリバプールゴールに迫ろうという狙いが見えた。

 

  • 中盤のスペースを使うミドルパス

そしてもう1つ。それはIHの背後を使うパスだ。この方法を見せたことでリバプールは後手を踏むことになっていた。ではなぜこのような方法を使うことができたのか。

f:id:football-analyst:20200921104840p:plain

それはチェルシーがリバプールにSBで時間を作る方法を提示していたからこそできたことで、リバプールはSBを使わせないために予めIHが前に出て、IH経由のSBへのパスを消すことを試みる。これでチェルシーはSBにボールを届けることが難しくなるのだが、リバプールIHが前に出たことで、その背後にスペースができる。ここにIHカンテ(もしくは中に入っているWGマウント)とCFに入ったハヴァーツへのミドルパスでプレスを回避。CFハヴァーツが中盤に降りることでDMFヘンダーソンに対して数的優位を作ったこと、さらに背丈のあるハヴァーツだからこそできた前進方法だ。さらにここにCBがついてきたとしたら、この日LWGに入ったヴェルナーがCBが開けたスペースへ飛び出すことで一気にビッグチャンスを作り出す可能性もある。だからリバプールCBはここについていくことを躊躇していたのではないだろうか。

 

さらに驚くことに、ハヴァーツはファンダイクが相手でもしっかりとボールを収める能力を披露。さらにスペースの認知と降りてくるタイミングもかなり秀逸なので、GKとバックスは安心してミドルパスを打つことができたのではないだろうか。

 

このように基本はしっかりとリバプールのプレスを呼び込みながら丁寧にビルドアップを行いつつ、時と場合によって長いボールを使うことでリバプールのプレッシングを回避していた。リバプールに対してSBで時間を作ることを狙うチームが多いが、そこを使えないことが多々あるが、チェルシーはしっかりとWGの背後を使うことができ、リバプールのプレッシングの回避方法を1つ提示して見せた一戦になったのではないだろうか。

 

守備の仕方と悔しい退場

チェルシーはリバプールに対してまずは自陣に下がって場所を埋めるように守備を行う。

f:id:football-analyst:20200921113144p:plain

このように4-1-4-1のような形で守備を行う。リバプールの脅威の1つでもあるSBに対してはWGがしっかりと牽制を行うことで、そこからの縦のボールを防ぐ。さらにDMFヘンダーソンからも良質なボールが供給されるので、ここに対してもCFハヴァーツが牽制を行う。そして外のボールを追いやりながら、IHへの縦パスとCFへの縦パスが入ると一気に場所を狭くしてそこでボールを回収することでチェルシーは守備を行っていた。まずは場所を消すことを意識しながら、奪う位置が低くなりすぎないように守備を行う(低くなり過ぎるとカウンタープレスを受けた時にゴールに直結してしまう可能性が高くなるから)ことでリバプールに対して堂々の守備を行っていた。

 

だが、攻撃に人数をかけた際にできてしまったスペースにマネが走り、そこにヘンダーソンがロングパスを供給したことで、CBクリステンセンがファールを犯してしまい、1発レッド。これを恐れていたのでランパード監督はハイプレスを行わず、まずは場所を消す守備を選択したのだろう。

これでチェルシーは後半からほぼ為す術なく、防戦一方になり、敗戦を喫することになった。

チェルシーが見せた可能性

チェルシーはこの試合をみていた人々に大きなインパクトを与えたのではないだろうか。ハヴァーツが、背負える、叩ける、パスが出せる、起点になれる、そして走れるという可能性を示し、ヴェルナーがスピードを生かした最終ラインとの駆け引き、DFを引きつけるポジション取りの巧さと起点作りの秀逸さを披露。さらに昨季から行ってきたボールを大事に保持しながら、ビルドアップを行うこと。守備に関してはリバプールに対して、スペースを消しながら縦方向にプレーさせない守備もできていた。ここに新たな新戦力、チアゴシウバ、チルウェル、ツィエク、さらには怪我人の復帰によってさらなる底上げも可能だ。さらにランパード監督も対戦相手によって配置を変え、戦術を変え、その試合に臨む柔軟性も身につけてきている。

まだまだ連携面で不安が残る開幕戦とこの試合になったが、裏を返せばここの完成度が高まると、いよいよ手をつけられないチームになる予感を感じさせるものだった。しっかりとしたゲームプランとそれをハイレベルで実行することのできる選手がいるチェルシー。期待をもたずにいられない。

 

まとめ

クリステンセンが退場するまで、かなりハイレベルな駆け引きを行いながら試合が進んでいた。リバプールに対して明確なプレス回避のプランをぶつけたチェルシー。そのための人選と方法は見事だった。拮抗したリバプールのプレッシングとチェルシーのビルドアップはとても見ものだったが、マネというスーパープレーヤーのよってチェルシーは破壊されてしまった。このシンプルなロングパス一本の抜け出しこそが、リバプールの一番の恐ろしいところだ。そして後半になり入ってきたチアゴのテンポ作りによって、チェルシーは防戦一方になり、敗戦。新戦力組の動きが大変よかったので、チェルシーにとっては悔しい敗戦になったことだろう。特に前半は内容ともに、とても面白い試合だったので、是非皆さんもこの試合をもう1度、見返してみて欲しい。(個人的にハヴァーツとチアゴの巧さに驚嘆して欲しい。)

 

 

 

終わりに

  • チャンネル登録お願いします!

YouTubeでも分析レビューを行なっています。YouTubeではJリーグ、プレミアリーグを中心に活動しています!今現在、違った形で皆さんにサッカーの良さを届けれるような企画を考えています!ぜひチャンネル登録をして待っていて下さい!皆さんのチャンネル登録、高評価が励みになりますので宜しくお願いします!

www.youtube.com

 

  • オンラインサロン【Football Mate】について

 

サッカー観戦が好きであり、試合の中で起こっていることをより深く知りたい・読み解きたい方にお勧めしたいです。

もっと具体的にいきましょう。

サッカーのプレー経験や指導経験があるけど、サッカーを観戦したときにその試合を客観的に読み解くことが苦手と感じている方。

趣味としてサッカーを好きになり、観戦する際、試合の中で起こっていることをより深く読み解けるようになることで、サッカー観戦をさらに楽しみたいと思っている方。

このような方々にお勧めしたいです。

 こちらが詳細です!

note.com

気になる方は下記のLINE QRコードから友達追加の上、ご連絡ください!

f:id:football-analyst:20200831213623j:plain

友達追加の上、何でもいいので、最初にスタンプ送って下さい!笑

 

 

  • Twitter・Instagram

 TwitterとInstagramも行っています!こちらのフォローもして頂けると嬉しいです!

 

 

mobile.twitter.com

 

www.instagram.com

 

  • 最後まで御朗読ありがとうございます!

最後まで御朗読ありがとうございました!これからも飽きることなく学び続け、より良いものを共有できるよう、精進して参りますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

次回も皆さんとお会いできることを楽しみにしています!ではまた次回の記事でお会いしましょう!