サッカー戦術分析ブログ〜Football Base〜

サッカーをより知れる、勉強できる、そんなブログです!

プレミアリーグ ウォルバー・ハンプトン×アーセナル 〜対策を打った守備と探った攻略法〜

 

はじめに

ヨーロッパのコンペティションの参加権を得るために。アーセナルはここで自分たちの上にいるチームを叩く事で、その目標を達成しようと試みる。そして今回は上位との一戦。そのチームが、曲者揃いの難敵、ウルブスだ。彼らはここまで統率の取れた戦いで、CL出場圏を射程距離に置く躍進を遂げている。そして大物喰いとも称される彼らを倒す事は難しい事は簡単に予想できた。さらには再開後、唯一の3連勝中のチームだ。アーセナルは彼らを倒すべく、一心不乱に、そして確実に戦い、勝利を得た。では今回はどのようにアーセナルはウルブスを下したのか。これを解説していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200706214541p:plain

 

アーセナルのトラオレ / ヒメネス対策

まずはウルブスの躍進を支える強力な攻撃陣、トラオレとヒメネスをどのようにしてアーセナルが抑えていたのか。

f:id:football-analyst:20200706220748p:plain

まずアーセナルが行った事。それがCHが中央、バイタルエリアを埋める事。これを行う事で2トップの中央への縦パスを遮断。これで中央から2トップを中央から外へ追い出す事ができる。

f:id:football-analyst:20200706221735p:plain

このように2トップを中央から外へ追い出すことを2CHの立ち位置で読み取る事ができた。

f:id:football-analyst:20200706221940p:plain

そしてIHをSTが捕まえることでCFへのパスを誘発する。これこそがトラオレとヒメネスの対策で、ここにボールが入ると、右はムスタフィ、左はコラシナツが確実に潰す事でボールを奪取または前向きにプレーをさせなかった。

このCB2枚は『前に強い』選手なので、トラオレとヒメネスと対等以上に渡り合う事ができ、トラオレを後半かた外のポジションに追いやる事に成功した。

これがこの試合のトラオレ、ヒメネス対策だ。

 

ウルブスの守備戦術は?

ではウルブスの守備戦術はどのようなものだったのか。

f:id:football-analyst:20200706223324p:plain

まずウルブスの守備ブロックは5-3-2だった。そしてプレスラインはハーフライン付近まで吸収してから気持ちプレスをかけていく。その時に2トップは中央を経由させないように近くに立ってギャップを狭くしてCHを使わせないようにする。さらに中盤はCBからの縦パスでひっくり返されないようにここも近くでプレーをしてギャップを極端に狭くする。

f:id:football-analyst:20200706223711p:plain

イメージとしては上の図の四角の広さを保ったまま、動くイメージだ。これで常に中央を締める事でボールを確実に外回りにさせる。

f:id:football-analyst:20200706224459p:plain

そして狙うパスはCBからSTへの縦パス。これを出させるためにWBはボールと同サイドのWBを牽制し、2CFと中盤3枚は距離を保ったままスライドを行う。これでSTへの縦パスを送り込み、CBがインターセプト、または潰してボールを回収していた。

 

アーセナルの崩し方

ではいかにしてこのウルブスの守備を崩していたのか。まずアーセナルが行ったがこちら。

f:id:football-analyst:20200706225209p:plain

このようにSTサカがIHの脇、もっというと先述した5枚のブロックの脇のスペースを取る。

f:id:football-analyst:20200706230208p:plain

このようにした事で奪い所として、STを潰す役割を担っていたCBは高い位置までプレスにいくのか、それともIHにマークを受け渡すのかの判断に迷う。さらにIHは中央のブロックを崩してまでSTを捕まえるのか、この判断に迷う。そしてこの判断に迷っている間にSTがパスを受ける。

f:id:football-analyst:20200706230528p:plain

するとここで簡単に前を向く事ができる。だがこうなると、ウルブスは背後のスペースを消す事でSTに前進する選択肢を与えない事でバックパス、または横パスを選択させていた。

もちろんアーセナルはさらなる工夫を加える。

f:id:football-analyst:20200706230837p:plain

次に行った事がSTがステイして下がらずに、WBがIHの脇に降りる事。これを行う事の何が良かったのか。

f:id:football-analyst:20200706231120p:plain

まずWBが脇に降りた事でウルブスWBから距離をとる事ができ、プレスまでの距離と時間を稼ぐ事ができる。

f:id:football-analyst:20200706231310p:plain

さらにWBが長い距離をプレスにいくので、その背後に広大なスペースが出来る。

f:id:football-analyst:20200706231439p:plain

そしてここをSTが使い抜け出す事でCBを引き連れる。そうすると次はもちろんハーフスペースが空いてくる。

f:id:football-analyst:20200706231635p:plain

そしてSTが作ったハーフスペースへCFヌケティアが「CBの視界に入りながら」フリーランを行う事で中央のCBを引き連れる事ができる。これがヌケティアの良い所でもある。スペースを作るために敢えてCBの視界に入る事ができる選手だ。

f:id:football-analyst:20200706231956p:plain

もちろん順を追って中央が空くので、ここを埋めるために逆CBとWBがスライドを行い、中央を埋める。このスライドさせる事がこそがWBがIHの脇に入る工夫の狙いで、一気に局面を変える準備が整う。

f:id:football-analyst:20200706232244p:plain

この時にSTがCBとWBの間に立つことでピン留めを行い視線を集める。これでWBセドリックから逆の視野外にいるWBティアニーへのサイドチェンジで局面を一気に変える。

 

実際にアーセナルはこのようにして先制点を奪っている。そして後半から耐え凌ぎ、ラカゼットの変態的な1stタッチからのゴールでウルブスの息の根を止めることに成功した。

 

まとめ

難敵のウルブスをしっかりと叩くことができたアーセナル。これで一気に7位まで順位を上げることに成功した。さらにはEL出場圏まであと6ポイント、CL出場圏まで8ポイントとなった。現実的になってきたのはEL出場圏内の滑り込みだ。怪我人の多い中、しかも途中就任のアルテタ監督がこの権利を勝ち取れたのならば、成功のシーズンといってもよいのではないだろうか。そして3バックを採用し続け、その内容は確実に良い方向へ向かっている。この試合でもはっきりと見てとる事ができた。ここからレスター戦、トッテナム戦、リバプール戦、FAカップマンチェスター・シティ戦と強豪との連戦だ。日程も厳しい中で、この鬼門を潜り抜ける事ができたのならば、EL、もしくは大逆転でのCLへの出場権を手に入れれるかもしれない。この連戦は特に注目していきたい。

 

[追記]

YouTubeでも様々な試合の解説やレビューを行っているのでチャンネル登録してもらえると幸いだ。

www.youtube.com

 

またオンラインサロンも行っているのでこちらの参加もご検討願いたい。

 

www.soccer-bunseki.com

 

終わりに

最後までお付き合い頂きありがとうございます。この場を借りまして、SNSなどの紹介をさせて頂きます。

 

  • [オンラインサロン] Football Mateについて

FacebookのグループでFootball  Mateというものを作りました。

詳細は下記のリンクからご覧下さい!

2020 / 9 / 1 まで無料でやっています!ご参加お待ちしています!

 

www.soccer-bunseki.com

 

気になる方、詳細を知りたい方、参加ご希望の方は下のLINEまたはGmailでご連絡下さい!

f:id:football-analyst:20200621211456j:plain

 

Gmail ⇨ football.bunseki@gmail.com

  • 会社のホームページ

football-base.com

 サッカーが気軽に語れ、そしてサッカーを好きになってもらえる、より知ってもらえる会社です。ブログやYouTubeの更新、イベントのお知らせなど、随時更新しているので、ぜひブックマークをよろしくお願いします!

 

  • Twitter

https://twitter.com/soccer_bunseki

 

f:id:football-analyst:20200702110919p:plain

  試合で気付いたことなど、サッカーのことを中心に呟いています。

ブログやユーチューブの更新を行っています。

気になる方はフォローをよろしくお願いします! 

  • YouTube

www.youtube.com

 

こちらでもレビューを行なっています!チャンネル登録のほど宜しくお願いします! 

 

  • Instagram

www.instagram.com

 ストーリーでよりプライベートなことをアップしています。

ここでもブログ、YouTubeの更新のお知らせをさせていただいています。

こちらのフォローもお願いします!

 

  • 最後までご朗読ありがとうございました

最後までご朗読、ありがとうございました。

皆さんに分かりやすく伝えていけるように精進して行きますので、これからもよろしくお願いします!

 

Jリーグ 浦和レッズ×横浜F・マリノス 〜工夫し続けたマリノスと粘り切ったレッズ〜

 

はじめに

J1再開初戦。昨季王者はくすぶる強豪、浦和レッズと戦うこととなった。大槻監督になり、粘れるチームになったレッズはこの試合も守備で粘り切り、前年王者を相手に勝ち点をもぎ取った。試合直後のハイプレスでゴールを奪い切り、守備に徹するという明確なゲームプランが見えた。だが、このハイプレスにすぐに適応し、そして浦和レッズの守備を崩す為に数多の工夫を施した横浜FM。だが最後の一歩が遠く、この試合はゴールを破ることができなかった。だがこの試合で見せたマリノスの工夫が、強者のままで今シーズンもやりきるだろうなと感じさせるものだった。では今回は初めにレッズのハイプレスに触れ、その後にマリノスが施した工夫を解説していこう。

 

スターティングメンバー

 

 

f:id:football-analyst:20200704214302p:plain

 

レッズのハイプレス

まずはレッズのハイプレスから触れていこう。実際にこのプレスでレッズは試合立ち上がりにマリノスを押し込み、ゴール前に入っていく際どいシーン一歩手前まで作り出すことができていた。ではどのようにプレスを行っていたのか。

f:id:football-analyst:20200704230950p:plain

まずレッズの守備の基本は人を捕まえるハイプレス。だからCBに対してはCFが、中央に残るCHに対しては1枚CHが前に出て捕まえる。これで中央を経由させないというよく見受けれるパターンにする。

f:id:football-analyst:20200704231607p:plain

そしてどちらかのCBにパスが出ると、これがプレスのスイッチとなる。ボールサイドのSHがSBを捕まえ、後ろに残っていたCHが流れてボールを受けようとするCHを捕まえる。これでボールサイドを狭くすることで選択肢をなくし、中盤でボールを奪いきる。だからこの試合、特に立ち上がりでマリノスは中盤でボールを奪われることが多かった。

浦和レッズはこのハイプレスで先制点を早い時間帯で奪い切り、その奪った先制点をしっかりと守りぬこうという意思が見えた。これがこの試合の大まかなゲームプランだったのだろう。

 

マリノスの工夫

工夫①:CHがCBの間に降りる理由と狙い

これを行ったのは前半の15分あたり。この辺りでCHがCBの間に降りるようになる。これを行った理由は「ハイプレス」を剥がす為だ。そしてこの工夫こそがボールを安定して握れるようになった大きな要因だ。ではなぜCHがCBの間に降りると良かったのか。

f:id:football-analyst:20200704232510p:plain
まずCHが降りない場合。この場合はレッズCHがマリノスCHを捕まえる為に「前に出ていく距離」が短い。だから簡単に捕まえることができる。そこでCHが1枚CBの間に降りるとどうなるのか。

f:id:football-analyst:20200704232809p:plain

CHが降りることでレッズCHは本来マークするはずの選手がいなくなる。正確にいうと、距離が遠くなるので、プレスを行うことが難しくなる。その理由は2つある。まずシンプルに距離が遠いので、プレスが間に合わずに次のプレーの制限ができないこと。そしてもう1つが中央を空けてしまうことを懸念するからだ。このようにCBの間に降りること、ラインを変えることのメリットがここにある。

f:id:football-analyst:20200704233423p:plain

さらにCHが下がったことでCBが広がる事ができる。するとSBが中に入るポジションを取る。これはCHが下がり中央を空けたので、その互換性を保つ為に中央に入る。するとSBをマークするタスクがあるSHを押し下げる事ができ、ラインを1列下げさせた状態でピン留めする事ができる。極め付けは2CFに対して数的優位を作り出す事ができる訳だ。

これで安定してバックラインでボールを動かす事ができる。そしてこの狙いはここにある。

f:id:football-analyst:20200704234036p:plain

レッズはバックラインでボールを回され、動かされるのを嫌うのでCHが1枚前に出てきて数的同数を作ろうとする。だが先ほども触れた距離が遠いので、中途半端なポジショニングになる事が多く、またしっかりと前に出たとしても「釣り出された」状態になるので、ライン間に広大なスペースができる。このスペースを作る事をCHがCBの間に降りる事で狙った。

 

工夫②:ライン間を使う為に逆三角形

そしてこのライン間のスペースを使う為に行った事が逆三角形の形成だ。これを行った事でマリノスはライン間のスペースを使い、レッズの2ndラインをひっくり返す事ができた。ではなぜ逆三角形が良かったのか。

f:id:football-analyst:20200704235311p:plain

まずどこに逆三角形を作っていたかというと、中盤のところだ。CBの間に降りたCHを頂点に、OMFと少し高めの位置を取ったCHが辺を成す点を取る。これで逆三角形を作る。

f:id:football-analyst:20200704235726p:plain

そしてこのような形になる事で残ったレッズCHに対して数的優位を作り出す事ができる。CHの脇を取れるわけだ。これができるのは 先ほども触れたようにSBがSHをピン留めしているから。もっと言うとSHに対しても数的優位を作れているので、ここでも優位に立てている。

これでCBまたはCHからの縦パスでライン間に差し込み、レッズの2ndラインをひっくり返して一気に攻撃のスピードを上げる。

この攻撃を何度か繰り返したので、レッズは引いてブロックを形成するようになる。そしてここからも様々な工夫でレッズを崩してゴールを奪おうと試みる。

 

工夫③:4-4-2の弱点の突き方と段差

レッズが引いて4-4-2のブロックを作り出したので、それを崩す為にマリノスはSBで時間を作る。

f:id:football-analyst:20200705000343p:plain

4-4-2の弱点として挙げられるのがCFの脇のスペースだ。ここを使われるとSHまたはCHが釣り出され、段差を作られてしまう。マリノスは例に倣い、ここのスペースを使った。そして例に倣うのならば、ここをCBに運ばせるチームが多い。(シティとかバルセロナとかリバプール)だがマリノスはSBがここのスペースを使っていた。ではなぜここをSBが使う事ができたのか。

f:id:football-analyst:20200705000952p:plain
まずCHがCFの間に立つ事でピン留めを行う。仮にCFがSBにプレスに来たのならばCB経由でCHを使う事が可能だ。さらに幅をSBが取らなくとも、WGが作っているから。

そしてここでSBがボールを運び出す事でSHを釣り出す。

f:id:football-analyst:20200705001201p:plain

このようにSHを釣り出した事で段差を作る事ができる。そして満を侍して幅を取ったWGへパスを送る。ここから前半によく見受ける事ができた「ポケット」を使う攻撃に移っていく。

工夫④:ポケットを使う為の3人目の動き

そしてここでこの試合OMFにマルコス・ジュニオールではなく天野が起用された大きな理由が理解できる現象が起きる。それがサイドに流れてのサポートだ。

f:id:football-analyst:20200705001753p:plain

このようにSBがSHを釣り出したので、その背後にスペースができる。マルコス・ジュニオールがOMFにいる場合がここに入る事が多いのはCHの喜田だ。だが天野は中央を空けてここに入ってサポートを行う。このサポートこそがポケット攻略の大きな要因になる。

f:id:football-analyst:20200705002126p:plain

天野がWGのサポートをライン間かつハーフスペースで行った事でCHを引き連れる事ができる。そうするとSBとCBの間を埋めるはずのCHがいなくなってしまう。だからここに3列目から3人目の動きでCHが抜け出す。これでボックス深い位置を取り、チャンスを創出していた。このように天野がサイドに流れてサポートを行う事でCHの場所を埋めるカバー(縦スライド)を遅らせる事ができていた。特に前半は右サイドのポケットを狙う事で攻撃の最終局面手前を組み立てていた。(もちろん喜田がサイドに流れて仲川が中、3人目で天野が抜け出すパターンや、喜田が残り、3人目をSB小池が担うパターンもあった)

 

後半に入ってから

レッズの守備修正

まず後半に入るとレッズは守備の修正を行う。

f:id:football-analyst:20200705002858p:plain

このようにCHが前に出なくなり、代わりにCFがCHを牽制する形を取るようになる。これでライン間のスペースを消して2ndラインをひっくり返されないように試みた。

f:id:football-analyst:20200705004300p:plain

さらに懸念材料だったポケットのスペース。ここはCBがスライドして早めに埋める事で修正を施した。だがこれらもマリノスに対応される。

 

工夫⑤:マルコス・ジュニオールの投入

レッズの守備の変更を受けて、マリノスは61分に動く。それがエジガルジュニオとマルコス・ジュニオールの投入だ。先ほども触れたが、天野はサイドに流れてサポートを行う事が多い特徴を持つ。そして彼に代わって投入されたマルコス・ジュニオールはより中央でボールを

引き出す事に長けている。だから彼を投入する事で両WGとCFを生かそうと試みた。

f:id:football-analyst:20200705003605p:plain

まず攻撃の基本は変わらず、CFの脇からレッズの守備網に入り込んでいく。そしてマルコスが入るとCHとSBのパス交換が増える。その理由がレッズCHを釣り出す為。そして釣り出した背後にマルコスがポジションを取る。

f:id:football-analyst:20200705003903p:plain

するとCHのサイドでフリーなっているマルコスを潰す為にCBがプレスを行う。これがマルコスが入った効果でCBがプレスに出た背後をCFが使う事で一気にゴール前まで迫る事ができる。そしてこのプレーが1つあると、CBは次、似たような場面と遭遇すると判断に迷う。だからマルコスが中央でボールを受けれるようになる。

そしてマルコスが中央でボールを受けれるようになると、WGがフリーで仕掛けれるようになる。これで幾度となくゴールに迫ったが、浦和レッズの粘りの守備でマリノスは遂にゴールを破る事ができなかった。

 

まとめ

開幕戦の引き分け。そしてこの試合の引き分け。どちらもに似たような勝ち点1だ。それは中を固められた時の攻略に苦戦している事。クロスまでの流れはかなりのレベルにあるのだが、その最後の仕上げが少しちぐはぐしていまう。中を固めれれて結局跳ね返されることが開幕戦とこの試合で見受けれた。ここは試合をこなす毎に良くなっていくと思うが、少し心配なところでもある。だが、やはり相手の出方を見ながらサッカーを進めていけるマリノスの強さをこの試合でも見ることができた。やはりマリノスのサッカーを観るのも面白い。今シーズンも間違いなく優勝候補に入るが、はたして「中央を固められた時」の対処法を早めに見つけることができるのだろうか。これがスタートダッシュに失敗したマリノスの要因となっているのは間違い無いだろう。これを早急に見つけ、また白熱した優勝争いを繰り広げてもらいたい。

 

[追記]

YouTubeでも様々な試合の解説やレビューを行っているのでチャンネル登録してもらえると幸いだ。

www.youtube.com

 

またオンラインサロンも行っているのでこちらの参加もご検討願いたい。

 

www.soccer-bunseki.com

 

終わりに

最後までお付き合い頂きありがとうございます。この場を借りまして、SNSなどの紹介をさせて頂きます。

 

  • [オンラインサロン] Football Mateについて

FacebookのグループでFootball  Mateというものを作りました。

詳細は下記のリンクからご覧下さい!

2020 / 9 / 1 まで無料でやっています!ご参加お待ちしています!

 

www.soccer-bunseki.com

 

気になる方、詳細を知りたい方、参加ご希望の方は下のLINEまたはGmailでご連絡下さい!

f:id:football-analyst:20200621211456j:plain

 

Gmail ⇨ football.bunseki@gmail.com

  • 会社のホームページ

football-base.com

 サッカーが気軽に語れ、そしてサッカーを好きになってもらえる、より知ってもらえる会社です。ブログやYouTubeの更新、イベントのお知らせなど、随時更新しているので、ぜひブックマークをよろしくお願いします!

 

  • Twitter

https://twitter.com/soccer_bunseki

 

f:id:football-analyst:20200702110919p:plain

  試合で気付いたことなど、サッカーのことを中心に呟いています。

ブログやユーチューブの更新を行っています。

気になる方はフォローをよろしくお願いします! 

  • YouTube

www.youtube.com

 

こちらでもレビューを行なっています!チャンネル登録のほど宜しくお願いします! 

 

  • Instagram

www.instagram.com

 ストーリーでよりプライベートなことをアップしています。

ここでもブログ、YouTubeの更新のお知らせをさせていただいています。

こちらのフォローもお願いします!

 

  • 最後までご朗読ありがとうございました

最後までご朗読、ありがとうございました。

皆さんに分かりやすく伝えていけるように精進して行きますので、これからもよろしくお願いします!

プレミアリーグ アーセナル×ノリッジ・シティ 〜アーセナルの少し変わったビルドアップ〜

 

はじめに

4発快勝。久々に「躍動した」と表現してよい試合内容だったのではないだろうか。ノリッジのミスからの2ゴールがあったとしても、ジャカのゴールはとても流れの良いものだった。もちろん、後半、3点目を奪うまではかなり苦しんだが、それでも耐える事ができていた。そして確実にこの試合の流れを掴んでいたのはビルドアップの局面だ。そのアーセナルのビルドアップが少し変わったものだったので、それを今回は紹介していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200703214218p:plain

 

アーセナルのビルドアップの方法は?

今回は主にアーセナルのビルドアップの局面に触れていきたい。この試合はヌケティアではなく、ラカゼットがCFに入った。さらにCBにダビド・ルイスが復帰。彼らがいると、ビルドアップの局面でスムーズにボールが動く。

f:id:football-analyst:20200703214619p:plain

まずはD・ルイスがボールを持った時。彼がボールを持つと、両脇のCB幅を作る。ここまで広くCBが幅を取るところが面白いと感じた。ここでノリッジCFが気持ちCHジャカを見ながらのプレスだったのでルイスは強めのプレスを受けずに、余裕を持ってボールを持てる。

f:id:football-analyst:20200703215112p:plain

CBが幅を作ったので、WBが1列前で幅を作る事ができる。この方法はFAカップシェフィールド・ユナイテッド戦、リーグ戦のサウサンプトンとの試合でも行っていた方法だ。

f:id:football-analyst:20200703215813p:plain

WBが1列前で幅を作ったので、STがかなり中に入り込む事ができる。このようにしてSTがほぼレーン3にポジションを取る。このようにすると何が良いのか。それがラカゼットが組み立てに参加できる事だ。

f:id:football-analyst:20200703220120p:plain

中央に2枚のSTが入ってきて、さらにWBが高い位置で幅を作っているので、CFラカゼットは降りて組み立てに参加する事ができる。

f:id:football-analyst:20200703221723p:plain
このようにラカゼットが中央に降りることで四角のエリアで数的優位を作り出すことができる。これができるのは、IHがそれぞれジャカとセバージョスを捕まえるポジションを取るから。さらにDMFがラカゼットを捕まえるポジションを取れないのはDMFの脇に絞ったネルソンとオーバメヤンがいるから。だから中央のエリアで数的優位を作り出す事ができる。

f:id:football-analyst:20200703222316p:plain

それでも中央を締めるノリッジ。だから幅を作ったCBにパスを送る。そうすると高い位置を取るWBを捕まえていたSHがプレスを行う。だがCBまでの距離が遠いので、ムスタフィは余裕を持ってボールを保持できる。そしてCHのジャカが流れることで中央のパスコースを開ける。

f:id:football-analyst:20200703222702p:plain

ジャカが中央へのパスコースを作ったので、このようにラカゼットまたはネルソンへのパスを選択できる。ここにボールが入ると一気にスピードを上げて攻撃を仕掛けることでノリッジを押し込むことに成功した。

 

このようにCBが開くことでWBに高い位置を取らせ、STとCFの自由度を上げて攻撃を組み立てる。3バックを採用した試合は主にこのような方法でビルドアップを行っている。

またWBが高い位置で幅を作り出しているので、このようなロングパスで一気に前進することも可能になる。

f:id:football-analyst:20200703224204p:plain

まずこのロングパスを打てる条件から。その条件が中に入るオーバメヤンに釣られてSBが中に入ることが絶対条件になる。

f:id:football-analyst:20200703225009p:plain

さらにCBのコラシナツが斜めに入り、SHをピン留めする位置を取り、中央は数的同数の状況を作り出す。これら3つがロングパスを打つ為の条件だ。

f:id:football-analyst:20200703225228p:plain

そして高い位置で幅を作っているWBへロングパス。これができるD・ルイスの存在はやはり大きい。このパスにより、一気にノリッジの中盤をひっくり返すことができ、攻撃のスピードを上がれる。実際にジャカの得点はこのような形で生まれていた。まさに狙った通りの、綺麗なゴールだった。

 

まとめ

怪我人が相変わらず多くいるアーセナル。だから3バックで戦うことが多くなっているが、それでも先ほど少し触れた、サウサンプトン戦、シェフィールド・ユナイテッド戦、そしてこのノリッジ・シティ戦で見せたCBが幅を作り、WBがほぼWG化するビルドアップ。この戦い方で3連勝を飾っている。これは偶然ではなく、アルテタ監督の現段階の最適解を見つけ出したのではないだろうか。そうとは言っても、いわゆる「格下」との戦いに勝利を重ねているに過ぎない。果たして「格上」と位置付けされるチームに対してはこの方法は通用するのか。少なくともFAカップでマンチェスター・シティとの一戦が待っている。この大一番までにどれほどの勝利を重ね、自信を得ることができるのか。これから残りの試合、そしてFAカップでの戦いにも注目していきたい。

 

[追記]

YouTubeでも様々な試合の解説やレビューを行っているのでチャンネル登録してもらえると幸いだ。

www.youtube.com

 

またオンラインサロンも行っているのでこちらの参加もご検討願いたい。

 

www.soccer-bunseki.com

 

終わりに

最後までお付き合い頂きありがとうございます。この場を借りまして、SNSなどの紹介をさせて頂きます。

 

  • [オンラインサロン] Football Mateについて

FacebookのグループでFootball  Mateというものを作りました。

詳細は下記のリンクからご覧下さい!

2020 / 9 / 1 まで無料でやっています!ご参加お待ちしています!

 

www.soccer-bunseki.com

 

気になる方、詳細を知りたい方、参加ご希望の方は下のLINEまたはGmailでご連絡下さい!

f:id:football-analyst:20200621211456j:plain

 

Gmail ⇨ football.bunseki@gmail.com

  • 会社のホームページ

football-base.com

 サッカーが気軽に語れ、そしてサッカーを好きになってもらえる、より知ってもらえる会社です。ブログやYouTubeの更新、イベントのお知らせなど、随時更新しているので、ぜひブックマークをよろしくお願いします!

 

  • Twitter

https://twitter.com/soccer_bunseki

 

f:id:football-analyst:20200702110919p:plain

  試合で気付いたことなど、サッカーのことを中心に呟いています。

ブログやユーチューブの更新を行っています。

気になる方はフォローをよろしくお願いします! 

  • YouTube

www.youtube.com

 

こちらでもレビューを行なっています!チャンネル登録のほど宜しくお願いします! 

 

  • Instagram

www.instagram.com

 ストーリーでよりプライベートなことをアップしています。

ここでもブログ、YouTubeの更新のお知らせをさせていただいています。

こちらのフォローもお願いします!

 

  • 最後までご朗読ありがとうございました

最後までご朗読、ありがとうございました。

皆さんに分かりやすく伝えていけるように精進して行きますので、これからもよろしくお願いします!

 

プレミアリーグ マンチェスター・シティ×リバプール 〜十八番を奪ったシティ。意地の勝利の理由〜

 

はじめに

悲願の初優勝を決めたリバプール。彼らが乗り込んだのは昨季王者のマンチェスター・シティの要塞だ。マン・シティはチェルシーに敗れてしまい、花道を「ホーム」で作る事となってしまった。これほど悔しい事はないだろう。だからと言っては違うかもしれないが、この試合にかけるシティの選手には『意地』があったのかもしれない。だからイーブンな試合内容でも4発完勝の結果を残す事ができたのではないだろうか。そしてその戦い方は自分たちの良さを残しつつ、リバプールの十八番を潰し、そして奪う戦い方に酷似していた。ではこの試合で勝利し、プライドを保つ為に行ったマンチェスター・シティの戦い方について解説していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200703105759p:plain

 

シティがプレスを剥がせた理由

まず触れるべきはマン・シティの配置だ。普段の4-3-3ではなく、4-2-3-1でまたは4-3-3の中盤が三角形の形で試合に入る。これには大きな意図があり、そしてこれがリバプールの強靭なプレッシングを剥がすタネとなった。

f:id:football-analyst:20200703110303p:plain

リバプールのプレッシングは普段通り、WGが外を切る事でCBの選択肢を狭めていき、中央へ差し込む縦パスを狙う、またはパスミスを誘う、はたまた中央で受けたCHのミスを誘ってショートカウンターを打つ狙いがある。この試合も他の試合と戦い方は変わらなかった。いや、変える必要がなかった。リバプールはペップ・シティに対しての相性がかなり良いのだから。

一方のグアルディオラ監督はしっかりと準備してきて、リバプールの「普段通り」の強靭なプレッシングを回避していく。

f:id:football-analyst:20200703110852p:plain

まず行った事がCFに対してCH2枚で数的優位を作る事だ。シティと戦うチームはCFがDMFロドリを消す事で中央を経由させないように守備を行う。これはリバプールも同じで、ロドリに対してフィルミーノが牽制する事でシティIHへのパスを奪うという方法をこれまで取ってきた。そして厄介なのがフィルミーノの守備時の立ち位置がかなり巧い事だ。だからその立ち位置を曖昧にする為に2CHの布陣で入り、数的優位を作り出した。

f:id:football-analyst:20200703111450p:plain

だからリバプールはCHのところで数的同数を作り出す為にDMFのファビーニョが前に出てプレスを行う事が多かった。このDMFを釣り出す事こそがシティの狙いだった。

f:id:football-analyst:20200703111747p:plain

そしてリバプールのWGの頭上を越す事でSBへパスを届ける。その方法はGKからのパス、またはリスクを取ってロドリかギュンドアンに当ててSBへ届ける方法。この中央経由のパスを何度か見せた事により、IHヘンダーソンを中央に留まらせた。さらにWGのスターリングがSBをピン留めしているので、SBのメンディは時間を持ってボールを持つ事ができる。

f:id:football-analyst:20200703112235p:plain

そして中央に留まったIHヘンダーソンが若干、遅れてプレスに行く事でライン間に広大なスペースができる。IHが外に向かってプレスに行く場合は本来ならばここにDMFのファビーニョが残っているが、CHを捕まえに行ったのでスペースを埋める事ができていない。だからここでOMFのデブライネがボールを受ける事が多くなっていた。そしてこの形を作る為にデブライネをOMFに据え、ギュンドアンとロドリの2CHにしたのだろう。

f:id:football-analyst:20200703112705p:plain

そしてデブライネを潰す為にCBが前に出たのならばCFのジェズスへの斜めのスルーパス、CBが出てこないのならばデブライネがボールを受ける事で一気に攻撃のスピードを上げていた。

 

  • リバプールの対応シティの適応

もちろんリバプールも守備の対応を行う。

f:id:football-analyst:20200703113003p:plain

このようにIHがCHを捕まえるパターンだ。これで中盤の底にファビーニョが残り、場所を埋める事ができる。だがこの状況を作られるとシティはこのように対応する。

f:id:football-analyst:20200703113254p:plain

このようにCHのギュンドアン(ときにロドリ)がCBの間に降りる事でSBを押し上げる。さらにSBが押し上げられたのでWGが中に入りIHロール。そしてOMFのデブライネが降りる事でCHの役割を果たす。ではこれの何が良かったのか。

f:id:football-analyst:20200703113520p:plain

まず同じようにフィルミーノに対して数的優位を作り出す事ができる。この試合の肝は確実にここにあった。そしてこうした事で同様に数的同数を作りだそうとするリバプール。

f:id:football-analyst:20200703113715p:plain

これで数的同数を作られてしまうが、これこそがここでの狙い。

f:id:football-analyst:20200703113920p:plain

中央にIHを誘き出したので、高い位置を取っているSBがフリーになる。ここでGKエデルソンの存在が大きく、ここに良質なパスを送れるので、リバプールIHの外へのプレスが遅れる。さらに中央に寄せられているので距離も遠い。だからSBで時間ができるわけだ。

f:id:football-analyst:20200703114334p:plain

そしてここでボールを受けたSB。この展開も頭に入れていたのでグアルディオラ監督はここまで先発が続いていた、サイドでのプレーを得意とするマフレズではなく、フォーデンを右に置いたのだろう。彼なら中いに入った時にポジション取りで優位に立つ事ができる。だからSBロバートソンはウォーカーにプレスに行くのかステイするのか、判断が難しい状況に陥る事になった。

これは左でも同様で中央でプレーする事ができるスターリングがIHの背後、DMFの脇にポジションを取ることでSBからの縦パスを引き出す事ができた。

このようにしてマンチェスター・シティはリバプールのプレッシングを掻い潜っていった。

これが4-3-3ではなく、4-2-3-1でこの試合に臨んだ理由で、かなりこのプランは嵌っていた。

ロングパスを「蹴らせる」シティの守備

さらにシティは守備でも優位に立つ。リバプールの最大の強み、『背後へのロング / ミドルパス』を敢えて「蹴らせる」事でリスクは高いが優位に立った。

これこそがシティがカウンターを打てた大きな理由だ。ではどのように背後へのボールを蹴らせていたのか。

f:id:football-analyst:20200703120046p:plain

まずこれが守備時の基本配置。OMFデブライネが1列前に出て4-4-2の形を取る。これは中断前と同様のプレッシングの掛け方だ。だがこの試合はハイプレスを仕掛けず、少し引き込む事が多いように感じた。

f:id:football-analyst:20200703120326p:plain

上の図の黒線の辺りまで引き込む事がこの試合の守備の1つの決まりとしてあったように見えた。

f:id:football-analyst:20200703120614p:plain

さらに2トップで中央を消す事でボールを外回りにさせる。もちろんこの時にリバプールIHが2トップの脇に降りてくる事があったのだが、ここは近くのCFが牽制を行う事でIHへのパスコースを消していた。

f:id:football-analyst:20200703120934p:plain

そしてシティはSBにパスを出させると、WGがプレスを行う。この時にCFのフィルミーノが組み立てに参加する事でリバプールは背後へのパスを出す準備を行う。シティは能動的にこの状況を作り出していたので、背後へのパスの準備と予測ができている状態で対応を行う。

f:id:football-analyst:20200703121212p:plain

背後へのボールへの準備ができているシティはGKエデルソンが前に出てきて処理を行う。もちろん、ピンチになる事もあったがこの守備を行う事でシティはリバプールの「間延び」を狙った。

f:id:football-analyst:20200703121821p:plain

そしてエデルソン(または処理を行うバックライン陣)は中央辺りにボールを送る事で意図的にスクランブルを作り出す。ここでスクランブルを作り、ボールを回収してカウンターを打つ為に「間延び」させる必要があった。だからバックラインから背後へのボールを「蹴らせる」事をさせた。

f:id:football-analyst:20200703122105p:plain

そして間延びさせているので、シティがボールを拾える確率が高くなる。(もちろん全て拾えるわけではないが)この時にデブライネが逆のサイドに流れている事で広い方への展開も可能になる。さらにバックラインに人数も少ないので、数的優位でカウンターを打つ事ができる。

 

このようにしてシティは「リバプールの土俵」に敢えて乗り込み、 2nd回収⇨カウンターでゲームを優位に進めていった。だからシティの守備はハイプレスではなく、いつもよりある程度引き込む守備を採用したのだろう。

 

(*リバプールの敗戦の理由はYouTubeで後日、解説します。気になる方はチャンネル登録してお待ち下さい。お楽しみに!)

まとめ

ここまで圧倒的な強さを誇り、リーグ優勝を果たしたリバプール。そのリバプールが4失点も喫すると誰が予想できただろうか。だがその理由を辿ってみると、グアルディオラ監督がこの試合の為に準備してきたものがバックボーンにあり、そして選手は高いモチベーションと意地でそれをほぼ完璧に実行。だから入りはイーブンに見えたこの試合は、時間が経つにつれてマン・シティが主導権を握っていった。リバプールの十八番を奪うようなゲームプラン。グアルディオラ監督はさぞかし痛快だっただろう。もしも時間が許すのならば、このビッグマッチを見直してみて欲しい。

後日、『リバプール敗戦の理由』をYouTubeで解説するので、こちらもご覧になってもらえると幸いだ。チャンネル登録をして楽しみに待っていてもらいたい。

 

終わりに

最後までお付き合い頂きありがとうございます。この場を借りまして、SNSなどの紹介をさせて頂きます。

 

  • [オンラインサロン] Football Mateについて

FacebookのグループでFootball  Mateというものを作りました。

詳細は下記のリンクからご覧下さい!

2020 / 9 / 1 まで無料でやっています!ご参加お待ちしています!

 

www.soccer-bunseki.com

 

気になる方、詳細を知りたい方、参加ご希望の方は下のLINEまたはGmailでご連絡下さい!

f:id:football-analyst:20200621211456j:plain

 

Gmail ⇨ football.bunseki@gmail.com

  • 会社のホームページ

football-base.com

 サッカーが気軽に語れ、そしてサッカーを好きになってもらえる、より知ってもらえる会社です。ブログやYouTubeの更新、イベントのお知らせなど、随時更新しているので、ぜひブックマークをよろしくお願いします!

 

  • Twitter

https://twitter.com/soccer_bunseki

 

f:id:football-analyst:20200702110919p:plain

  試合で気付いたことなど、サッカーのことを中心に呟いています。

ブログやユーチューブの更新を行っています。

気になる方はフォローをよろしくお願いします! 

  • YouTube

www.youtube.com

 

こちらでもレビューを行なっています!チャンネル登録のほど宜しくお願いします! 

 

  • Instagram

www.instagram.com

 ストーリーでよりプライベートなことをアップしています。

ここでもブログ、YouTubeの更新のお知らせをさせていただいています。

こちらのフォローもお願いします!

 

  • 最後までご朗読ありがとうございました

最後までご朗読、ありがとうございました。

皆さんに分かりやすく伝えていけるように精進して行きますので、これからもよろしくお願いします!

 

LaLiga バルセロナ×アトレティコ・マドリード 〜矛を持ったアトレティコ。シメオネが授けた戦い方〜

 

はじめに

リーガ制覇を狙うためにもはや引き分けすら許されない状況に陥ったバルセロナ。レアル・マドリーの調子を考えたらこの試合は何がなんでも勝利が必須だった。そんなバルセロナに相対したのがレアル・マドリーのライバル、アトレティコ・マドリードだ。彼らは『チョロ』シメオネの下、強靭で規律のある守備を展開。シーズン当初は苦しんだが、なんだかんだで3位まで浮上。そしてここでバルセロナを叩く事ができればCL出場へまた一歩近づける。カンプノウで勝てないシメオネ監督はこの試合も「アトレティコらしく」叩き抜く事で勝ち点3は得られなかったが、「鬼門」カンプノウで勝ち点1を持ち帰る事にで成功した。では今回はどのようにしてバルセロナのホームでアトレティコは勝ち点を持ち帰ったのか。攻守ともに整理されていたアトレティコの戦い方について解説していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200702085826p:plain

 

カウンターを打つための守備

アトレティコの十八番、いや最早、伝統でも言うべきか。この試合も他の試合と変わらず、守備から試合に入る。ではどのように守備を行っていたのか。

f:id:football-analyst:20200702090539p:plain

まずは2トップの役割。バルセロナはIHのラキティッチが降りる事で3バックのようになりSBを押し上げる。そのSBで幅を作るので、相手を広げ、中央に差し込む事を狙う。だがアトレティコはその中央を使わせないように守備を行う。だからまず2トップはDMFを消す立ち位置を取る。

f:id:football-analyst:20200702091100p:plain

そしてボールが中央から外のCB(降りたIH)に動くと、CF1枚が牽制を行う。この時にCHのサウールが1列前に出てDMFを捕まえ、ボールサイドのSHカラスコが絞ってIHを捕まえれるポジションを取りながら中央を埋める。さらに逆のSHも絞る事で中央の場所を埋める事を強化。

f:id:football-analyst:20200702092040p:plain

このような守備を行う事でアトレティコはバルセロナに中央を使わせずにボールを外に追いやる事ができる。

f:id:football-analyst:20200702093036p:plain

そしてSBにパスが出た瞬間にSHカラスコがプレスを行い、DMFを捕まえていたCHサウールは縦スライドでIHを捕まえる。これで2トップに帰陣する時間を与える。

f:id:football-analyst:20200702093944p:plain

そして帰陣する時間を稼いだら、このような守備ブロックを形成する。ボックス幅で守備を行い、中央には必ず3人を配置。バックラインのハーフスペースにはSHのコレアが入り、逆はSBのロディが入る。さらに中央の2トップを消す立ち位置をCHのトーマスとサウールで取り、カラスコ、コスタ、ジョレンテでIHとDMFを牽制できるポジションを取る。ここでももちろん、外を使わせる事でゴールに近寄らせない。

f:id:football-analyst:20200702094705p:plain

そして高い位置同様に外回りにさせると、ここではSBがプレスを行う。初めてここでボールを奪う意識を明確に表現する。だがここでSBがでると空いてしまうのがハーフスペース。ここを埋めるのがCHのサウールの役割で、CHが開けた中央のスペースを埋めるのがSHカラスコの役割だ。このスライドが異常に早く、驚愕の正確さなので、強固な守備を形成する事ができている。

f:id:football-analyst:20200702095659p:plain

さらに抜け出されたとしてもボックス内に4枚を必ず揃えているので、クロスを跳ね返す事は容易だ。だからアトレティコは堅守を誇り、そして失点も少ない。

だがこの試合はたった2つの中盤のスライドの遅れと、CBのカバーの遅れで2失点(CKからのオウンゴールに繋がるものとPKを与えてしまったもの)を喫してしまった。やはりバルセロナはミスを見逃してくれないという事を再認識できるゲームでもあった。

 

矛を持ち得たアトレティコ

「何も通さない盾」を持っているアトレティコ・マドリード。それに加えてこの試合(他の試合を見れていないのでなんとも言えないが…)は「何でも貫く矛」とはいかないものの、その右手には矛を持っていた。それがカウンターだ。このカウンターに加わる選手、カラスコ、コケ、ジョレンテ、コスタ(状況に応じて両SB)だ。彼らのカウンターは正に矛と表現しても良いものだった。ではどのようにカウンターを完結させていたのか。

f:id:football-analyst:20200702102112p:plain

まずこのように守備をセットした理由。それがバルセロナSBを高い位置まで押し上げる事にあった。元々セティエン監督がバルセロナの監督に着任してからは両SBがかなり高い位置にポジションを取る事が多くなっていた。そしてこの試合も同様で、さらにアトレティコが自陣深くでブロックを引くのでバルセロナSBは迷わず上がっていた。これがアトレティコの狙いだ。

f:id:football-analyst:20200702102520p:plain

このように仮にSBのところでボールを奪えるとその背後に広大なスペースが生まれる。

f:id:football-analyst:20200702103700p:plain

もちろんここに抜け出すのがSHのカラスコ。先制点のPK獲得のシーンはこのような

場面から生まれた。カラスコは生粋のボールプレーヤーで独特とスピードで推進力を発揮する。だからバルセロナCBを釣り出し、さらにサイドで1vs1(1vs2)の状況を作り出せたのなら「質的優位」に立つ事が可能だ。さらにCBを釣り出したことで中央でも数的同数を作り出すことができる。

f:id:football-analyst:20200702104214p:plain

このようにCBを釣り出したことの恩恵を大きく受けることができるのだ。だからアトレティコはこの試合、カウンターを完結させる回数が多く、スピードを持ってバルセロナのゴール前に迫ることができていた。さらにこのようなパターンもある。

f:id:football-analyst:20200702104545p:plain

このように中央でボールを奪った場合。リキ・プッチというライン間プレーヤーの台頭でバルセロナは中央に差し込むパスを打つことが出来ていたが、かなりコンパクトなアトレティコの守備はライン間で前を向かせることを許さなかった。だからプッチのところでボールを奪える事が多くなっていた。そしてここで奪うと次のようにボールを運んでいく。

f:id:football-analyst:20200702104927p:plain

カラスコがSBの背後でボールを受け、CBを釣り出す事に変わりはないが、そこからCFのコスタが抜け出す動きを加える事でDMFを動かし、もう1枚のCF、ジョレンテへパスを送る。このパスこそ、『時間を作るパス』で、SBが攻撃に参加できる時間を稼ぐ事ができるわけだ。(もちろんこのままドリブル突破の場合も多く見受けられた)

f:id:football-analyst:20200702105321p:plain

そしてここでボールをキープできるジョレンテ。元々中盤の選手だからことストレスを感じず、ボールをキープできるのだろう。その作った時間でSHのコレアが背後に抜ける。その時にバルセロナIHはプレスにくるが、CBのラングレは場所を埋めるのか、ボールの出所を潰しに行くのか、この判断に迷う。この一瞬を見逃さず、ジョレンテはボールを運ぶなり、パスを出すなり、選択肢を持つ事ができる。

 

この2つのカウンターの方法でアトレティコは鬼門カンプノウで勝利目前まで迫った。

 

バルセロナの守備とアトレティコのビルドアップ

 

 こちらはYouTubeで解説しているので、ご覧になって頂きたい。

youtu.be

チャンネル登録も忘れずに!

まとめ

このようにしてシメオネ監督はいつも通り守備から試合に入り、自分たちの土俵に持ち込む事で優勝するために勝利が必要なバルセロナを苦しめる事に成功した。場所を埋め、人を消すポジショニングとそのスライドの速さ、ハードワークをする献身性。まさにシメオネ監督のアトレティコの良さが存分に出た良い試合だった。大刷新した今季のアトレティコ。シーズン当初は結果が出ずに苦しみ、もがいていたが、ここにきてかなりの完成度になっている。この調子を維持でき、このスピリットを持ち続ける事ができるのならば、大穴でCL制覇を成し遂げるかもしれない。そのぐらい、完成度が高いと感じる事のできる一戦だった。

 

 

終わりに

最後までお付き合い頂きありがとうございます。この場を借りまして、SNSなどの紹介をさせて頂きます。

 

  • [オンラインサロン] Football Mateについて

FacebookのグループでFootball  Mateというものを作りました。

詳細は下記のリンクからご覧下さい!

2020 / 9 / 1 まで無料でやっています!ご参加お待ちしています!

 

www.soccer-bunseki.com

 

気になる方、詳細を知りたい方、参加ご希望の方は下のLINEまたはGmailでご連絡下さい!

f:id:football-analyst:20200621211456j:plain

 

Gmail ⇨ football.bunseki@gmail.com

  • 会社のホームページ

football-base.com

 サッカーが気軽に語れ、そしてサッカーを好きになってもらえる、より知ってもらえる会社です。ブログやYouTubeの更新、イベントのお知らせなど、随時更新しているので、ぜひブックマークをよろしくお願いします!

 

  • Twitter

https://twitter.com/soccer_bunseki

 

f:id:football-analyst:20200702110919p:plain

  試合で気付いたことなど、サッカーのことを中心に呟いています。

ブログやユーチューブの更新を行っています。

気になる方はフォローをよろしくお願いします! 

  • YouTube

www.youtube.com

 

こちらでもレビューを行なっています!チャンネル登録のほど宜しくお願いします! 

 

  • Instagram

www.instagram.com

 ストーリーでよりプライベートなことをアップしています。

ここでもブログ、YouTubeの更新のお知らせをさせていただいています。

こちらのフォローもお願いします!

 

  • 最後までご朗読ありがとうございました

最後までご朗読、ありがとうございました。

皆さんに分かりやすく伝えていけるように精進して行きますので、これからもよろしくお願いします!

 

 

FAカップ レスター×チェルシー 〜チェルシーは後半に立て直す事ができたのか〜

 

はじめに

FAカップセミファイナル。今シーズンのこの大会は番狂わせが少なく、8強は全てプレミアリーグ所属のチームになった。そしてその中でもこの試合。トップ4に位置する3位レスターと4位チェルシーのビッグマッチ。チェルシーは直近の見事な試合でマンチェスター・シティを叩き、リーグ再開から2連勝を飾り勢いに乗る。一方のレスターはロジャーズ監督のサッカーが浸透してきた結果が現在リーグ3位という結果に繋がっている。昨シーズン後半からの勢いをしっかりと保ってこの試合に臨んだ。この勢いに乗る両チームの勝敗はチェルシーに軍杯が上がる。前半で見つかった課題をしっかりとハーフタイムで修正した事で後半に流れを引き寄せて勝利を掴んだ。では今回は前半に起きたチェルシーの課題とその修正を解説していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200629140956p:plain

 

前半が上手くいかなかった理由

チェルシーの前半は正直なところ、上手く試合を運べていなかった。その理由は『ビルドアップ』にある。余談だが直近の試合でマン・シティに勝つ事ができたのはビルドアップの局面でシティに多くの選択を与え、そして決断させなければいけない状況を作る事ができたから。だがこの試合はそのようにできていなかった。ではなぜそれができなかったのか。

  • レスターの守備

f:id:football-analyst:20200629143116p:plain

まず触れるべきはレスターの守備戦術。これによりチェルシーは特に前半苦しんだ。レスターは基本ハイプレスで、両SHがCBまで出る事、CFがカンテを捕まえる事から守備を始める。この時にSHが「外切り」を行い、中央に誘い込む。

f:id:football-analyst:20200629144240p:plain

その中央に誘い込む時の中盤はこのようになる。IHはもちろんIHを捕まえれるポジションをとりつつ、万が一の時のためにSBへのプレスも準備。DMFはそのカバーエリアを生かしてDMFカンテとIHを見れるポジションを取る。

f:id:football-analyst:20200629144735p:plain

そしてバックラインはボールサイドのバックラインに対してSBが1列前に出る事で捕まえ、そしてしっかりとスライドする事でバックラインのリスク管理を行う。

f:id:football-analyst:20200629145705p:plain

そしてDMFのエンディディが前に出る事でより中央を狭くして赤のエリアでボールを奪う。

f:id:football-analyst:20200629145917p:plain

さらに前に出る事でできるライン間へのミドルパスには対人・空中戦に強い2CBと赤のエリアに落ちる2ndボールの回収を2IHで行う事でシャットアウト。

このようにチェルシーはレスターの中央に誘い込まれる守備により苦しんでいた。

 

  • プレスを呼び込んだギルモア

レスターがこの守備を構えた事でこの試合、IHに入ったギルモアはDMFカンテのヘルプを降りて行う事を試みていた。

f:id:football-analyst:20200629160210p:plain

このようにギルモアがカンテの近くに降りてくる事で数的優位を作り出し、縦パスを引き出そうとしていた。だがこのプレーが奇しくもレスターのプレスの手助けをしてしまう事となってしまった。

f:id:football-analyst:20200629161037p:plain

このようにギルモアにパスが出ると、DMFのエンディディのプレスを呼び込んでしまう。ではなぜここにCBはパスを出すのか。それはCFのヴァーディがカンテを捕まえているから。

だからCBはギルモアにパスを選択。そして先ほども触れたようにギルモアに対してエンディディがプレスを行う。

f:id:football-analyst:20200629162130p:plain

ここで受けたギルモアは前を向けないと同時にDMFエンディディとIHのプラートにプレスをかけられて数的不利を作り出される。そして背後を向いているギルモアの選択肢はSBへの横パス、IHマウントへの横パス、CBへのバックパスになる。

そしてこの試合の前半で多く見られたギルモア⇨マウントへのパスをカットされてピンチになる事が多かった。

 

  • CFエイブラハムの収まり

そしてもう1つ。それがエイブラハムのボールの収まりだ。彼の良さは動いてボールを引き出す、またはキープする事にある。だがこの試合の前半はシティ戦のようにIHが下がった事でできるライン間に2ndボールを回収する前進方法を採用。そしてエイブラハムにミドルパス・ロングパスを送ると対人・空中戦の強いレスター2CBに潰されてしまう。だからチェルシーは上手く前進する事ができなかった。

 

ハーフタイムにでの修正が見えた後半

そして迎えた後半。ハーフタイムで行った修正でチェルシーはレスターの守備を掻い潜りゴールを奪い、ベスト4へ進出を決めた。

ではランパード監督はどのような修正を施したのか。

  • IHが留まる

まずはこれだ。これによりチェルシーのビルドアップが安定し、そしてCFエイブラハムへの縦パスが入るようになった。その理由はここにある。

f:id:football-analyst:20200629184144p:plain

このように確実に支持があったのがIHがDMFの近くに降りない事だ。これをする事で、レスターの前のめりな守備に拍車をかけさせないようにした。さらに以下のようなメリットもある。

f:id:football-analyst:20200629184513p:plain

IHが前半よりも1列前にポジションを取る事でレスターIHをピン留めする。これにより、DMFカンテのプレーエリアが広がる事になる。

そしてこの先の展開、カンテが縦パスを引き取った時の展開が変わってくる。

f:id:football-analyst:20200629184737p:plain

このように縦パスを引き出した時に、SBへの逃げ道ができる。ここでもIHがレスターIHをピン留めしているから。前半はここにIHのギルモアが降りてくる事が多くあったので、IHとSBの距離が近く、すぐにプレスを行われてしまっていた。だが上の図のようにIHがピン留めを行うことでチェルシーはSBで時間を作る事に成功する。

f:id:football-analyst:20200629185413p:plain

仮にこのようにIHがプレスに来れば、SBは中央にボールを送る。この時に前半に空いていなかったライン間に人がいなくなっているので簡単に前進する事ができ、素早い攻撃を仕掛けることができるようになっていた。この『IHが降りない』というものが1つ目の修正だ。

そしてバークリーとコバチッチにはキープ力と推進力があるので、彼らを投入したのだろう。

 

  • 内⇨外の抜け出し

そして2つ目。それがIH、もしくはWGの内⇨外の抜け出しだ。これを行うためにより連携の取れるアスピリクエタの投入があった。そしてこの抜け出しを繰り返すことでバークリーの決勝点が生まれた。ではどこでどのように抜け出すことで、どのような狙いがあったのか。

f:id:football-analyst:20200629190058p:plain

まずこのようにサイドでトライアングルを作り出すチェルシー。これはシーズンを通して行ってきたことだ。そしてこの試合の後半から明確にIHが多くハーフスペースを取ることが多くなっていた。

f:id:football-analyst:20200629191029p:plain

そうするとレスターSBは幅を作ったWGを見るか、ハーフスペースに位置するIHを見るかの判断に迷うことになる。だからレスターはこの判断を迷わせないためにCBのソユンチュがIHを見れる位置までスライドをする。

f:id:football-analyst:20200629201840p:plain

そしてチェルシーはハーフスペースに入った選手がペナルティエリア深くに抜け出す。この抜け出しがハーフタイムでの2つ目の修正、指示だろう。

 

内⇨外の抜け出しによって得た決勝点

この修正により、狙ったことがCBをスライドさせること。これにより、CBが徐々に外に出るようになっていた。

f:id:football-analyst:20200629202602p:plain

このようにIHがハーフスペースにいない状況でもCBがこのように若干外に出るようになっていた。

f:id:football-analyst:20200629203027p:plain

だからこのように白のエリアにスペースができる。さらにDMFのエンディディが下がれきれずにできる段差があるから、クロスをバックラインとGKの間に入れれる事ができる。このDMFがバックラインに入る作業をさせるためにCBをずらしたと言っても良いかもしれない。

だからこのようにゴールを奪うことができた。

 

まとめ

前半に現れた明確な課題をしっかりとハーフタイムで修正して見せたランパード監督。さらにその指示は的確なもので、見事に采配を的中させて見せた。だから前半と後半の試合内容は全く違ったものになっていたし、後半の方がより躍動感があった。確実に成長を遂げているランパード監督。来季から合流する新戦力とどのような化学反応を見せるのか、ここにきてとても楽しみなチームの1つとなっていることは間違いないだろう。

 

[追記]

この試合で分かったこと。それはギルモアは確実に中盤の底の選手ということだ。景色が変わり、相手が近いので焦っていた感が否めなかった。ここのスペースの作り方が上手くなればより良い選手になるのではなるのではないだろうか。まだまだ若い選手なのでこれからの成長に期待したい。

 

YouTubeもしているのでチャンネル登録もよろしくお願いします!

 

終わりに

最後までお付き合い頂きありがとうございます。この場を借りまして、SNSなどの紹介をさせて頂きます。

 

  • Football Mateについて

FacebookのグループでFootball  Mateというものを作りました。

詳細は下記のリンクからご覧下さい!

2020 / 9 / 1 まで無料でやっています!ご参加お待ちしています!

 

www.soccer-bunseki.com

  

  • 会社のホームページ

football-base.com

 サッカーが気軽に語れ、そしてサッカーを好きになってもらえる、より知ってもらえる会社です。ブログやYouTubeの更新、イベントのお知らせなど、随時更新しているので、ぜひブックマークをよろしくお願いします!

 

  • Twitter

https://twitter.com/soccer_bunseki

 

  試合で気付いたことなど、サッカーのことを中心に呟いています。

ブログやユーチューブの更新を行っています。

気になる方はフォローをよろしくお願いします! 

  • YouTube

www.youtube.com

 

こちらでもレビューを行なっています!チャンネル登録のほど宜しくお願いします! 

 

  • Instagram

www.instagram.com

 ストーリーでよりプライベートなことをアップしています。

ここでもブログ、YouTubeの更新のお知らせをさせていただいています。

こちらのフォローもお願いします!

 

  • 最後までご朗読ありがとうございました

最後までご朗読、ありがとうございました。

皆さんに分かりやすく伝えていけるように精進して行きますので、これからもよろしくお願いします!

では次回の記事でお会いしましょう!

Premier League チェルシー×マンチェスター・シティ 〜強者を叩くための戦い。ランパードのゲームプラン〜

 

 

 

はじめに

今節のビッグマッチ。この試合の結果次第でリバプールのリーグ優勝が決まるという、何かしら「手助け」に縁のあるチェルシー。そんな彼らは、ホームで『強者』であるマンチェスター・シティを叩き、下から迫り来るライバル達に追いつかれないよう、そしてトップ3を目指すために勝利を追い求めた。そしてそのためのゲームプランをランパード監督はしっかりと準備し、そして見事、ホームスタジアムで勝利を手にした。この戦いを見て驚いたフットボールファンは多いのではないだろうか。ではチェルシーがいかにしてマン・シティから勝ち点3を手に入れたのか。今回はランパード監督が準備してきたゲ戦い方について解説していこう。

 

スターティングメンバー

f:id:football-analyst:20200626081827p:plain

 

再開後のマンチェスター・シティの守備

まず中断明けのマンチェスター・シティの守備のやり方が変わってる事から少し触れていきたい。

再開初戦のアーセナル戦、2戦目のバーンリー戦。この2つで大きく変わったのは「WGが外切り」を行う事、そして「アンカーの選手が前に出る事」だ。

f:id:football-analyst:20200626082503p:plain

このようにリーグ再開から守備戦術が変わっていた。そう、今シーズンの王者に輝いたリバプールのプレッシングのように。これはアーセナル戦で垣間見れ、そしてこの前のバーンリー戦ではっきりとなった。

www.soccer-bunseki.com

 ちなみにこれがアーセナル戦のマッチレビューなので、気になる方は覗いて見て欲しい。そして時間が許すのならば、前節のバーンリー戦も見返して見て欲しい。

 

この守備戦術の変更にはきっとこのような意図がある。

f:id:football-analyst:20200626083305p:plain

 再開前の試合だと、IHが1枚前に出る事で4-4-2の形を取る事が多かった。そうするとDMFの脇のスペース、またはライン間にスペースができるので、ここを使われると対応が難しくなる。だからDMFが前に出る事でそこにスペースを端から作らせない。

f:id:football-analyst:20200626083601p:plain

このように中盤3枚が横並び、もしくは三角形になる事でスペースを埋める。このような意図があり、そして中央でボールを奪えれば一気にショートカウンターで仕留めれるというメリットを考え、守備戦術を変更したのではないだろうか。

 

そしてランパード監督はマン・シティの守備戦術の変更を受けて、前進方法をしっかりと練ってきていた。ではこの方法を解説していこう。

 

チェルシーの前進方法

前回対戦でもしっかりとパスを繋ぐ事で前進を試みていたが、その時には「危うさ」がまだあった。もちろん、この試合も「危うさ」が全くなかった訳ではないが、それでも前回対戦よりもかなり「安定感」があった。

f:id:football-analyst:20200626084647p:plain

まずCBがボールを持つ場面から。このようにCBがボールを持つとシティの選手は上の図のような位置をとる。WGがSBを消しながらCBにプレスを行い、CFが気持ち背後でDMFを消す立ち位置、中盤3枚はフラットな形を取る。こうなった時にチェルシーは自陣深くで「幅」を使う。

f:id:football-analyst:20200626085016p:plain

このように逆のCBは自陣深くまで下がる事でスペースと時間を確保する。このちょっとしたプレーがマンチェスター・シティの守備に風穴を開けていく。

f:id:football-analyst:20200626085241p:plain

この深い位置でCBがボールを受けた事でWGがプレスを行う距離が遠くなる。仮にこれが下がってなかったのならば、距離が近いのでWGは迷いなくプレスを行う事ができる。

f:id:football-analyst:20200626085401p:plain

だからWGが迷っている間にチェルシーは前進するための次の準備を行う事ができた。

f:id:football-analyst:20200626093102p:plain
その準備はこちら。DMFが顔を出してボールをもらう動きを加える。さらにIHが前にポジションを移し、WGが外に流れる。CFもボールサイドに流れ、逆のWGが中央に入る。もちろんSBもパスコースを作り出す。そしてCBが持ち上がる事でシティWGの判断を、CBにプレスにいくのか、SBを消すのか、というもので迷わす。

f:id:football-analyst:20200626093302p:plain

そしてここでWGが外を切りながらプレスに来るようであれば、中央経由、またはGKからWGの頭上を越してSBをフリーにする。

f:id:football-analyst:20200626093911p:plain

そしてここから一気にスピードを上げることでカウンター気味の攻撃を完結させる。これができるのも、このようにボールサイドに人を集めることができているから。このボールサイドに人を集め、逆のSBをアイソレイトする戦い方は継続して行ってきたものだ。(この試合ではSBはあまり上がらなかった)

 

さらにシティWGがSBを消すポジションをとった場合の前進方法もしっかりとあった。

f:id:football-analyst:20200626094507p:plain

明確にSBを消すポジションを取られた場合は中央の縦パスのコースが大きく開く。

f:id:football-analyst:20200626094831p:plain

そしてこの開いたパスコースをしっかりと使うことで前進を図る。

 

もちろんこれらの前進の決まりとして、「場所を埋められていたら無理に縦パスを打ち込まない」という決まりがあったように映った。だからバックラインでボールを回すことが多く、左右にマン・シティの選手を揺さぶることができた。さらにそれでもスペースはできない場合はこのように前進する。

f:id:football-analyst:20200626100026p:plain

このようにCBとGK(SBとDMFも含むこともあり)でパスを回しながら、基本はスペースを探す。だがここでどうしてもシティの守備をずらすことができなかった場合に、CFへのミドルパスを選択。CFのジルーはボールの収まり(正確にいうとキープではなく、少ないタッチではたくポストプレー)が良いので、走力のあるWGが抜け出してカウンターを仕掛ける。

このような前進方法もあった。

これらの前進方法で試合を進めることで、シティの守備に徐々に風穴を開けていった。そしてこの方法はかなり有効的なもので、ミスからではあったが先制点を奪うことに成功した。

 

  • シティの守備の修正とチェルシーの対応

前半のチェルシーの戦いに苦戦したシティ。もちろん後半から修正を加えることで打開を図り、守備から試合の流れを引き寄せていく。そしてこの守備の修正が嵌り、得たFKでデブライネがスーパーゴールを決めて同点に追いつく。ではどのように修正を行ったのか。

f:id:football-analyst:20200626102038p:plain

それはこのようにCBに対してプレスにいく選手の変更だ。前半はCBに対してWGが外切りをしてプレスを行っていたが、後半に入り、CFがプレスを行うようになる。これでWGがSBを消す立ち位置を迷わずに取れるようになった。この「より人を捕まえる」守備の変更により、チェルシーは押し込まれるようになり、失点を喫した。


だが給水タイムが設けられていることにより、ランパード監督は選手に指示を送りこの守備も打開していく。

f:id:football-analyst:20200626103704p:plain

この修正がこちら。シティもよく行う、IHが降りることでDMFを助けるというものだ。上の図のようにIHがスッと降りることで一瞬だが数的優位を作り出すことができる。

ここでIHがボールを受けることができれば、シティの1stプレッシングを躱すことができる。またシティIHが出てくるのならば、その背後を使うことで2ndラインをひっくり返せる。

f:id:football-analyst:20200626104017p:plain

このように給水タイムを使ってランパード監督はシティIHを迷わせるように指示を送る。だがここでもすぐに対応を行うシティ。

f:id:football-analyst:20200626104230p:plain

このようにIHが前に出て、CBがCFを潰しにかかる。これでもう一度、守備から流れを掴もうとした。だがすぐさまランパード監督も手を打つことでこの守備も無力化させようとする。

それがCFジルーに代えてエイブラハムの投入だ。

この交代により、チェルシーの前線3枚は全員が背後を取れる、スピードのある選手になる。これでマン・シティのバックラインは「前に出る守備」を継続して行うことが難しくなる。現にエイブラハムが投入されてからのチェルシーは背後に抜け出す機会が多くなり、現にPK獲得のシーン、さらにはその前のプレーでもビッグチャンスを得ている。

 

このように前半の戦い方をベースにしっかりと1つずつ対応していったランパード監督。シーズン当初よりも戦い方の落とし込みと修正の的確さはかなり増したのではないだろうか。

 

シティ対策の守備

ゴールを奪う。これも勝利をするために必須条件だが、もう1つ必要なのが守備だ。そしてシティと戦う他のチームと同様に、チェルシーも守備から試合に入った。

f:id:football-analyst:20200626111424p:plain

チェルシーは高い位置からプレスはかけずに、構えて守備を行う。その時の並びは4-1-4-1だった。

f:id:football-analyst:20200626111527p:plain

まず大きな土台としてあったのが、パスを外回りにさせること。これは教科書通りのシティ対策だ。だからCFがDMFを捕まえることで中央を経由させない。

f:id:football-analyst:20200626111758p:plain

さらにDMFのカンテは前に出ていくことがなく、最終ライン手前にポジションを取る。この試合のシティはメンバーから予想できたように、案の定、0トップシステムを採用した。これはCB、またはDMFを釣り出して段差を作ること、ライン間にスペースを作ることを意図していた。だが、チェルシーはCFに入ったベルナルドシウバには着いて行かないことを選択。

f:id:football-analyst:20200626112102p:plain

だからこのように中盤で数的不利になることが多かったが、それでも中央をかなり狭くしているのでシティのパスを外回りにさせることができる。

f:id:football-analyst:20200626112357p:plain

そしてブロックの外でパスを回すので、WGのあたりまでは簡単に前進できるシティ。守備を行っているチェルシーはここまで引き込むことでボールを奪い、カウンターを仕掛けることでゴールに迫る狙いがあった。WGにボールが入るとSBが迷わずプレスを行う。

f:id:football-analyst:20200626112616p:plain

この時SBがプレスに出ると、シティはIHがハーフスペースへ抜け出すことでペナルティエリアの奥深くを取ることでチャンスを作っていく。ここのズレを狙うことに長けているシティだったが、チェルシーはこの「シティの強み」を消すことが試合を通してできていた。

f:id:football-analyst:20200626112852p:plain

その方法がこれだ。SBがWGへプレスに出ると、CBがスライドを行いハーフスペースを埋める。これができるのも、中央に守備のエキスパート、カンテがいるから。彼がCBが開けた中央のスペースを埋めることでそのスペースを補完する。これで前のパスコースを潰したチェルシーはボールホルダーにバックパスを選択させる、または迷っている間にボールを回収する。この戦い方が面白いほど嵌っていた。

さらにこの守備が面白いほど嵌ったもう1つの大きな要因がある。それがシティの0トップシステムだ。

f:id:football-analyst:20200626113457p:plain

仮にこの試合でストライカーがいたのならば、CBの判断は一気に難しくなっただろう。それは中央にストライカーがいることで、カバーに出るCBはそのストライカーのマークを捨てて場所を埋めに行くことになる。このゴール前を開ける一瞬でストライカーはゴールを奪うことができる。いわゆるCBは中央にストライカーがいると『ピン留めされる』ということだ。

だがこの試合のシティは0トップシステム。

f:id:football-analyst:20200626113830p:plain

このようにこの試合は中央にストライカーがいなかったため、CBは中央でピン留めされることなく、迷いなくカバーポジションへ行ける。だからランパード監督が用意した守備戦術が面白いように嵌っていた。

 

まとめ

ランパード監督が準備したこのゲームプランはしっかりとスタッツにも現れている。ボールをブロックの外で持たせたので、チェルシーは35%のポゼッション、シティは65%のポゼッションだったが、シュート本数はチェルシーが15本、枠内10本、一方のシティは11本で枠内が2本だった。このスタッツだけ見てもブロックの外でボールを回させ、そして中に入らせなかったことが簡単にわかる。さらにランパード監督の的確な指示と交代策により、シティを後手に回し、空回りさせることに成功した。

果たしてどこまでこの試合展開を読んでいたかはわからないが、この試合に対する準備と始まってからのアプローチはかなり良いものだった。

シーズン当初よりも確実にその手腕がレベルアップしているランパード監督。このまま勝利を重ね続け、『名将』入りを果たすことができるのか。その資質をはっきりと確認できる、良い試合だった。皆さんもランパード監督のプランを考えながらもう一度、見直して見てはどうだろうか?後日、より詳しいものをYouTubeで更新するので、チャンネル登録して待っててもらいたい。

 

[追記]

リバプール、優勝おめでとう!!!!!!!!!!!

 

終わりに

最後までお付き合い頂きありがとうございます。この場を借りまして、SNSなどの紹介をさせて頂きます。

 

  • Football Mateについて

FacebookのグループでFootball  Mateというものを作りました。

詳細は下記のリンクからご覧下さい!

2020 / 9 / 1 まで無料でやっています!ご参加お待ちしています!

 

www.soccer-bunseki.com

  

  • 会社のホームページ

football-base.com

 サッカーが気軽に語れ、そしてサッカーを好きになってもらえる、より知ってもらえる会社です。ブログやYouTubeの更新、イベントのお知らせなど、随時更新しているので、ぜひブックマークをよろしくお願いします!

 

  • Twitter

twitter.com

 試合で気付いたことなど、サッカーのことを中心に呟いています。

ブログやユーチューブの更新を行っています。

気になる方はフォローをよろしくお願いします! 

  • YouTube

www.youtube.com

 

こちらでもレビューを行なっています!チャンネル登録のほど宜しくお願いします! 

 

  • Instagram

www.instagram.com

 ストーリーでよりプライベートなことをアップしています。

ここでもブログ、YouTubeの更新のお知らせをさせていただいています。

こちらのフォローもお願いします!

 

  • 最後までご朗読ありがとうございました

最後までご朗読、ありがとうございました。

皆さんに分かりやすく伝えていけるように精進して行きますので、これからもよろしくお願いします!

では次回の記事でお会いしましょう!