サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

Jリーグ セレッソ大阪 vs 鹿島アントラーズ 〜セレッソ大阪の工夫〜

 

 

はじめに

常勝軍団は難敵セレッソ大阪を敵地で破り、とうとう首位に浮上した。まさにこの試合も鹿島アントラーズらしい勝ち方でリーグタイトル獲得に歩みを進めた。そしてホームで敗れてしまったセレッソ大阪。だが内容は悲観するものではなく、強敵相手を追い詰めていた。その強敵の鹿島アントラーズ相手に施した「工夫」を今回は紹介していこう。

セレッソ大阪の工夫

左右非対称のビルドアップ

まず紹介したいのは左右のビルドアップの方法。この方法が右と左で違うものとなっていた。

左のビルドアップ

(白⇨鹿島 黒⇨セレッソ

f:id:football-analyst:20191013232135j:plain

これが左サイドの基本的なビルドアップ。逆のSBがDFラインに入る事で3バックの形になる事でSBが幅をとることができる。 これをする事でSHがHSに入り込む。これで鹿島アントラーズのDMFはセレッソのDMFとSHを見なければならない状況に陥る。さらにSHがハーフスペースにポジションをとっているのでアントラーズのSHはSBとSHを見なければいけない。だから黒の四角のエリアで3vs2を作り出すことができる。この数的優位を作り出せていた事でセレッソは難なくボールを運べていた印象を受けた。この対処法として鹿島のSBがセレッソSBを見れば良いのだが、ここでSBが出てしまうとCFがそのスペースをつくのでSBは安易に出ることができない状況だった。これが左サイドのビルドアップ。

右のビルドアップ

では右サイドを経由する場合はどのようなものになっていたのか。それを今から紹介しよう。

f:id:football-analyst:20191014222238j:plain
このように右サイドではSHが幅をとることが多くなっていた。そしてそのためにDMF(特に5番)がDFラインに入り、そしてSBが内側に入り込む。そうする事でSBが鹿島のSHを引きつけ、DMFが鹿島のDMFを引きつける。そうする事でSHがフリーでボールを受ける、またはボールを受ける事で鹿島SBをおびき出すことに成功していた。これが右のビルドアップの方法。

攻撃の工夫

では先ほど解説したビルドアップからどのように攻め込んでいたのか。

f:id:football-analyst:20191014223823j:plain

まず、鹿島のSBを釣り出せた場合。これはシンプルにCF(主に20番)が抜け出すことで、CBとの1v1に持ち込むことで攻撃を仕掛ける。この攻撃はシンプルだが鹿島アントラーズを苦しめた。ではSBが出てこない場合はどのようなものだったのか。

f:id:football-analyst:20191014224904j:plain

SBを釣り出せない場合はアーリークロスを上げることで攻め込んでいく。ではこれのメリットはどのようなものだったのか。それがこの5つ。

  1. とてつもなくコンパクトな鹿島のラインを下げさせる
  2. DFをひっくり返すことができる
  3. カウンターを受けるリウ区が減る
  4. SH水沼のクロスの精度を生かすことができる
  5. SH柿谷の動きを生かすことができる

これらのメリットがあったので、左と右のビルドアップが非対称になっていた理由だ。そしてセレッソがまず狙ったのは『SBを釣り出す』こと。さらにもう一つ狙ったのは『DMFを釣り出す』こと。これが主に左サイドで行われていた。

f:id:football-analyst:20191014232544j:plain

これがその方法。SHが中に入っているので、ここに縦パスを入れるとDMFを中央から引っ張り出すことができる。そしてCBはリターンパスをもらい、中央のDMF(主にソウザ)へボールを預ける。DMFのソウザがここから展開をする事で、セレッソ大阪はボールを保持し、アントラーズを苦しめた。

まとめ

このように工夫を施しながら鹿島アントラーズを苦しめたセレッソ大阪。確実に試合を支配していたと言える内容だったのだが、それでもセットプレーからゴールを奪い、勝利をもごとることができるチームこそが鹿島アントラーズ。まさに「らしい」勝ち方だった。セットプレーでゴールを奪えるチームは不思議と強い傾向にある。いつかこのことについても考察をしてみたい。この勝利で首位に浮上したアントラーズ。より白熱する優勝争いと上位争い。果たしてどのような幕切れになるのか。とても楽しみだ。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

ツイッターやインスタなどでの拡散もして頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!バイバイ!

せリエA インテル vs ユベントス 〜勝負を分けた守備戦術 ユベントス編〜

 

 

はじめに

王者が王者たる所以。監督が変わろうとも、メンバーが変わろうとも、しっかり勝ちきるのがユベントス。しかも大事な試合で勝ちきるのがなんとも「らしい」ものだった。サッリ監督もナポリチェルシー時代で好んで使用していた4-3-3を捨て、4-3-1-2という新システムをここ数試合で行なっている。そしてこの大一番で採用した守備戦術がこの試合の勝敗を分けた。では今回はそのユベントスの守備について紹介していこう。

スタメン

f:id:football-analyst:20191007155319j:plain

WhoScored.comより引用

ユベントス守備について

中盤の守備構成

確実にこの試合の勝敗を分けた中盤での守備のせめぎ合い。今回はユベントスに焦点を当てて紹介していこう。それがこのようになっていた。

(白⇨ユーベ 黒⇨インテル

f:id:football-analyst:20191012183947j:plain

インテルの中盤3枚に対し、ユベントスの中盤は4枚。ここで推移的優位を作れるので、インテルDMFに対してOMFが、CHに対してはそれぞれIHがマンマークを実施。マンマークをする事で、中央へのパスを遮断し、インテルの心臓であるDMF77番のブロゾヴィッチに仕事をさせなかった。ここでなかなかリズムを作れないインテルは外回りのボール回しになり苦しんでいた。インテルの中盤3枚に対してマンマークを実施するのがこの試合のユベントスの守備の狙いの一つだった。

外回りにさせる守備

上で解説したように中盤をマンマークで守備することにより、インテルは外回りにボールを回さざるを得ない状況に陥る。これこそがユベントスの2つ目の狙い。ではここからどのようにボールを奪っていったのか。

f:id:football-analyst:20191012190048j:plain

CBに対してCFが逆サイドに展開させないように牽制する。そうする事でWBにパスを出させる。もちろんシステム上、インテルのWBが開く仕組みなのだが、ユベントスのSBがここまで出てくる事でWBで時間を作らせなかった。可変3バックに似た形でSBが出れば後ろは必ず3バックの形になりサイドを圧縮できる形に持っていっていた。さらにIHがCHを背後で消しながらプレスをかける事で数的優位を作り出し、ボールを奪いってショートカウンターを何度か仕掛けていた。特にこの状況を作り出していたのは右サイド。これは走力のあるクアドラードをRSBで起用していたので実行できたことだろう。参考までにこれがクアドラードのヒートマップとユベントスのヒートマップ。

クアドラードのヒートマップ

f:id:football-analyst:20191012192439j:plain

WhoScored.comより引用

ユベントス全体のヒートマップ

f:id:football-analyst:20191012192557j:plain

WhoScored.comより引用

これでユベントスインテルを苦しめることに成功していた。

ユベントスの2つの懸念

上手く守っていたように見えたユベントスだが、インテルは2つの「逃げ道」を見出していた、これがこの試合、ユベントスにとって懸念材料となっていた。ではインテルはどこに「逃げ道」を見出していたのか。

1つ目の逃げ道:WB

「WBで奪うことが狙いなのに逃げ道がWB?」と疑問に思うのが普通だろう。これは詳しく言うと「逆のWB」を逃げ道としていた。現にインテルのヒートマップはWBの位置が濃くなっている。

f:id:football-analyst:20191012192704j:plain

特にインテルの右サイド、ユベントスでいう左サイドが特に濃くなっている。これは先程、解説したようにユベントスは右サイドを圧縮して奪うことが多かったのでこのようなヒートマップになっている。ではどのようにして逆サイドまで展開していたのか。

f:id:football-analyst:20191012193421j:plain

このようにCBがサポートを自陣深い位置で撮ることでCFを引き連れ、GK、またはCBへのパスコースを作り出す。これは逆のCFの位置をみてパスを出す選手を決めるのだが、ほとんど決まってCFの頭上を越すパスでパスを出す。少しリスクは高いがこれで圧縮された状態から逃げ、逆のWBまでボールを届けていた。この形を何度か作られたのでユベントスは攻められる時間帯も少なくなかった。これがインテルの一つ目の逃げ道でユベントスの懸念の一つだ。

2つ目の逃げ道:CF

これが二つ目の逃げ道。ではどのように逃げていたのか。この方法は二つあった。

1つ目の方法

一つ目の方法はシンプルにCFのルカクへ向けての中盤の頭上を越すミドルパス。これがコンテ監督がチェルシー時代、そしてインテルルカクを欲しがった理由。背が高く、体の大きいCFがいることでできる逃げ道。ビルドアップに困った時にこの選択肢があると一気に楽になる。さらにCFルカクが勝負するのはユベントスDMFのピャニッチのところ。ここで勝負するのでほとんどの確率で空中戦に勝つことができ、ボールを収める、良い形でのセカンドボールを作り出すことができていた。

2つ目の方法

二つ目の方法がCHが外へ流れての縦パス。その方法がこちら。

f:id:football-analyst:20191012194820j:plain

ユベントスマンマークを利用してCHが外に流れることでIHを引き連れる。そうする事でCFへのパスコースが一瞬できる。ここでCFはDMFの脇に降りる事でCBの判断を一瞬遅らせ、さらにDMFは視野外からCFが出てくるので対応が少し遅れることになる。これでCFは瞬間的に時間ができていた。この縦パスにもユベントスは苦しんでいた印象だ。

まとめ

二つの懸念がありながらも勝ちきることができるユベントス。まさに試合巧者、まさに王者という貫禄があった。もちろん、サッリ監督が守るのではなく、勝ちに行く采配をとったことも無視することはできない。もしも守りに徹していれば、失点して負けていた可能性は高かっただろう。この攻撃的な交代があったからこそ、ユベントスの勝利で試合は終わった。インテルにも大きな期待がかかるが今シーズン、または来シーズンもユベントスの覇権は続きそうな試合運びだった。それぐらいまだ他のチームとは差があるなと感じたものだった。果たしてユベントスはCLを制覇することはできるのか。そして復帰したブッフォンにそのタイトルを届けることはできるのか。今シーズンもCLはもちろんのこと、セリエAにも注目する事が必要かもしれない。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

ツイッターやインスタなどでの拡散もして頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!バイバイ!

セリエA インテル vs ユベントス 〜勝負を分けた守備戦術 インテル編〜

 

 

はじめに

エル・クラシコナショナルダービーノースロンドンダービーマージーサイドダービーマドリードダービー、デア・クラシカー、そしてイタリアダービー。数ある白熱するダービーの中の一つで、その対戦カードがインテルユベントス。そしてこの試合の観客動員数は驚異の7万5千人超え。この人数をみればいかに注目度の高い試合かがわかる。それもそのはず、インテルはコンテ監督になり、リーグ戦無傷の6連勝、一方のユベントスはサッリ監督を招集し攻撃的サッカーで悲願のCL制覇の準備を整えている。今シーズンのセリエAの様子が違うことはサッカーを少しでも知っている方なら感じているはずだ。そしてこのイタリアダービーの結果はユベントスの勝利。この勝敗を分けたのはイタリアらしく、『守備』の部分だった。では今回はこの勝負の分け目になったインテルの『守備』について紹介していこう。

 

 

インテルの守備戦術

インテルの守備戦術はどのようなものだったのか。早速紹介していこう。

中盤の守備構成

まず解説しなければならないのがこの中盤の守備構成について。それがこのようになっていた。

f:id:football-analyst:20191007160908j:plain

基本的な守備のブロックとしてインテルは5-3-2を採用。そしてユベントスの中盤の構成はダイヤモンド型でそれぞれのIHに対してそれぞれのCHがつくことで牽制、OMFに対してDMFがマークする事が決まり事としてあった。では浮いたユベントスDMFはどうしたか。ここでもインテルDMFがプレスに行く事が決まり事としてあった。ではこうするとどうなるか。

f:id:football-analyst:20191007161559j:plain

ユベントスDMFがフリーでボールを持つと怖いので、そこの時間とスペースを奪うためにインテルDMFがプレッシングを行う。そうすると空くのが中央。そこのスペースをユベントスはまず狙う。インテルはここをカバーするためにCHが絞って対応をする。そして次の選択肢が赤丸のスペース。ここで時間を作れるので、ユベントスはここを中心に攻め込む場面が多い印象を受けた。

SBへの対応

ではインテルはこのSBへの対応をほったらかしにしていたかというとそうではない。きちんとプランを持って挑んでいた。その方法がこちら。

f:id:football-analyst:20191007162632j:plain

 上でも説明したように、CHが中央に絞るためSBがフリーでボールを受けれる事が多かったユベントス。そしてここにインテルはWBをぶつける事で対応していた。このようにする事で、SBを前進させず、なおかつ絞ったCHは内側から外側に守備ができる。これで中央を固めつつ、SBへのプレッシングも行い守っていた。

 

なぜ守備網を破られたのか?

インテルDMFがユベントス DMFへプレスに行き、中央が空くという不安材料があったものの、試合を通してしっかりと守る事ができていたインテル。ではなぜユベントスに2ゴール挙げられてしまったのか。その理由は2つある。それがこれだ。

  1. CBが釣り出される状況に陥った事(DMFへのプレスが遅れる)
  2. 5-3-2⇨5-4-1の守備ブロックに変更した事

この2つが挙げられる。ではこれらに解説を加えていこう。

CBが釣り出される状況

これはどのような状況で怒っていたのか。それがこれだ。

f:id:football-analyst:20191008160321j:plain

インテルDMFのユベントス DMFへのプレスが間に合わず、SBへ展開される状況下。この時にCBが釣り出される事が多かった。もちろん、SBにボールが出るとWBがプレスを行う。するとユベントス CF(特にロナウド)はその背後のスペースに投げれてボールを受ける事でCBを釣り出す事を行なっていた。そうする事で中央にスペースを空ける。インテルDMFのプレスバックが遅れるため、CHはIHかOMFを同時に見ないといけなくなる。そしてCFはサイドでボールを受け、IHのサポートを使うかスペースに入ってくるOMFを使うか、自らカットインしてシュートを狙うの選択肢を持てる。実際にCFロナウドクロスバー直撃のシュートを放たれたのもこのような形からだった。この状況下に持ち込まれるとインテルは後手の守備になってしまい、苦しい状況に陥っていた。

守備ブロックの変更

コンテ監督からすると悔やまれる守備戦術の変更。ゴールを奪うために取った采配が失点を招いてしまった。ではなぜ5-4-1にした事で失点してしまったのか。

f:id:football-analyst:20191008162651j:plain

5-4-1にした事で2れる目の4枚でSB、IH、DMFを見れる状況ができてしまう。そうするとCHがSBにプレスに行ける状況、今までDMFはIHにプレスに行くことはなかったが行ける状況ができてしまう。ここの意識のズレが失点を喫してしまうことになる。SBからIHにパスが出たところでDMFがプレス。そこでDMFはSTにユベントス DMFへプレスに行って欲しかったのだろうがSTはIHを意識。そうすると空いているのは黒丸のスペース。今までならばCHが絞ることで埋めていたが、この状況下に陥ったことで中央が空いてしまった。そしてDMFにも時間ができ、中央に縦パスを通されて失点。変更直後の失点だったのでかなり悔やまれるものだっただろう。

 

まとめ

今回はインテルの守備について触れさせていただいた。ここまで無敗だったインテルユベントスに勢いで勝つかもしれないと期待を寄せていたのだが、やはりユベントスユベントスだった。しっかりと王者らしく、狡猾に勝利をさらっていった。だがインテルはまだコンテ監督が就任して最初のシーズン。そしてまだシーズン始まったばかりだがここまでの完成度を誇っている。これだけでも懇意sーズンのセリエAは少し違うぞという雰囲気を醸し出している。果たして古豪になってしまったインテルはこれからコンテ監督とともに復活を遂げる事ができるのか。今シーズンはかなり期待の持てるものになるのではないだろうか。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

ツイッターやインスタなどでの拡散もして頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!バイバイ!

Jリーグ サンフレッチェ広島 vs ヴィッセル神戸 〜サンフレ大勝の理由〜

 

 

はじめに

直近5試合で勝利のないサンフレと直近5試合で4勝1敗、全て複数得点と波に乗るヴィッセル神戸の一戦。対照的な勢いで臨んだこのゲームは蓋を開けてみればホームチームサンフレが6ゴールの圧勝。しかも内容もかなり良く、勝てない試合が続いた鬱憤を晴らすような試合だった。ではなぜここまでゴールを奪う事が出来たのか。今回はsれを紹介していこう。

 

サンフレッチェ大勝の理由

STとCHの関係

一番大きく関係しているのがSTとCHの関係。ではどのように崩したのか。

(黒⇨サンフレ 白⇨ヴィッセル

f:id:football-analyst:20191006142512j:plain

だいたい上の図のような形で崩す事が多かった。基本的にサンフレWBが幅を取っているので、神戸のWBはサンフレWBをマークするタスクがあっただろう。そうする事で、STを捕まえるのはもちろんCBになる。そこでSTがハーフスペースからCBの脇に流れる事でハーフスペースを空けつつ、CBをサイドに引き連れる、注意を引く事ができる。そしてここのハーフスペースを使うのがCH。ここの「出ていく」事、「入っていく」事の関係性がとてもよく、これが神戸のDF陣を混乱に陥れた。

CBの持ち上がりと攻撃参加

上のSTとCHの関係性を生かすために必要だったのがCBの持ち上がりと攻撃参加。これがあることにより、数的優位を作り出し、そして大勝を収める事ができた。ではなぜ攻撃参加が出来たのか。

f:id:football-analyst:20191006145412j:plain

 このようにサンフレの3バックに対して神戸は2トップ。ここで数的優位を作り出す事で、必ずサイドのCBのどちらかがフリーでボールを運ぶ事ができる。また神戸の2トップはあまりボールホルダーに対して守備を行なっていなかった。さらに神戸の守備の陣形が5-3のブロック。そうすると相手いるのがCBの前。ここにCBが進出する。そうするとこのような状況に持ち込める。

f:id:football-analyst:20191006165919j:plain

持ち運ぶ事で、次の状況にも落ち込む事ができる。その状況がIH vs CH/CBの状況。ここでも数的優位を作り出せるので、圧倒的に攻撃側が優位に立てる。IHはCHのマークを捨てる、中央を空けてプレスに行くか、それともCBを自由にさせるのか、判断が難しい状況に陥る。そしてこの試合はIHがプレスにこない事が多かったので、ここから起点となるパスを出し、1点目、2点目を奪っている。

マイナスのクロスとサンペールのカバー能力

このマイナスのクロス。これがこの試合を決定づけるものになった。そしてこのマイナスのクロスまでの持って生き方は上で紹介したことに関連している。

f:id:football-analyst:20191006171120j:plain

上で紹介したCBの持ち上がり。そこからSTの抜け出しでCBを釣り出す。そうすると、中のDFはクロスに対してラインを下げるので、IH、DMFのライン間にスペースができる。ここを本来ならば埋めなければならないのだが、DMFのサンペールとIHのイニエスタはここを埋める能力がある選手ではないので、ここにスペースができていた。STが作ったスペースをCHが走り込み、使うことでゴールを何度も脅かし、そして似たような形で2ゴール奪っている。このマイナスのクロスに対する、スペースを埋めれなかったので、この再現性のある攻撃を仕掛けたことにより、神戸は大量失点を喫し、サンフレは大勝する事ができた。

ドウグラスヴィエイラの存在

彼が戦列に復帰したことによる影響は大きなものをサンフレにもたらした。ロングボールをつけれ、そして収まるので2列目、3列目の選手は安心して前へ出ていく事ができる。そうすると自然と攻撃に厚みが増し、全体を押し上げる事ができる。コンパクトに保つ事ができるのだ。またクロスに対して高さと強さという武器ができるので、今回のようなマイナスのクロスが活きてくる。さらにはWBからのアーリークロスのターゲットにもなれる。このように攻撃面だけでも多くのものをもたらしてくれる選手なのだ。さらには守備面でもプレスをかけるスイッチの役割を担い、しっかりと前線から限定する事ができる。このように攻守に渡り、影響力のある選手がこの試合で戻ってきたことも大勝したおきな要因だろう。

 

サンフレの全ゴール(動画)

これが6ゴールを奪った全ゴールだ。とてもスリリングな面白い試合だった。

 

まとめ

なんとか上位争いに踏みとどまる事ができたサンフレッチェ広島。そしてこの試合で様々な良い点を見受けれる事ができた。もちろん6ゴールといったインパクトの強いものに目を惹かれてしまうが、2点を奪われてしまったが組織的な守備でこれからも堅守を誇るものになると感じさせる内容だった。さらにインテンシティも高く、走れる選手が揃っている。若手とベテランの融合が上手くかみ合っているサンフレッチェ。優勝は厳しいものかもしれないがなんとか首の皮一枚繋がっている。ここから勝ち続ければ奇跡の逆転優勝もありえるかもしれない。最後まで今年のJリーグも目が離せないものになっている。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

ツイッターやインスタなどでの拡散もして頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!バイバイ!

 

Jリーグ ジュビロ磐田 vs 横浜FM 〜『観れる』マリノス〜

 

はじめに

まさかの首位FC東京の逆転負け。それによりとうとう勝ち点1差まで迫った横浜FM。そして今節は熾烈な残留争いの渦中にいるジュビロ磐田とのアウェイゲーム。ジュビロ磐田に苦しみながらもしっかりと勝ち点3を獲得し、また優勝に一歩近づいた。では今回は横浜FMについて紹介していこう。

 

横浜FMについて

マリノスが苦しめられた事とは?

マリノスジュビロ磐田に幾度となく苦しめられた。ではどのように苦しめられていたのか。それを解説していこう。

シンプルに背後を使われる状況

立ち上がりから見られたジュビロ磐田の明らかな狙い。シンプルで強力な攻撃を仕掛けられたのでマリノスは苦しい状況に陥った。そのジュビロの方法がこちら。

(白⇨ジュビロ 黒⇨マリノス

f:id:football-analyst:20191006111045j:plain

まずSBで幅を作り、そしてCBへリターンパスをする事でCBで少しだが時間を作る事ができる。そこでSBは前進し、SHが中に入る。そうする事で、マリノスSBを釣り出す事に成功し、SBの背後のスペースが空く。本来ならばあまり空く事のないこのスペースだが、マリノスの相変わらずのハイラインなのでここのスペースが空いてくる。そしてCFがここに抜ける事で一気に押し上げる事ができる。またSBが一列前、SHが中に絞った事でこのようなメリットもあった。

f:id:football-analyst:20191006111944j:plain

CFがサイドに抜け出したのでCBを釣り出すことに成功。そうすると中央のスペースが空くのでそこを内側に入ったSHが使う。ここでマリノスCHは頭を越されているので背走している状況。だから圧倒的に不利な状態になっていた。さらにはSBも背走している状況かつ、ジュビロのSBは前向きな状態。ここでも不利になっていた。この試合はこのような状況を作り出されることが多く、(特に立ち上がり〜15分あたり)ボールが行き来するのでボールを保持する事が難しく、苦しい時間がいつもより多かった印象があった。

DMFからのサイドチェンジ

次に苦しめられたのはジュビロDMFからのサイドを変えるボール。ジュビロはうまくDMFで時間を作る事で試合をコントロールする事が多かった。ではなぜマリノスはDMFで時間を作られてしまったのか。

f:id:football-analyst:20191006113859j:plain

ポイントはマリノスCHの脇にCFが降りてきていた事。そうする事でCHはDMFまでプレスに出る事が難しくなる。その理由はDMFまでプレスに出ると中央を開けることになり、CFへの縦パスで一気にセカンドラインを無力化されるから。だからこそジュビロのDMFのどちらかはフリーでボールを受けれる状況が多くあり、そして時間を作る事ができてた。そこからサイドを変えることで幅を作り、目線を変え、そしてクロスから攻撃を仕掛ける事が多くあった。(特に50分〜65分あたり)これも苦しめられた理由の一つだ。

CFへの縦パス

最後にこれも大きく苦しめられた原因の一つ。良くも悪くもマリノスは前がかりりなプレスを試合を通して行うため、プレスがかかりきらなかった時にここにボールを入れられ、収められるとカウンターを受けてしまう。

f:id:football-analyst:20191006120527j:plain

このようにCBからのミドルパスでCFルキアンにボールを収められる事、フリックされる事があったので、早い展開が多く続いていた。マリノスにはチアゴマルティンスというJ屈指のCBがいるのでこのようなパスを使うチームは少ないのだが、ジュビロ磐田はあえてここで勝負する事で何度かチャンスを作り出していた。

これら3つがマリノスを苦しめた理由だろう。

『観れる』マリノス

この試合、顕著に現れた『観る』こと。サッカーで『観る』ことは当たり前の事なのだがマリノスの『観る』レベルの高さに驚きを隠せなかった。では『観る』とは具体的に何を観るのか。主に4つに分けられる。

  1. 相手
  2. 味方
  3. ボール
  4. スペース

この4つをしっかり『観る』事が大切だ。もちろん、これをさらに深掘りしていくとまだまだあるのだが、今回はこの4つで考えていく。そしてこの試合、マリノスがよく『観て』いたのが「相手」だ。具体的に言うと「相手の出方」をしっかり観ていた。マリノスはどの試合でもやっている事なのだが、この試合は特に現れていたのではないだろうか。ではどのように『相手を観て』いたのか。それを少し紹介しよう。

f:id:football-analyst:20191006122455j:plain

まずSHが行なっていた「SBが着いてこれる距離」の確認。これを行う事でSHあで時間を作れる事が多かった。さらにSBに対するジュビロSHのプレス。ジュビロSHは必ずと言っていいほどSBへプレスを行なっていた。だからSBはこの試合、いつもよりも内側にポジションを取る事が多かった。そうする事でSHをフリーにする事ができるからだ。またこのような方法も行なっていた。

f:id:football-analyst:20191006125405j:plain

敢えてSBがプレスにこれる位置でボールを受ける事でスペースを作り、そこへボールを流してCHを走り込ませる方法。これも相手の出方を観れている、かくにんでき、そして共有できているのでこのスペースを使う事ができる。実際にこの形は仲川の追加点が生まれる前のプレーで行なっていた。ここでは二つの分かりやすい場面を紹介したが、この試合は特にマリノスの『観る』レベルが際立っていた。

 

まとめ

前節は追いつかれてしまい、勝ち点を失ってしまったが、今節はしっかりと追加点を奪い勝ちきることに成功した。観ていて楽しく、そして確実にやっていて楽しいサッカーだろう。そしてその根本にあるのがサッカー理解度の深さと観ることの徹底。だからこそ観戦者も気づく事が多くあるのだろう。Jリーグも残り少なくなっていたところで調子を落とさないマリノス。このままシーズンを突っ走る事ができるだろうか。そして栄冠を手にする事ができるだろうか。とても興奮する展開になっている。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

ツイッターやインスタなどでの拡散もして頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!バイバイ!

 

Jリーグ ベガルタ仙台 vs 横浜FM 〜マリノスが狙った仙台のSH〜

 

 

はじめに

前節の後半から施した『SHが張る』という戦術。今回は試合開始からこの状態を作り出し、そして執拗にベガルタ仙台のSHを狙い、ベガルタ仙台を苦しめたマリノス。では今回はどのようにしてSHを狙っていたのかを解説していこう。

 

マリノスが狙ったベガルタ仙台のSH

この試合、マリノスは執拗にSHの『背後』を狙っていた。ではなぜここ狙い、そしてどのように攻略したのか。それを紹介していこう。

(黒⇨マリノス 白⇨仙台)

f:id:football-analyst:20191001215619j:plain

 まず確認しなければならないのが仙台の守備寺の並び。これはオーソドックスな4-4-2の並びだった。これに対してマリノスのビルドアップは上の図のようになる。CHが一枚(主に扇原)がDFに入り、3vs2の形を作り数的優位を作り出す。そしてCBが広がるので、SBはハーフスペースにポジションをとる。そうする事で、仙台のSHはSBと幅をとっているSHを同時に見なければならない。(2vs1の状況)こうする事で数的優位を作り出し、前進する事を容易にしていた。ではその方法を紹介していこう。

SHがボールを受けたパターン

f:id:football-analyst:20191001225409j:plain

SHがパスを受けるともちろん仙台のSHがプレスにくる。そうすると空くのがSB。ここにSHはワンタッチでボールをスペースに流す。そうするとSBがフリーで前を向く事ができる。この試合でよく見たパターンの一つだ。

SBがボールを受けるパターン

f:id:football-analyst:20191001230917j:plain

では浮いたポジションをとっているSBがボールを受けた場合はどのような状況になるのか。これはSBが前を向ければ話は変わってくるが、ここをフリーにさせるチームはないだろう。仙台も同様にSBにボールが入るとSHがプレスに行く。ここでSBはSHにワンタッチパスまたはCB経由で幅をとったSHにパスを出す。そうするとSHが前を向いてボールを受ける事ができる。これもこの試合でよく見られたパターンだ。

OMFの受ける動きとCHの動きの連動性

これが一番複雑で、そして相手が捕まえにくい前進方法。

f:id:football-analyst:20191001232639j:plain

この試合、何度か見られたOMFが3列目まで下がり、そしてCHがハーフスペースを突くパターン。こうする事でポジションが入れ替わり、仙台はマークを捕まえにくい状態になる。そしてCHがハーフスペースに進出する事で一気にチャンスを広げる。かなり効果的なものだった。

SHの背後を狙った理由

そして気になるのはなぜこの試合においてSHの背後を狙ったのか。それは中央にシマオ・マテという強力なCBがいる事、そしてクロスからの攻撃、しかも低いクロスを中心に攻めることを目的としていたからではないだろうか。そのためにSHにより縦への突破力のあるマテウスを配置し、目一杯貼らせる事が多かった。そうする事でSB、またはCHが仙台SHの背後、いわゆるライン間かつハーフスペースでボールを持てる。これでチャンスを広げ、特に前半はクロス中心に仙台ゴールを脅かしていた。これらの理由でこの試合はSHの背後を狙ったのだろう。

f:id:football-analyst:20191001234354j:plain

ここでボールを持てればCBを釣り出すか、SBがプレスに来れば外に展開できる。とても効率よく攻撃できていたのではないだろうか。

なぜ仙台SBがマリノスSHをマークしなかったのか

こうなると「SBがSHをマークすればいいのではないか?」という意見が生まれるだろう。ではなぜ仙台は「SBがSHをマーク」しなかったのか。これを解説していこう。

f:id:football-analyst:20191001231913j:plain

もしもSBがSHをマークするとその背後のスペースにCFがなファれてボールを受ける事ができる。もちろんそうするとCBが対応に行かなくてはならなくなる。マリノス側からすると、シマオ・マテが中央にいなくなれば御の字だ。そして流れてボールを受けるのは、もともとWGプレーヤーでドリブルが上手いCFの仲川。ここで時間を作る事でクロスに対する人数を揃えるのと同時にサポートを待つ事でクロスをあげる事ができる。

だからベガルタ仙台はSBがSHにマークに行けなかったのだ。

まとめ

このように様々なことを実行するマリノス。だから後半戦になって対策を練れるチームが少ないのではないだろうか。試合結果は追いつかれてのドローとなってしまったが、能動的なサッカーを展開するマリノスにはいつも楽しませてもらっている。残り試合も少なくなってきたJリーグ。優勝争いもさらに激化しそうだ。果たしてどこが優勝するのか。残りの試合も目が離せない。

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

ツイッターやインスタなどでの拡散もして頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!バイバイ!

 

『不自由で自由』だからこそのロマン。サッカーが愛される理由とは?

 

 

はじめに

ド派手なスーパーゴールに窮地を救うビッグセーブ。華麗なフェイントに熱くなれる肉弾戦。はたまた緻密に練られた戦術。ボールを死に物狂いで追いかけ、勝利を目指す姿に我々は心を奪われる。だからこそサッカーを観るものに感動と興奮を与える。これがサッカーというスポーツだ。と自分はつい先日まで考えていた。だが機会があり、世界中で愛されるサッカーというスポーツを考え直したところ、技術や戦術を超えたところにサッカーの魅力があるという考えに至った。今回はその『サッカーの魅力』について語らせて頂きたい。

f:id:football-analyst:20190926164959j:plain

 『不自由で自由』というロマン

『不自由で自由』という矛盾こそがサッカーの魅力を一気に引き上げている要因になっている。サッカーは人体で最も器用に扱うことのできる「手」を使うことが許されないスポーツだ。器用に扱うことのできる「手」を使わないことで、行えることへの「規制」がかかり、『不自由』が生まれる。この『不自由』という状態が前提にある。そして『不自由』の中で技術や戦術を使い『自由』を手に入れようとする。この『自由』を追い求める姿にこそロマンがあり、サッカーの魅力が高まっているのではないかという結論に自分はたどり着いた。

 

『自由』を追い求める理由と方法

この方法が先ほど少し触れた「技術」や「戦術」だ。ではサッカーにおいての『自由』とは一体どのような状態なのか。そして『自由』になることによりどのような事が起こり得るのか。まずサッカーにおける『自由』とは『フリーな状態』を意味する。この状態は時間とスペースがある状態のことを示す。ボールホルダーが『自由=フリー』な状況だと様々な選択肢を持つ事ができ、そこから最善の決断を下す事が簡単になる。そしてフリーな状態で最善の方法を選ぶ事ができれば「ゴール」を奪い、「勝利」を得る事ができる。そのために選手は技術を身につけ、監督は戦術を考え、選手に提示する。これが『自由』を追い求める理由と方法だ。

 

『サッカーは人生の縮図』という言葉の解釈

オシム監督が残した名言。これほどサッカーの魅力を表現した言葉を自分は知らない。飛躍した話になってしまうが、人生とは『不自由』な中でいかにして『自由』になるのか。そしてその先の『幸せ』を手に入れるのか。これこそが人生と自分は考えている。人生を生きていく中での『不自由』とは社会や学校のルールだったり、親や友人との関係、はたまた自分自身との関係かもしれない。そして人生を歩んでいく中で誰しもが一度はこう思うはずだ。「自由になりたい、自由に生きたい」と。そう、これらの柵こそが『不自由』なのだ。だからこそ『不自由』という中で、知識を身に付け、経験を積み、『自由』を追い求める。この『不自由』の中で『自由』を追い求めることこそがサッカーと似ているのだ。そしてサッカーは『自由』を追い求める手段として技術を身に付け、戦術を学ぶ。そしてその先にある「ゴール」を生み出し、「勝利」を手にする事ができる。こと人生において、『自由』の先にあるものは「幸せ」ではないだろうか。オシム監督の真意はわからないが、自分は『サッカーは人生の縮図』というこの言葉をこのように解釈した。

 

まとめ

『不自由』の中で『自由』を本気で追い求めることにこそ意味があり、魅力がある。人が本能的に求めているものだからこそ、観る者はその姿に胸を踊らせ、時に感動を届ける。ここにサッカーのロマンがあり、そしてこの『不自由で自由』という矛盾こそが世界中で愛される理由なのではないだろうか。

 

終わりに

最後までご朗読ありがとうございます。サッカーとはどのようなスポーツなのか、なぜ「手」を使わないのか、なぜ世界で愛されているスポーツなのか、ということを考え始めたらとても飛躍した内容になってしまいました。ですがこの自分なりのサッカーというスポーツの『根本』を見つけることでさらにサッカーへの理解度が深まったと感じています。この機会にみなさんも今一度サッカーというスポーツについて考えてみてはどうでしょうか?そして時間があればぜひご意見をお聞かせ下さい!