サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

ICC ユベントス、2試合を終えて。 〜ユベントスの現状について〜

 

 

はじめに

トッテナム戦、インテル戦と終えて、ユベントスへの率直な感想は「このままじゃやばい」だ。攻撃においてはスピード感がなく、さらには迫力もない。テンポがずっと一定で、中央に人が集まり、停滞している。守備においてはプレスの連動性がなく、ハイプレスを仕掛けるも簡単に剥がされてピンチを招いている。サッリボールの片鱗も見えない。コンディションの問題なのか、モチベーションの問題なのか、サッリ監督が新しいことに挑戦しようとしているのか、ありえない話だが、今のメンツではサッリボールを体現できないのか、はたまた戦術をまだ落としきれていないのか、もしも戦術を落としきれてないのなら、開幕までに間に合うかがわからない。何れにせよ、今のユベントスには強者のオーラがない。今回はICC2試合を終えてわかった、このような状況のユベントスの現状を紹介していこう。

 

ユベントスの現状

開幕スターティングメンバー(予想)

f:id:football-analyst:20190725105301j:plain

開幕はこのようなメンバーになると予想する。もしかするとCFにロナウドが入り、右にディバラ、左にベルナルデスキという形もあり得る。コパアメリカがあり、合流が遅れている10番がどのような扱いになるのか、これも気になるところだ。

 

攻撃について 

攻撃はアタッキングサードのことを紹介していこう。

アタッキングサードではだいたいこのような配置になっている。

インテル戦を参照 黒⇨ユベントス 白⇨インテル

f:id:football-analyst:20190725111043j:plain

このように中央でオーバーロードをし、かなり狭い状態になっている。幅をとる選手がいないので、目線を変える必要も、スライドの距離、この状態だとスライドする必要もないので、とても守りやすい。ナポリチェルシーのサッリ監督は左サイドでオーバーローディングして左で作り、右で仕留めるというのが定石だった。だがユベントスではこのように中央に人を集めている。サッリ監督の意図が読み取れない状況だ。

例えばこの状況でも、トッテナム戦の2ゴールのように幅をとる選手がいると効果的な攻撃が生まれる。

f:id:football-analyst:20190725112205j:plain

これはロナウドが幅を取ったことで生まれたゴール。ここから中に仕掛けると思わせ、5番に繋ぎ、そこからCF⇨WG⇨リターンパスをCFがもらいシュート。という形でゴールを奪った。ここで重要なのが幅を取っていること。そうすることで、逆のスペースが空く。これはサッリボールらしい、テンポのある速い攻撃だった。

2点目も同様に幅を取ってそこからクロスを上げてゴールを奪っている。

f:id:football-analyst:20190725112823j:plain

 このゴールはSBが幅をとることをしている。このように幅を取り、攻撃した場合にユベントスはうまくいっている印象だ。インテル戦の同点ゴールのFKもロナウドがサイドから中に仕掛けてもらったFKだ。ここも幅を取って攻撃を仕掛けている。

先ほども述べたように攻撃がうまくいかない時、特にインテル戦は中央に人が集まり、スペースがない中で縦パスを通そうとしていたので、ボールを奪われてカウンターを食らう場面が多かった。

 

守備について

守備にはプレッシングについて紹介していこう。

f:id:football-analyst:20190725113949j:plain

まずはGKからCBにパスを出させるようなポジショニングをとる。そうすることで前から嵌めていこうという意図が見える。そのためにそれぞれが相手の選手の近くにいる。

そして問題次のプレーから始まる。

f:id:football-analyst:20190725114505j:plain

だいたいこのような動きをしている。そして次のような配置になる。

f:id:football-analyst:20190725114828j:plain

このように黒丸のところでボールをボールを奪うか、CHへの縦パスをインターセプトを狙うのだが、ここの距離がといのでボールを奪う事が出来ない。

その理由が降りてくるWBをCHのマテュイディが見て、CHへの縦パスのコースを開けてしまう。さらには逆のCHのラビオがここを止めに行くが距離が遠くて間に合わない。これで一気にプレスを剥がされて、後ろの状況が4v5になってしまう。これで間延びを起こし、負の連鎖にはまってしまう。

ではどのようにすればうまく行くのだろうか。自分の考えとしては、WBのところにSBが出ればいいのではないかと思う。

f:id:football-analyst:20190725120155j:plain

このようにすればうまく行くのではないかと感じた。実際にここのところにSBが何度か出てくるとボールを良い形で奪う事が出来ていた。この方法をとれば良いのではないだろうか。

まとめ

今のユベントスはまだまだ修正すべき点が多く残っている。もう少し試合を観てみてビルドアップにも触れていこうと思う。コンテ監督のもとで復活したユベントス。そこからアッレグリ監督で常勝軍団になり、そしてより魅力的なチームにするためにサッリ監督を招いた。だがここまではナポリチェルシーでサポーターを魅了したサッカーをできていない。まだプレシーズンということもあるが、ここからサッリボールまでの道のりは相当長いのではないだろうか。果たしてどうなるのか。これからの試合も注目してみよう。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。予定では9月あたりから再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

では次回もお楽しみに!バイバイ!