サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

開幕が待ち遠しいプレミアリーグ マン・Uの補強ポイント DF編

 

 

はじめに

ファーガソンが退任して早くも7年。それからのビッグタイトルと言えば、ヨーロッパリーグぐらいだろうか。それからというもの、パニックバイを繰り返しずっと苦しんでいるユナイテッド。

そんなユナイテッドを救うべく、立ち上がった人物、それがスールシャール

この夏での補強は必須だろう。今回は補強必須の自分が思う獲得した方が良い選手DF編を紹介していこう。

f:id:football-analyst:20190523214405j:plain

 

CB編

毎度のごとく、移籍市場を騒がす超絶CB。高い身体能力に加え、的確なポジショニングと対人の絶対的な強さを誇る。さらにはサッリボールにも対応する戦術理解度とボールの扱いのうまさ。現代のサッカーに必要な全てを兼ね備えていると言えるだろう。

スモーリング、ジョーンズは前にかなり強いDFだが、カバー能力、ポジショニング、ボールの扱いはなんとも言えない。かなり高額な移籍金が必要になるだろうが、クリバリを獲得できれば、ユナイテッドのDFラインに安定が生まれるだろう。

 

ラングレの台頭でフランス代表の彼は定位置を失ってしまっている。控えに回るには勿体なさすぎる能力を持っている。身体能力は言うまでもなく高く、バルセロナのサッカーに馴染むほどの確かな足元の技術を持っている。スピードもあり、フィジカルも強いのでプレミアリーグに順応するのも時間はかからないだろう。

DFの安定感を求めるのならば、この世界王者も的確な補強になるだろう。

そして当の本人も毎試合先発で出場することを望んでいるだろうから、もしかしたらこの移籍はあり得るのかもしれない。

 

より安く、より将来性を見据えるならこのDFが良いだろう。

1997年生まれの21歳の彼はもうすでにセルビ代表としてロシアW杯を戦っている。

195cmという長身を武器に、しっかりとハイボールを跳ね返すこともできる。

さらにはRSBもこなせるので、CBを本職とする選手よりもボールぼ扱いがうまい。

去年の冬にも一度オファーを送っているユナイテッド。今夏にこの商談を成立することはできるだろうか。

 

  • CB編のまとめ

どこのチームも欲しがるクリバリとウムティティ。彼らの移籍金は高額になるのは間違いないが、DFラインの安定感と世代交代のことを考えれば、高くはない買い物だろう。少しブランド力は落ちてしまったかもしれないが、それでも世界のマンチェスターユナイテッドだ。彼らのどちらかを買うことのできるお金はあるだろう。

ミレンコヴィッチに至っては安く買えるが、報道ではフィオレンティナが71億を要求していると伝えている。もしこの要求が噂出ないなら、諦めた方が良いかもしれない。

 

SB編

もう34歳というベテランだが、今夏でクラブとの契約が切れるのでフリーでの獲得が可能だ。シメオネアトレティコを支えてきた彼だから、ユナイテッドのSBのプレーヤーに多くを与えることができるのではないだろうか。ファンフランが受け入れればの話だが、バックアッパーとしてこれほど心強い選手はいないだろう。

盟友フェルナンド・トーレスに誘われ、Jリーグ入りの噂も上がっているファンフラン。果たしてどこに新天地を求めるのか。個人的にはJリーグにぜひ来てもらいたい。

 

またしてもアトレティコから。やはりアトレティコのDFは良い選手が多い。

スピードがあり、現SBのバレンシアやヤングと似ていて攻撃的なSBだ。彼らと違うところは驚異的なフィジカルがあること。たまにドリブルで突っ込むこともあるが、基本的には判断に誤りはない。まだ若いので、世代交代にも打って付けのプレーヤーだろう。スペイン語とフランス語を話せるので、少なくともチームにすぐ馴染めるはずだ。

ネックなのは高額な移籍金だろう。もし獲得の意志があるなら、バイエルンミュンヘンとの一騎打ちになりそうだ。

 

  • SB編まとめ

ユナイテッドもSBの層はそこそこあるので躍起になって大金を叩く必要はないと思うが、1人ぐらいは獲得していた方が良いだろう。能力はかなり高いが怪我がちなルーク・ショーには少し不安が残る。アシュリーヤングも守備面での不安があるので、SBを獲得できたら御の字だろう。

 

まとめ

ユナイテッドもアーセナルと同じくDFラインがウィークポイントだろう。

前に強い選手しかいないため、裏に抜けられると一気にピンチに陥ってしまう。その度に名手デヘアに頼り切るのは違うだろう。今夏でしっかりと補強をし、赤い悪魔と恐れられるシーズンにできるのか。スールシャールの手腕とフロントの交渉力。これらがうまく繋がった時に強いユナイテッドが帰ってくる狼煙になるのかもしれない。

確実に今夏、大型補強をするであろうユナイテッド。皆さんにも誰が加入するかを考えてみてほしい。

 

終わりに

最後までご朗読ありがとうございます!

お金を持っているユナイテッドがどのような動きをするのかがとても楽しみです!

この記事が面白いと感じた方はツイッター、インスタグラムのフォローといいねをよろしくお願いします!

twitter.com

 

www.instagram.com

では次回もお楽しみに!バイバイ!