サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

PL エバートン vs マンU 〜強いぞ、エバートン!エバートン完勝の理由〜

 

エバートン(4-2-3-1)

f:id:football-analyst:20190422164717j:plain

 

マンチェスター・ユナイテッド(4-3-3)

f:id:football-analyst:20190422164835j:plain

 

完勝の要因

  • 要因①:ハイプレスと狙いの中央

立ち上がりからホームチームのプレスの速さは圧巻だった。そして狙う場所は中央。

外を切りDMFの31番と17番を狙った。そしてショートカウンター

ではなぜ中央を狙ったのか。それには2つ理由がある。

  1. 2CBの配球がうまくないこと
  2. 11番と10番の良さを消すこと

この2つだ。

 

では1.から説明していこう。

マンUの試合をよく見られる方ならわかると思うが、スモーリングとジョーンズというCBは足元が正直言ってうまくない。

彼らがボールを持った時に、パスコースを消せば、ロングボールを蹴るか、責任逃れのパスを出すしか無くなる。

さらには簡単なSBへのパスコースを消すことで、そのプレッシャーは大きくなる。

ここを狙うことはマンUの攻撃のバリエーションを消すことになる。

だから2CBにボールを持たせ、中央に追い込み、底でボールを奪った。

 

次に2.の説明。

ここもサイドへのパスコースを切ることで、11番と10番の良さを消した。

ではその良さとはなんなのか。それはサイドからの仕掛けにある。

特に11番のドリブルはどのチームにとっても脅威だろう。サイドで起点を作り、

そこから、9番、2列目から6番、逆サイドから10番という攻撃が多く見られる。

この良さを消すために、中央に追い込んでいた。

 

このハイプレスがかなり嵌っていた。さらに19番が中盤の底でボールを奪われピンチを招く場面も今までの試合で見られていたので、中央でボールを奪うプランを立てたのだろう。

 

  • 要因②:セカンドボール

セカンドボールを拾うことで、二次攻撃に繋がることは容易にわかるだろう。

ここをほとんどの確率でエバートンは拾っていた。その拾えた理由が中盤の数と、

サイドを使って、押し込んでいたから。

これを見て欲しい。

f:id:football-analyst:20190422173257j:plain

サイドで押し込み、DFラインを下げる。DMFがほぼDFラインに吸収され、中盤のエリアにいるのは6番だけになる。このエリアを1人でカバーできるわけがない。

一方のエバートンは2DMFとSBでボールを回収していた。

セカンドボールを拾えないのではマンUも攻撃に移れない。

 

さらには早めにロングボールを前線に送り、そのセカンドボールを回収し攻撃に移っていた。

ここでも、中盤の人数の差を利用していたのと、圧倒的にエバートンの方がインテンシティが高く反応も早かった。

だから中盤をエバートンは制圧できていた。

 

まとめ

まさかエバートンがここまで圧勝するとは思いもしなかった。これでエバートンはビッグ6との試合は3勝1分。しかも全て無失点。さらにはインテンシティも高く、出足も早い。前に行く意識も相当なものだった。

このホームゲームのような試合がアウェイでもできると、CL圏内争いに絡めただろう。それだけ良い選手が揃っている。

来シーズンのエバートンも注目してみたい。

 

終わりに

最後までご朗読ありがとうございます。

ツイッターもしているのでフォロー、リツイート、いいねをよろしくお願いします。

twitter.com

YouTubeもしているのでこちらもご覧になってください。

www.youtube.com

チャンネル登録やフォローがとても励みになるのでよろしくお願いします!

 

では次回もお楽しみに!バイバイ!