サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

CL ファーストレグ トッテナム vs マンC アジア最高の選手 ソン・フンミン

f:id:football-analyst:20190410130920j:plain

ソン・フンミン

1992年 7月8日(26歳)
183cm 77kg 右利き

トッテナム・ホットスパー所属

ポジション FW

 

現時点でのアジア最高の選手。そう言って誰も異論はないだろう。そのぐらいソン・フンミンプレミアリーグ、CLの欧州の大舞台で結果を残している。

そのソン・フンミンについて今回は触れていきたい。

 

 

 

  • ドリブル

スピードとキレがあり、積極的果敢に前へ進んでいく。

一気に加速し、DFを置き去りにするこのドリブルは間違いなくワールドクラスのものだろう。自分で仕掛ける事ができ、常に先手をとる。だからDFは対応が間に合わず、

後手になり置き去りにされる。

またキレがあるので、急な切り返しと加速がすごい。

この緩急についていけるDFはそうそういないだろう。

好むプレーとして大外に開いてボールをもらう事が多く、縦に仕掛ける。そしてクロスなりラストパス、もしくはフィニッシュ。

彼の良さは、ロングカウンターやショートカウンターのようにスペースがある時に発揮される。

だからトッテナムの戦い方にマッチし、ここまで評価をあげているのだろう。

 

 

  • シュート

この制度もかなり高い。

両足ともに蹴る事ができ、色んな角度からでもトップコーナーを狙う事が可能だ。

また振りが早いので、少ないモーションでも威力のあるシュートを打つ事ができる。

それも合間っているのだろう。カットインからのフィニッシュがかなり多い。

サイドを突破し、急に中にカットイン。そして大外に巻いてゴール。

ロッベンばりのカットインだ。ロッベンと違うのはこれを左右ともにできるところだろう。

 

またミドルシュートも打てる。ミートも上手いので、パンチの効いたシュートを打つ事ができ枠にシュートが飛べばゴール、最悪コーナーキックを取れる。

ここの制度が上がればもっとゴールを量産できるだろう。

 

  • 守備での貢献

守備での貢献度も高い。

前線からプレスをかけ、牽制を行い、SBのサポートをする。

CLマンC戦でもスターリングに対して、SBとソンでしっかりと対応していた。

プレスバックを積極的に行うので、監督、チームメイトからの信頼が厚い。

また切り替えも早く、ファーストディフェンダーとしての役割をトッテナムで担っている。

 

  • オフザボール(ボールを持っていない時の動き)

これまでの紹介はオンザボールだったが、実はオフザボールもかなり質が高い。

大外から斜めに抜け出し、フィニッシュ。このパターンも多く見られる。

スピードもあるので、難なくDFよりもボールに触る事が可能だ。

 

そしてこのCL マンC戦でも決めたのは彼だった。

彼の良さが全て詰まったいいゴールだったと思う。

このプレーの前にプレスバックし、ボールをマイボールにし、そして長い距離を走って

ゴール前まで顔を出す。ポジションをしっかりとり、スペースでパスをもらう。

コントロールは流れてしまったが、ドリブルで相手を剥がし、左足でゴール。

かなりいいゴールだった。

 

これがアジア最高の選手と言われる所以だろう。

エースのケインを欠いてもソンがいれば得点力不足には陥らない。

そのぐらいすごい選手だ。ぜひ彼のプレーに注目してほしい。

 

トッテナム vs マンC

少し試合内容について触れよう。

結論から述べると、トッテナムの圧勝。

マンCはチャンスを作れず、前半は特にボールを回しているだけだった。

トッテナムは23と7が前半でポジションを入れ替え流れをつかんだ。ここがゴールにつながる布石だった。

これが大きな試合のターニングポイントだろう。そして後半70分あたりにもポジションを入れ替え、23がトップ下、7が右、27が左で試合を進め、78分にゴールを奪った。

選手自身で動いたのか、監督の指示があったのかわからないが、頭が良い判断だった。

この試合の詳しいレビューはYouTubeにあるのでぜひ見ていただきたい。

 

前半

www.youtube.com

後半

www.youtube.com

 

面白いと思った方はチャンネル登録もよろしくお願いします。

ツイッターもしているのでフォロー、リツイート、いいねもよろしくお願いします。

明日のCLのレビューもするのでこちらもご覧になってください。

最後までご朗読ありがとうございます。