サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

マンCのビルドアップと攻撃時のポジショニング Part 2

今回はマンCのアタッキングサードについてのポジショニングとパターンについて解説と説明をしていこうと思う。

 

早速、アタッキングサードでの基本的なポジショニング。

f:id:football-analyst:20190409110410j:plain

基本的な形としては2-1-2-5。

一見無茶苦茶なポジショニングに思えるかもしれないが、全くもってそんなことはない。

きちんと5レーンに1人ずつ人を配置。そしてしっかりと幅をとる。

崩せなかった時のために、SBが絞ってDMFの役割を果たしボールを落ち着かせる役目とセカンドボールの回収、そしてカウンターを喰らわないために遅らせる守備を果たす。

そしてこの形になることで、ボールの近くに人数がいるので奪われたボールに対し、2~3人がすぐにプレスに行ける。

このようにしてそれぞれにしっかりとした役割がある。

 

では攻撃パターンをいくつか紹介する。その前に狙いと優先順位を紹介しておく。

マンCの狙いとして、ペナ角を攻略を狙いとしている。

f:id:football-analyst:20190409113224j:plain

ここを攻略する。そのための優先順位として、

  1. DFの背後のスペースを狙う
  2. 楔(縦パス)
  3. 前へのドリブル
  4. 横パス
  5. やり直しのバックパス

この優先順位でプレーを進めている。

特に大事なのが背後のスペースを狙うこと。これをすることで幅と深みをとることができる。

では話を戻して、攻撃のパターンを紹介する。

 

  • 幅を作り中央から斜めの動きで裏を取る

まず前回の記事でも紹介したように、WGが目一杯幅をとっているので一度そこにパスを出し、DFラインを広げる。そしてCFは斜めに抜け出す動きをし、深さを作る。

f:id:football-analyst:20190409115142j:plain

幅と深さを作ると、CBへリターンパス。

CFは中央のレーンに戻り、もう一度ポジションを取り直す。

そして、CMFが縦パスをもらいに少し降りてくる。SBがそこのサポート。(CBがリターンパスを受けるパターンもあり)

f:id:football-analyst:20190409115628j:plain

f:id:football-analyst:20190409115831j:plain

前向きでSBはボールを受けれるのでスペースにパスを通す。(CBがボールを受け、裏へパスを通すパターンもあり)

そしてCFが裏へ抜ける。

ペナ角でボールを受け、シュート、クロス、マイナスへのパス、一番ゴールできる可能性の高いものを選択する。

ボールサイドに人数をかけているので、ボールを奪われてもすぐに人数をかけて奪い返す事が可能だ。

これが一つ目のパターン。

 

  • 幅を作り外から斜めの動きで裏をとる

上のパターンと似ているものから紹介する。

幅を作り、SBまでの流れはほぼ同じ。(CBが受けることもあり)

f:id:football-analyst:20190409120539j:plain

そしてWGが外から出来たペナ角のスペースを突く。

CFはWGの動きを見て、クロスに合わせるために中に入っていく。

WGはここでもゴールできる確率の高いプレーを選択する。

ここでも上と同じようにすぐにボールを奪い返せるようにリスクマネージメントをしている。

 

  • 中央で作り、外から裏に抜けるパターン

CBまたはSB、DMFからCFへの縦パスを入れ、攻撃のスイッチを入れる。

その時にボールと同サイドのCMFはパスコースを作り出すために外にDMFを引き連れて外に開く。そうすることでパスコースを生み出す。

ボールサイドと逆のCMFはCFのサポート。(下の図を参照)

f:id:football-analyst:20190409122110j:plain

そうするとこうなる。

f:id:football-analyst:20190409123823j:plain

CFはサポートにきたCMFにフリック。

CMFとCFが作った背後のスペースをWGが使い、裏をとる。

ここでもボールを奪われた時のためのリスクマネージメントがしっかりされている。

 

もちろんまだ似たようなパターンはあるが基本的にこの3つのパターンが多く使われる。

このパターンを生み出すために、5レーンに人数を配置し幅を作りズレを生む。

そしてボールを奪われた時のためにSBが中に絞りセカンドボールの回収とネガティブトランジションのための人員として配置。

ここまで整理された戦術を見るとグアルディオラ監督の見えている景色がとてつもない事がすぐにわかる。

ぜひマンCの試合を少し集中して見てもらいたい。

 

最後までご朗読ありがとうございます。

ツイッターもしているので、フォロー、リツイート、いいねをよろしくお願いします。

twitter.com

YouTubeもしているので、チャンネル登録もよろしくお願いします。

www.youtube.com

改めて最後までご朗読ありがとうございます。