サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

Jリーグ 川崎フロンターレ vs コンサドーレ札幌 〜前半の札幌、後半の川崎。用意してきた札幌、修正の川崎〜

 

はじめに

やっと再開したJリーグ。そして金曜開催のこの好カードの対戦。期待していたように、いや期待以上にとても面白い試合だった。試合内容はというと、前半は札幌の用意してきたサッカーが面白いようにはまり、川崎を圧倒。そして迎えた後半。後半はハーフタイムでの修正があり、川崎が札幌を圧倒した。それぞれ対照的な前半と後半をプレーした両チーム。札幌が何を準備してきて、川崎が何を修正したのかを解説していこう。

 

 

川崎フロンターレ(4-4-2)

f:id:football-analyst:20190614222316j:plain

 

コンサドーレ札幌(3-4-2-1)

f:id:football-analyst:20190614222722j:plain

 

 

前半のコンサドーレ札幌 ~用意してきたサッカー~

前半は確実に札幌のゲームだった。では何を用意してきたのか。まずは軽く紹介しよう。

  1. ロングボール
  2. WBの走りとCBの上がりとCHのバランス
  3. 5-4の守備ブロックとカウンター

これらが準備してきた戦術だろう。これらがどのように川崎を苦しめたのか。これを詳しく解説していこう。

 

  • 1. ロングボール

これはよく指摘させて頂く「斜めのロングボール」だ。ではこれがどのように川崎を苦しめたのか。川崎はハイプレスを仕掛け、ショートカウンターを仕掛ける狙いがあった。なぜ川崎がこの戦術をとったかというと前回の札幌戦で7-0の大勝をした際にこのビルドアップのボールを引っ掛け次々とゴールを奪っていった。今回もそれを狙っていたのだろう。

だが札幌はCFのジェイとSTに入った鈴木武蔵に向かってプレスを掻い潜るためにロングボールを使った。WBが高い位置を取るまでの時間を作り幅をとった。これでまず川崎のMFとSBをひっくり返した。

 

  • 2. WBの走りとCBの上がりとCHのバランス

これが今回一番効果があっただろう。ではどのような攻撃を仕掛けていたのかを説明しよう。

まず攻撃時にボールを捌くのは27番。このあたりでボールを持つ。

f:id:football-analyst:20190614225145j:plain

そうするとWBが斜めに走りこむ。そうするとそこのスペース空くか。

f:id:football-analyst:20190614225307j:plain

ここのスペースが空く。そしてそのスペースにCBの5番が入り込む。ここがで5番がボールを受けることに意味がある。精度と質の高いボールを蹴ることのできる5番がフリーでボールを持てること、そして何よりも「角度」をつけることができる。なぜ角度が必要かというと、斜めのクロスまたは楔のパスを入れるため。これでDFは入ってくるボールと選手を同時に見ることが難しくなる。これが一つの狙いとしてあっただろう。

そしてバランスを取るためにCHがCBの位置に落ちる。

f:id:football-analyst:20190614225854j:plain

これでバランスをとっていた。さらに、ここからボールを配球するだけでなく、STや中に入ったWBとのコンビネーションでサイドの深いところまで突破し、クロスを上げる攻撃もいくつか見ることができた。

このポジションチェンジとWBに川崎のSBが引っ張られるのでCBへの対応が後手になり、主導権を握られていた。この攻撃がかなりはまっていたと言えるだろう。

 

  • 3. 5-4の守備ブロックとカウンター

これは川崎のパスのリズムを上げさせず、良さを消すという面で効いていた。中央を締めることで縦パスを入れさせず、攻撃の糸口を16番のドリブルだけに絞った。何度かカットインからシュートに持ち込まれることはあったが、きちんとついて行っているので精度の高いシュートを打れることはなかった。そして無理やり縦パスを通そうとすると、そこを引っ掛けてカウンター。何度かこの場面があったので、川崎は縦パスを通せなくなり、攻撃が単調になっていた。

 

後半の川崎 ~ハーフタイムでの修正~

後半に入り、川崎は見違えるように息を吹き返した。前半、シュート6本だったのに対し、後半は21本も打っている。なぜここまで変わることができたのか。これを紹介しよう。

  1. ハーフタイムでの9番⇨11番の交代
  2. SBの左右の入れ替え
  3. SBの深さとクロス
  4. 札幌のMFの脇のスペース

この4つをハーフタイムで修正してきた。ではこの詳細を説明していこう。

 

  • 1. ハーフタイムでの交代

これがこの試合のターニングポイントだ。ではなぜこの交代が必要で、この交代が札幌を苦しめたのか。これを説明する前に前半、川崎の何がいけなかったのかを説明する必要がある。

川崎は前半、「縦パス」が入らないので攻撃のスイッチが入らず、テンポが上がらなかった。良さを消され、単調な攻撃になっていたので16番のドリブルでしかチャンスを作れなかった。2トップが相手のDFラインに入りっぱなしで横並びになるため、『ライン間』でボールを受ける選手がいない。このボールを受ける動きがないため、DFが動かず、「ズレ」が生じなかった。

そこでその「ズレ」を生じさせ、『ライン間』でボールを受ける動きができる11番を入れることでこの問題を解決した。さらに11番の裏抜けでDFラインを下げ、間延びの状態を生み出し、より『ライン間』でボールを受けることが簡単になった。

これで縦パスが入るようになり、MFをひっくり返しテンポを上げてチャンスを作りまくった。

 

  • 2. SBの入れ替え

これは単純にRSBとLSBを入れ替えただけだ。このシンプルなポジションチェンジが功を奏する。前半はRSBに左利きの選手、LSBに右利きの選手が入っていた。

そうするとボールの持ち方が中向きになり、ボールのセットの仕方がDFに近くなる。これがもちろん川崎の攻撃のパターンで、ハーフスペースの攻略に繫がるのだが、この試合は違った。中央に人数がいるため、ボールをセットした時にすぐにボールに詰められ、ボールを失う、もしくはバックパスを余儀なくされた。だから悪い形でボールを奪われカウンターを食らう場面が何度かあった。

だが左右入れ替えることで、視野は180℃になるが、DFから遠い脚にボールをセットできて時間が作れた。これが次に解説する大きな布石となる。

 

  • 3. SBの深さとクロス

2.の解説の通り、DFから遠い場所にボールが置けることで時間が作れて余裕が生まれた。そしてサイドを攻略し、深い所まで突破を図った。これで札幌は全たの重心が後ろに下がり、CFも下がってくる。そうすると、川崎はCBも攻撃に参加ができて攻撃に人数をかけることができ、セカンドボールの回収も容易にできた。

そしてDFラインを下げることでGKのプレーエリアを狭め、マイナス、または大外の選手が何度もシュートを放った。実際に放った後半だけで放ったシュートは21本。前半も合わせて27本。そのうち枠内は18本。これがどれだけ有効だったかが数字からもわかる。

 

  • 4. 札幌のMFの脇のスペース

これはSBが深さを取るためにここを攻略する必要があったのだろう。その時のポジショニングが左右非対称なのも面白かった。

f:id:football-analyst:20190615000950j:plain

左サイドはSHが幅をとる。これは16番がドリブルを得意としているためだろう。

そしてこのレーン1と2でポジションをくるくる変えながらサイドを突破。これは⇨サイドも言えることだが、⇨サイドは見てもらったらわかるように、CHが頂点になり、SBが幅をとる。SHの家長がハーフスペースでボールを受けることが上手なのでこのような位置どりになる。これで相手を引っ掻き回し、ハーフスペースを41番が突破しクロスから11番が同点弾を決めた。このSB(SH)が幅をとる修正も見事なものだった。

 

まとめ

この試合、かなり面白いものだった。コンサドーレ札幌の準備の質とそれを上回る川崎フロンターレの修正力。どちらもレベルが高いもので、前半は札幌のゲーム、後半は川崎のゲームとはっきり分かれた。正直川崎が勝ってもおかしくない内容だったが、札幌のGKが凄すぎたのもあって1ゴールに留まった。本当にレベルの高い試合で良いものを見させてもらった。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタでは移籍に情報などとブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

  • 最後までご朗読ありがとうございます

やっと再開したJリーグ。これからもできる限りJ1の全試合の解説をしていくので引き続きよろしくお願いします。では次回もお楽しみに!バイバイ!