サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

Jリーグ ガンバ大阪 vs セレッソ大阪 〜大阪ダービー ガンバの3-5-2の狙い〜

 

 

はじめに

大阪ダービー。戦績いうと、直近で4勝を挙げているガンバ大阪

だがリーグ戦で見ると、2ヶ月勝利がなくはっきりとした戦い方が定まらないガンバと、4バックにして戦い方がしっかり定まり、2連勝を挙げているセレッソ大阪

対照的なチームの勢いの中で迎えたこのダービー。結果は1-0でガンバ大阪の勝利。

試合後のガンバの選手たちの喜び方を見れば、どれだけ苦しく、このダービーでの勝利が大きなものかがよくわかる。

そんなこのダービーでガンバ大阪のレジェンドにして、現監督の宮本恒靖が持ってきた戦術を解説していきたい。

 

ガンバ大阪(3-5-2)

f:id:football-analyst:20190520154700j:plain

 

セレッソ大阪(4-4-2)

f:id:football-analyst:20190520154731j:plain

 

 

宮本監督の策 3-5-2採用の理由

  • サイドでの守備

これをまず上げるべきだ。セレッソ大阪の好調の要因になったのは並びを4-4-2にしてから。セレッソは都倉へボールを預け、その後ろから選手が出てくるのが基本的な攻撃だ。その都倉が怪我で戦列を離れ、今回の先発はメンデスと高木の2人。

この2人は都倉と比べたらボールの収まりは悪い。どちらかというとスペースへ走り込むことが得意な選手だからだ。ではどこがセレッソの起点となるのか。この起点になる場所はサイドの清武と水沼だ。特に清武がボールを持つことが多くなると踏み、宮本監督はここの対策を練ってきた。それがこの3-5-2だった。

この配置の狙いを説明していこう。

f:id:football-analyst:20190520155724j:plain

ガンバは守備時5-3のブロックで守っていた。そしてセレッソのSHにボールが出ると、同サイドのWBが対応にいく。さらに同サイドのCHもヘルプで寄せていき、1v2の状況を生み出す。

この状況を作り出すことで、ボールを奪っていく。最悪バックパスをさせれば良しとしていた。この準備していた策をきっちりと遂行していた。

割りかし守れていたが、この守り方には一つ弱点があった。

それはファーストラインとセカンドラインの間のスペース。

f:id:football-analyst:20190520160418j:plain

ここで25番にボールを左右に捌かれ、スライドをする場面が多くなっていた。

ここをケアするべく前からプレスに行くと、CBからのロングボール一本で裏を取られ、ピンチを招いていた。

9分と32分にこの場面を作られるが、キーパーのビッグセーブでなんとか失点をせずに前半を折り返した。

そしてハーフタイムに修正を加え、2トップの並びをたてにすることで25番の対応を施していた。

思わぬ形で弱点を突かれたが、このサイドで1v2の状況を生み出す戦術は上手くいっていた。

 

  • 10番と29番の後ろからの飛び出し

攻撃に関してはこの2人の飛び出しを中心に構想を立てていただろう。

実際に狙いが出た得点シーンを解説していこう。

f:id:football-analyst:20190520164524j:plain

ここの中央から、CHにパスが出る。この間にWBが幅を取る。

f:id:football-analyst:20190520164633j:plain

幅をとることで、この場面ではセレッソのDFがWBへのマークへ行く。

そうするとこのスペースが空く。

f:id:football-analyst:20190520164731j:plain

そしてここで受けたのが29番。前にポジションをとることでここのスペースを使うことができた。そしてこのハーフスペースで前を向く。

f:id:football-analyst:20190520164848j:plain

ハーフスペースで前を向いたことで一気にスピードが上がる。10番が後ろから飛び出し、16番はボールから離れることで、スペースを作る。

f:id:football-analyst:20190520164953j:plain

ボールホルダーは時間を作るためにカットイン。

16番が作ったスペースを10番がそこへ飛び出す。

f:id:football-analyst:20190520165103j:plain

そしてここで受けた10番はニアハイをぶち抜きゴール。

これが決勝点となり、ガンバ大阪が勝った。

 

この後ろから飛び出す動きを加えるために、3-5-2を採用したと思われる。

WBが幅をとることで、ハーフスペースが必ず空く。ここの作業をなんども、特に後半は繰り返したことによってゴールが生まれた。さらにCHが高い位置を取れたこともよかった。もしも先発が今野だったら、守備的な選手なのでここにポジションを取っていなかっただろう。さらに倉田の良さを出すために、この配置を採用したのも頷ける。

まさにしてやったりのゴールだっただろう。宮本監督も大喜びだった。

 

ゴールシーンの動画

 

まとめ 

ガンバ大阪の圧勝とはいかなかったが、2ヶ月ぶりの勝利。しかも大阪ダービーでの勝利。選手、監督、クラブ関係者、全員が安心しただろう。それぐらい大事な勝利だったはずだ。

一方のセレッソ大阪は2連勝で波に乗っていたが、ここで勢いを止めてしまった。

さらには都倉がいない攻撃のバリエーションを考えないといけない課題が見つかった。

これから、またどのような修正を加えるのか。楽しみだ。

 

終わりに 

最後までご朗読ありがとうございます。ツイッターもしているので、この記事が面白いと感じた方はフォローといいね、リツイートをよろしくお願いします!

twitter.com

インスタグラムもやっているのでこちらもお願いします!

www.instagram.com

 

では自家おもお楽しみに!バイバイ!