サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

Jリーグ ベガルタ仙台 vs 横浜FM 〜マリノスが狙った仙台のSH〜

 

 

はじめに

前節の後半から施した『SHが張る』という戦術。今回は試合開始からこの状態を作り出し、そして執拗にベガルタ仙台のSHを狙い、ベガルタ仙台を苦しめたマリノス。では今回はどのようにしてSHを狙っていたのかを解説していこう。

 

マリノスが狙ったベガルタ仙台のSH

この試合、マリノスは執拗にSHの『背後』を狙っていた。ではなぜここ狙い、そしてどのように攻略したのか。それを紹介していこう。

(黒⇨マリノス 白⇨仙台)

f:id:football-analyst:20191001215619j:plain

 まず確認しなければならないのが仙台の守備寺の並び。これはオーソドックスな4-4-2の並びだった。これに対してマリノスのビルドアップは上の図のようになる。CHが一枚(主に扇原)がDFに入り、3vs2の形を作り数的優位を作り出す。そしてCBが広がるので、SBはハーフスペースにポジションをとる。そうする事で、仙台のSHはSBと幅をとっているSHを同時に見なければならない。(2vs1の状況)こうする事で数的優位を作り出し、前進する事を容易にしていた。ではその方法を紹介していこう。

SHがボールを受けたパターン

f:id:football-analyst:20191001225409j:plain

SHがパスを受けるともちろん仙台のSHがプレスにくる。そうすると空くのがSB。ここにSHはワンタッチでボールをスペースに流す。そうするとSBがフリーで前を向く事ができる。この試合でよく見たパターンの一つだ。

SBがボールを受けるパターン

f:id:football-analyst:20191001230917j:plain

では浮いたポジションをとっているSBがボールを受けた場合はどのような状況になるのか。これはSBが前を向ければ話は変わってくるが、ここをフリーにさせるチームはないだろう。仙台も同様にSBにボールが入るとSHがプレスに行く。ここでSBはSHにワンタッチパスまたはCB経由で幅をとったSHにパスを出す。そうするとSHが前を向いてボールを受ける事ができる。これもこの試合でよく見られたパターンだ。

OMFの受ける動きとCHの動きの連動性

これが一番複雑で、そして相手が捕まえにくい前進方法。

f:id:football-analyst:20191001232639j:plain

この試合、何度か見られたOMFが3列目まで下がり、そしてCHがハーフスペースを突くパターン。こうする事でポジションが入れ替わり、仙台はマークを捕まえにくい状態になる。そしてCHがハーフスペースに進出する事で一気にチャンスを広げる。かなり効果的なものだった。

SHの背後を狙った理由

そして気になるのはなぜこの試合においてSHの背後を狙ったのか。それは中央にシマオ・マテという強力なCBがいる事、そしてクロスからの攻撃、しかも低いクロスを中心に攻めることを目的としていたからではないだろうか。そのためにSHにより縦への突破力のあるマテウスを配置し、目一杯貼らせる事が多かった。そうする事でSB、またはCHが仙台SHの背後、いわゆるライン間かつハーフスペースでボールを持てる。これでチャンスを広げ、特に前半はクロス中心に仙台ゴールを脅かしていた。これらの理由でこの試合はSHの背後を狙ったのだろう。

f:id:football-analyst:20191001234354j:plain

ここでボールを持てればCBを釣り出すか、SBがプレスに来れば外に展開できる。とても効率よく攻撃できていたのではないだろうか。

なぜ仙台SBがマリノスSHをマークしなかったのか

こうなると「SBがSHをマークすればいいのではないか?」という意見が生まれるだろう。ではなぜ仙台は「SBがSHをマーク」しなかったのか。これを解説していこう。

f:id:football-analyst:20191001231913j:plain

もしもSBがSHをマークするとその背後のスペースにCFがなファれてボールを受ける事ができる。もちろんそうするとCBが対応に行かなくてはならなくなる。マリノス側からすると、シマオ・マテが中央にいなくなれば御の字だ。そして流れてボールを受けるのは、もともとWGプレーヤーでドリブルが上手いCFの仲川。ここで時間を作る事でクロスに対する人数を揃えるのと同時にサポートを待つ事でクロスをあげる事ができる。

だからベガルタ仙台はSBがSHにマークに行けなかったのだ。

まとめ

このように様々なことを実行するマリノス。だから後半戦になって対策を練れるチームが少ないのではないだろうか。試合結果は追いつかれてのドローとなってしまったが、能動的なサッカーを展開するマリノスにはいつも楽しませてもらっている。残り試合も少なくなってきたJリーグ。優勝争いもさらに激化しそうだ。果たしてどこが優勝するのか。残りの試合も目が離せない。

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

ツイッターやインスタなどでの拡散もして頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!バイバイ!