サッカー戦術分析 〜サッカー、一緒に考えん?〜

サッカーを一緒に考えましょう!

よかった、生きとって、よかった。

f:id:football-analyst:20210127073617j:plain


 

よかった、生きとって、よかった。

 

今なら心からそう思える。

 

2021年 1月22日。僕はバイクで事故にあった。

 

左膝打撲。左肘擦り傷。目の周りを8針縫った。

 

死にかけてないじゃんと思うかもしれない。

 

けど、今回はいつもと訳が違った。

 

何度か転けているが、本気で死ぬと思ったのは初めてだ。

 

そしてこれだけで済んだのは本当に奇跡なのだ。

 

この日は仕事が早く終わり、意気揚々とバイクで帰路につく。

 

昨夜から降っていた雨も上がり、日差しが差し込んでいた。

 

まるで僕の心を投影しているかのような天気だ。

 

いつも通り、ツレに「今から帰る」の連絡を入れた。

 

いや、思い返せばここからいつも通りではなかった。

 

いつもならば「気をつけて帰る」と送るのだが、この日はなぜか「今から帰る」と送信。

 

言霊はあるのだな。本当にそう思う。

 

それも関係してか、いつもより不注意な運転だった。

 

帰って「どの試合をみよう?」などとワクワクしていた。

 

そんなことを考えていると、ガソリンが切れそうなことに気付く。

 

時間もあるし、ガソリン入れて帰るか。

 

いつもと違うガソリンスタンドに寄ることにした。

 

ガソリンスタンドに入るために左折。

 

車来てねーな。確認し、左折。

 

前に視線を戻すと、小路地から車が猛スピードで飛び出してくる。

 

慌ててブレーキをかける。雨上がりの濡れた地面。取られるハンドル。

 

ぶっ飛んだ。

 

迫りくる地面。駆け巡る走馬灯。

 

あ、俺、死ぬな。本気で思った。

 

死ぬ直前は本当にスローモーションになる。あれは断じて嘘じゃない。

 

だが、僕は反射で受け身をとった。バイクに押しつぶされないように、バイクを右側に飛ばし、できる限り自分は左に飛んだ。

  

迫りくる縁石にぶつからないよう、できる限り左に。

 

生きた。生き延びた。

 

ボロボロになった服、悲惨に散ったバイクを見ながら側道に倒れ込んだ。

 

幸い側道に入っていたので、後方からの車はいなかった。

 

バイクを拾わなければ。立ち上がると視界が赤い。受け身をとったが、衝撃で目の周りとおでこを地面にぶつけ、引きずっていた。

 

焦った。バイクのミラーで顔を見た。目は見える。

 

やっちまった。皮が剥がれ、パックリと切れている。

 

ただ、自分でも驚くほど冷静だった。

 

まずは救急に電話をかける。警察にも。

 

飛び出してきた車はもういなくなっていた。

 

理不尽だが単独事故か。しゃーない。そう思った。

 

ツレと母親にも事故ったと電話をかけた。

 

ガソリンスタンドで傷口を洗わせてもらってタオルで止血。

 

アドレナリンが出てすぐに血は止まった。

 

あとは自賠責と免許証と保険証の準備。

 

頭を打ったので記憶が飛んでないか、事故った瞬間を思い出す。

 

きっちり一部始終を覚えていた。

 

そうこうしている間に救急車が到着。

 

いろいろ聞かれ初めて救急車で搬送。

 

よくこれだけで済んだな。そう言われた。

 

そして病院に着き、目の周りを縫った。

 

処方箋をもらい、家に着く。どっと疲れが押し寄せた。

 

落ち着いてもう一度、思い返す。

 

スローモーションになった『あの瞬間』

 

頭を過る『走馬灯』

 

死ぬなと思った。

 

だが、生きている。奇跡。奇跡だ。

 

本気でそう思う。

 

これだけの傷で済んでいること自体も奇跡だ。

 

生きているだけで丸儲け。

 

誰かがそう言った。

 

生きていることだけでも運が良い。

 

誰かがそう述べた。

 

本当にそう思う。本当に。

 

ここまで生きてきて25年。

 

高校を卒業し、生き急ぐことを頑なに選択した。

 

事故のニュースを見て思っていた。

 

事故は関係ない。俺はまだ死なん。と。

 

しかし自分がその当事者になった。気付くのが遅いかもしれない。

 

だが僕は思う。気付けて良かった。

 

『もっと噛み締め、ゆっくり生きる』ということに。

 

『もっと大切な人との時間を作る』ということに。

 

高校を卒業し、成功を掴むために生き急ぎ、蔑ろにしてきたこと。

 

大切な人、愛する人との時間。

 

周りに目を向け、声を聞くこと。

 

ゆっくり生きるのならば、世界は美しいということ。

 

生き急いでると絶対に気がつけない。

 

いや、大人になるにつれ忘れていくもの。これを思い出した。

 

これから先、顔に刻まれた縫い傷を鏡で見るたびに誓うだろう。

 

『命を噛み締め、ゆっくり生きよう』と。

 

そして思い出すだろう。

 

『生きてて本当によかった』と。