サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

PL マンU vs リバプール 〜準備してきたマンUの狙いとは〜

 

 

はじめに

国内、国外問わずに人気のあるクラブのマンUリバプール。このビッグクラブが戦うこの試合、ナショナル・ダービー。一方は悲願のリーグ優勝をかけ、一方は本来あるべき姿に、そして自信を取り戻すためにこの試合を戦った。そしてその結果は1-1のドローゲーム。だがこの試合に臨むにあたって、準備してきたであろうマンUの戦術がうまく嵌り、欧州王者、ライバルを苦しめ、連勝街道を見事に止めた。ではどのような準備をし、どのようにこの試合を戦ったのか。今回はマンUが準備してきたであろう戦術を紹介していこう。

 

スタッツとスターティングメンバー

f:id:football-analyst:20191022102114j:plain

WhoScored.comより引用 

 

マンUの準備と狙いとは?

では早速、マンUが準備してきたこと、そしてその狙いを紹介していこう。

プレッシング(守備について)

まず紹介したいのは、プレッシングについて。これはしっかりと準備してきて、この試合リバプールを苦しめたものではないだろうか。その方法がこちら。

f:id:football-analyst:20191022112630j:plain

これが基本的なマンUのプレッシング。基本的にボールを外回りにさせ、SBの所、もしくはSBからの縦パスを引っ掛けることを狙いとしていた。ではこの詳細を解説していこう。

CFの役割 

CFの役割はCBに局面を一気に変えられる斜めのロングボールを蹴らさせないこと。リバプールのCBから逆のWG(SBの場合もあり)へボールを刺されると、一気にスピードが上がり、決定機を作られる可能性が上がってしまう。だからCFはCBに対してプレスをかけ、時間を奪った。さらにCBからボールを受けに降りてくるIHをある程度背中で消しながらプレスを行なっていた。「CBに斜めのロングボールを蹴らせない、サイドを変えさせない」ためのプレッシング、または牽制がこの試合のCFの役割だ。

参考までにもしも斜めのボールを入れられた状況を少し紹介しておく。

f:id:football-analyst:20191022121310j:plain

この状況を作らせたくないので、CFの牽制、プレスが重要になっていた。

STの役割

STの役割は中央に位置するDMFのマンマーク。これを行うことで、リバプールの中央経由の攻撃を限りなく少なくした。リバプールの攻撃のはじめは一度中央を経由することが多く、そしてその経由の選手で一番CBからボールを引き受けることが多いのがDMFのファビーニョ。(もちろんCBもパスが出せるので、リバプールは強い)ここを消せないとこの試合の8分11秒のような場面、DMFからCFへの鋭い縦パスで一気に攻撃のスピードが上がり、ピンチに陥る。だからSTはDMFにボールを入れさせないようにマンマークでついていた。これで中央経由の攻撃を組み立てさせず、外回りのボール回しをリバプールに強要させた。これがSTの役割。

CHの役割

CHの役割もSTの似ていてボールを受けに降りるIHの牽制。STがDMFを消しているので、ボールを受けに、IHが降りることがある。ここに縦パスを入れさせないために、IHがマークをつく。だが全ての局面においてマークするのではなく、IHが降りることでSBを押し上げるパターンの時はついて行かないことが多かった。これはこのような理由があるからと考えられる。

f:id:football-analyst:20191022124228j:plain

このようにもしもIHにCHがついて行ってしまうと、中央をあけてしまうことになる。ここのライン間でボールを受けられるとピンチになってしまう。だからこそ、IHが下がりSBを押し上げる場合にはCHがプレスに行くことは少なかった。ではこれで守れるのかどうか。結論から言うと守れる。その理由がこちら。

f:id:football-analyst:20191023011715j:plain

このようにIHに運ばれてしまうが、中央を締めているので、人数が揃いスペースがない状況に持っていくことができる。これはリバプールが推進力のある15番のチェンバレンや8番のケイタを入れて打開を試みていた所だ。このIHのマンマークという難しいタスクをしっかりこなしていたマンUのCH。そしてもう一つがSBからの縦パスを奪うというタスク。これもしっかりとこなしていたのではないだろうか。これがCHの役割。

WBの役割

WBの役割がこの試合、最も重要なものになっていた。その理由がシンプルにボールを奪うものだから。さらにリバプールのSBに時間を与えないことも重要なものになっていた。

f:id:football-analyst:20191023012237j:plain

ここでボールを奪えばカウンター、もしくは時間とスペースを奪いバックパス、精度の落ちる縦パスを入れさせてボールを奪う。そのためにWBがSBにプレスをかけていた。これがWBの役割。

CBの役割

最後にCBの役割について。これも大事なものになっている。WBの役割がSBにプレスに行くことになっていたマンU。WBが出れば、もちろん相手が狙うのはその背後のスペース。ここをカバーするのがCBの役割になっていた。

f:id:football-analyst:20191023013125j:plain

ここに流れるWGをCBが対応することでリバプールの攻撃をせき止めた。ここんスペースのカバーとWGとの対人戦。これがCBの役割だった。

 

攻撃について 

攻撃についてもキープレーヤーになったのはWB。ではどのように起点になり、どのような攻撃を仕掛ける準備と狙いがあったのか。それを解説していこう。

f:id:football-analyst:20191023014354j:plain

 このように攻撃には3つのルートがあった。配置的にWBが「浮く」のは容易に考えられること。マンUはここを効果的に使い、時間を作った。そしてこの攻撃を仕掛けるために、先ほど解説した守備戦術を準備していた。SBにボールを運ばせるので、相手くるのがその背後のスペース。そこを使うために、2CBに対して2トップでプレッシングを行う。WBがボールを持つと、CFが一枚スペースに流れ、CBを引き連れる。そうすると中央でもう一枚のCFがCBと純粋な1vs1の状況に持ち込むことができる。これがよく現れたシーンが7分45秒からの攻撃。CFのジェームズがサイドに流れ、中央のCFラッシュフォードがWBからボールを受けるシーンを作り出している。

さらにSBの背後のスペースにボールを流した場合はCFのジェームズがスピードのあるドリブルから際どく、そして質の高いクロスで何度もチャンスを創出した。実際にこの試合の先制点はこのような形で作り出している。

このようにマンUが準備してきた攻撃はシンプルな『カウンター』だったが、攻撃するための守備の配置がしっかりしていたので、ライバルの連勝を食い止めることができた。

 

リバプールの対処方法

一方のリバプール。しっかりと準備されたゲームプランに対してクロップ監督は後半から4-4-2の形にして対処を施した。その理由がこちら。

f:id:football-analyst:20191023151100j:plain

このようにSHを作ることで、マンUのWBのタスクである、「SBへのプレス」に迷いを与えることに成功。さらに中盤の底が2枚になることで、マンUのCHを一枚釣り出すことができる。そうすると、SB側のCHはプレスに行きたくても中央を開けてしまうことになるので、プレスに行けなかった。そしてリバプールの時間ができるポジションがSBになる。ここから早めのクロスを上げることでマンUを押し込み、徐々にSBが高い位置でプレーするようになっていた。マンUが4-4-2の対処に回るために並びを3-4-2-1、守備ブロックを5-4-1にした頃には押し込まれていて、クロスから失点しているので、ここでも監督の手腕の差が出たのではないだろうか。かなり見事な修正案だった。

まとめ

下馬評では確実にリバプールの圧勝という予想がされていたのかもしれない。だがデータとこれまでの試合で考えるとリバプールはなかなかオールドトラフォードで勝つことができていない。今回もドローという結果に終わってしまった。もちろんこれにはいくらマンUの調子が悪くても、「こいつらには負けたくない」という選手の意地がある。この試合はまさにそれがマンUの選手には現れていた。(いつもと動きが格段に良かった)このようなモチベーション、準備を難しいかもしれないが毎試合演じることができれば、名門復活までそう時間はかからないのではないだろうか。ドローという結果だったが、今回の準備とモチベーションは今シーズン、一番良いものだったのではないろうか。なんだかんだで強いマンUが戻ってきて欲しいサッカーファンも多いはずだ。果たしてここからどうなるのか。注目していきたい。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもなるべくわかりやすく伝えていくので引き続きよろしくお願いします。

ツイッターやインスタなどでの拡散もして頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!バイバイ!