サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

Goodbye Fernando Torres 〜トーレスの栄光のキャリア〜

はじめに

個人的にも思入れが強いこの選手。長髪をなびかせながら、力強く、そして華麗にゴールを奪い続けるその姿に魅了された。その世界中に愛された偉大なフットボール選手もとうとう引退。その選手こそ『エルニーニョ』ことフェルナンド・トーレス。強く、速く、そして上手い。そして数々のタイトルと栄光を勝ち取った男。その輝かしいキャリアを振り返ってみよう。

 

フェルナンドトーレスのキャリア

f:id:football-analyst:20190824095343j:plain

アトレティコ・マドリード(初期)

トーレスの心のクラブ。1999年、彼が15歳の時にこの心のクラブとプロとしてのキャリアを始める。そして16歳にトップチームに昇格した。そして迎えたプロデビュー戦。それは2001年、レネガス戦。そしてこの試合で早速ゴールを奪う。ここから彼の伝説は始まった。迎えた01-02シーズンは自身は6ゴールに止まったが、チームは一部に昇格。そして翌シーズンの02-03シーズン。初のトップリーグでのプレートなり29試合13ゴールを決めその名を世界に轟かせた。03-04シーズンでは19歳にしてキャプテンを務め、35試合で19ゴールという結果を残した。ここから結果を残し続け、そして圧倒的なキャリアを歩んでいく。

 

リバプール

2007年にレッズことリバプールに移籍。自分も彼のプレーをここでじっくり見始めて彼に魅了された1人だ。ここでも彼のプレーに魅了された方は多いんではないだろうか。そしてリバプールでのデビュー戦は07-08シーズン、8月11日のアウェイのアストン・ヴィラ戦。この試合こそゴールはなかったが、次節のホームデビュー戦のチェルシー戦。彼はアンフィールドで移籍後初ゴール決める。ホームデビュー戦、そして相手はビッグクラブチェルシー。彼の勝利のメンタリティーを十二分に再認識できる試合だった。

そしてキャリア初のハットトリックカップ戦のレディングとの試合。後半だけで3ゴールを記録し、チームも4-1で勝利した。そして07-08シーズン、得点を積み重ね続け、リーグ戦で24ゴールに到達、さらにはすべての大会を通して29ゴールを決め、オーウェンが持っていた1シーズン最高得点記録を凌いだ。このシーズン、PFA年間ベストイレブンに選出され、そしてイングランド挑戦1年目の外国人選手最多得点記録を更新。一気にスターダムにのし上がった。

 

迎えた翌シーズンの08-09シーズン。このシーズンは怪我に悩まされることが多いシーズンになった。復帰しては離脱の繰り返しだったがそれでも大きなインパクトを残す。9月27日のマージーサイドダービーで2ゴールを決め、2-0の勝利に貢献。翌週のマンC戦では1-2で負けている状況から2ゴールを決め逆転勝利をもぎ取った。そして彼が決めたこのゴールのうちの一つはリバプールプレミアリーグで決めた1000ゴール目というメモリアルゴールだった。まさに持っている男。そしてまた負傷し、試合から離れることとなる。ここから復帰し、また離脱の繰り返しになるがFIFA最優秀選手賞候補に選ばれ、ロナウド、メッシに次ぐ3位に入賞。人間の世界にいない彼らがいなければトーレスバロンドールを取っていた。ロナウド、メッシと肩を並べることができるトーレス。彼はそのぐらいすごい選手だったのだ。そして復帰し初めてのリーグ戦。それがチェルシー戦だった。トーレスは試合終盤に2ゴールを決めまたも勝利に貢献。エースとしての役割と責任をしっかりと全うし、リバプールサポーターを熱狂させた。そして加入わずか1年半で「リバプール歴代最優秀選手50人」に選ばれ、トーレスが短期間で見せつけたインパクトがいかにすごいものかを世界に見せつけた。このシーズンはリーグ戦24試合で14ゴールを挙げ得点ランク4位チーム内では2位の記録を残した。

 

そして09-10シーズン。ここで突然リバプールでの物語が終わってしまう。このシーズンも調子よくゴールを積み重ね、リーグ戦22試合で18ゴールを決め、すべてのコンペティションで32試合出場22ゴールを決めチーム内得点王に輝いた。

 

トーレスゴール集(リバプール

 

www.youtube.com

 

リバプールでのトーレスの活躍。そしてジェラードの存在。この2人のサッカーを見るだけで心が躍った。ジェラードが持つと必ずトーレスはアクションを起こす。性格無比のロングフィードからトーレスの速く力強い突破。そしてゴール。この2人の連携からのゴールに何度も熱狂させてもらった。表す言葉がないほどの良いコンビで、思い出すだけで心が躍る。そんなトーレスも数年遅れてケラー度に続き引退。リバプールでの奥の感動をありがとう!

 

チェルシー

2011年1月31日。チェルシーと5年半に及ぶ長期契約を結び、ブルーズに加わった。だが待っていたのは苦難の日々。膝の怪我の影響もあるのか、なかなかゴールが奪えず、自信をなくしていた。リバプールで見せた圧巻のパフォーマンスは鳴りを潜め、決定機を決められない日々を送っていた。デビューから移籍後初ゴールを決めるまでに903分もの時間を費やし、クラブワースト記録を更新してしまう。だが迎えた2年目。FAカップとCLを制す重要な役割を果たした。特にCL準決勝バルセロナ戦2leg。試合終了間際のバルセロナを敗退に追いやるゴール。これも彼が持っている男ということを証明した。このゴールを奪う直前のプレー。自陣ゴール前から無謀とも言えるドリブルを仕掛け奪われてしまうが、そのまま前に残っていたことでこのゴールが生まれた。あのドリブルがなかったらこのゴールは埋めれたいなかった。最悪ゴールを決められ息の根を止められる可能性もあったが、なぜか彼の元にボールが届いていた。これはトーレス。まさに勝者。そしてCL決勝で生まれた起死回生の同点ゴール。この試合初めて得たCKを獲得したのもトーレス。もちろんドログバの無類の勝負強さも関係しているが、ここでトーレスがいなかったらCKも生まれていない。ドログバに勝らずとも劣らない勝負強さを持っていた。

 

トーレスゴール集(チェルシー

www.youtube.com

ACミラン

2014年8月29日にバロテッリリバプールに移籍したことでトーレスは2年間のレンタルでミランに加わる。だがここではインパクトを残すことができなかった。

2014年12月27日、2015年1月5日付けでミランに完全移籍することが発表。

 

アトレティコ・マドリード(復帰)

ACミランで失意のシーズンを過ごしていたが、ここで心のクラブへ復帰することが決まる。2014年12月29日。アトレティコ・マドリードへの復帰が発表。1月5日からの1年半のレンタルという形で復帰が決まった。そしてここから徐々に調子を取り戻していく。1月15日のコパデルレイ5回戦2nd legのレアルマドリード戦。ここで2ゴールを決め、準々決勝進出に貢献。そして15-16シーズンから慣れ親しんだ9番に背番号を変更した。

前半戦はリーグ2ゴールと苦戦したが、24節のエイバル戦でゴールを決めアトレティコ・マドリード通算100ゴールを決めた。後半戦に入り一気に調子を上げ、CL準決勝のバルセロナ戦2nd legで貴重なアウェイゴールを沈めるなど好調を維持し、リバプール在籍時以来となるリーグ戦2桁ゴールを記録。そして所属先のミランからフリーで心のクラブへの完全移籍を勝ち取った。

そして始まった心のクラブとの物語も終わりに近づいていた。2018年4月9日に17-18シーズンでの退団が発表。最終節のエイバル戦で2ゴールを決め、そしてヨーロッパリーグ優勝を成し遂げ、優秀の美を飾った。

 

トーレスゴール集(アトレティコ

www.youtube.com

 

サガン鳥栖

そしてまさかまさかの次なる挑戦が極東の地、日本。Jリーグトーレスが来るという噂を耳にした時はとても興奮した。幼い頃からのアイドルが自国のリーグでプレーするとういだけで感動した。もちろんキャリア終盤、全盛期のようなプレーは見ることはできなかったが、それでも随所で高次元のプレーを見られたことに感動を覚えた。サガン鳥栖をJ1残留に導くゴール。やはり彼は何か持っている。そして昨日行われたトーレス現役ラストマッチ。ヴィッセル神戸に大敗を喫する形になってしまったが、どことなくやりきった顔立ちだったように思えた。できれば最後にゴールを決めて引退して欲しかったが、そう人生はうまくいかないみたいだ。

 

代表歴

トーレスのスペイン代表デビュー戦は2003年9月6日ポルトガルとの親善試合。初ゴールは2004年4月28日のイタリア戦だった。ここからトーレスはすべてのタイトルを獲得していく。ビジャとの圧倒的なコンビは各国を震撼させた。UEFA欧州選手権(ユーロ2008)のドイツとの決勝戦。彼はこの試合の決勝点を決め、見事優勝を果たす。そして2010年南アフリカW杯。ここでも決勝ゴールに絡むプレーを見せ見事優勝。これで代表での大きなタイトルを2つ獲得。そして2012ユーロでも優勝を果たしすべてを手に入れた。

 

獲得タイトル

UEFAヨーロッパリーグ2回(アトレティコチェルシー

UEFAチャンピオンリーグ1回(チェルシー

FAカップチェルシー

UEFA欧州選手権(2008、2012)

FIFAワールドカップ(2010)

 

トーレスゴール集(まとめ)

www.youtube.com

 

まとめ

とうとう引退したフェルナンド・トーレス。すべてを獲得したトーレス。常に謙虚でそして常に努力をする。どんな状況に置かれても黙々と準備をし試合に備える。彼の人間性がこの栄光のキャリアをもたらしたのだろう。世界中の人々から愛されそして惜しまれながら、スパイクをおいたトーレス。様々な興奮と感動をありがとう。これからの新たな人生の成功をお祈りします!

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!

さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

もう一度YouTubeでも解説を始めようと思います。予定では9月あたりから再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!

www.youtube.com

 

自分も使わせてもらっているDAZNプレミアリーグJリーグセリエA、リーグ1、そしてリーガエスパニョーラ。様々なリーグの試合が見れるのでとてもオススメのコンテンツです。通勤や通学などの時間でハイライトだけ観ることも楽しいです!サッカーだらけの毎日にできるDAZN。最高ですよ!試してみてはどうでしょうか?

 

 

  • 最後までご朗読ありがとうございます

 

個人的にも入れのある選手。長々と書くことになりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。本当にかっこいい選手でした。これからの成功を祈っています!

改めて最後までご朗読ありがとうございます!次回も引き続きよろしくお願いします!