サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

開幕が待ち遠しいプレミアリーグ リバプール 〜悲願のリーグタイトルへのさらなるN・ぺぺを補強か〜

 

はじめに

驚異の勝ち点97を叩きだし、30勝7分1敗。この結果で優勝できないのだからプレミアリーグの過酷さが容易に理解できる。だが昨シーズン、ビッグイヤーを持ち帰り、この悲しみを紛らわすことができた。来シーズンも過酷なリーグで、さらに全てのコンペティションで勝ち抜くためにリバプールは的確な、そして将来性を見据えた補強を行いそうだ。その選手とはリーグ・アンでリールの2位フィニッシュに大きく貢献し、22ゴール11アシストを記録したニコラス・ぺぺ。果たして彼はどのようなプレーを得意としているのか。彼の特徴を紹介していこう。

 

ニコラス・ぺぺ

f:id:football-analyst:20190707151706j:plain

1995/5/29 24歳 183cm 69kg 左利き

コートジボワール

リール⇨リバプールバイエルン

 

プレースタイル

シュート

リーグ・アンで22ゴールを叩き出すほどのシュート精度がある。(そのうちPKが何本かある)しっかりと1v1を落ち着いて決め切ることができる。GKの動きを見て逆を突く冷静さとファーサイドに流し込める技術があるのでゴールを量産できたのだろう。あまりニアハイに叩きこむシュートが見られないのでここの選択肢が増えるともっとゴールを量産できるのではないだろうか。

 

パス

これも11アシストを記録しただけあって精度はそこそこある。ポジションの問題もあるが、ラストパスとクロスの精度が高い。ドリブルで相手を引きつけてスルーパス、サイドをえぐってマイナスのクロス、または中に早いクロス。お膳立てもできるのでDFとしたら対峙したくない選手だろう。

 

ドリブル

これが彼に一番の特徴だ。スピードもあり、足元の技術も申し分ない。好んで使うフェイントが足裏でのボール扱いと、ダブルタッチ、シザース、ボディフェイク。特にダブルタッチは足が長いので振り幅が広くて深いのでDFの間を抜けていくことができる。また囲まれても足裏、プルプッシュで一気にスピードに乗り置き去りにすることができる。ゴールに向かっていく推進力と迫力があるため、DFを集めることができる。だからアシストもできる。個人での突破ができ、さらにはスピードの乗ったドリブルも可能。ゴールに向かっていく迫力もある。まさにリバプールにぴったりな選手だろう。

 

オフザボール

ここの改善が少し必要だろう。ドリブルが得意なため、サイドに流れ足元でボールを受ける傾向がある。タイミングよく裏に抜け出すことができればもっと良い選手になるだろう。仮にリバプールへの移籍が実現すれば、フィルミーノ、マネ、サラーとお手本になる選手がたくさんいる。もしかしたらこの移籍で大化けするかもしれない。

 

プレー動画

www.youtube.com

 

まとめ

リバプールはとても的確な補強をする。しかも良い若手をしっかりとスカウティングし、チーム戦術にあったプレーヤーを連れてくる。そこで目に付いたのがこのニコラス・ぺぺ。スピードとテクニックがあるこの選手を獲得することでさらなる戦力アップも望める。そして来シーズンこそ悲願のリーグ制覇を成し遂げることができるだろうか。来シーズンもプレミアリーグは激しい優勝争いを繰り広げそうだ。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタでは移籍に情報などとブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもちょくちょく選手紹介をしていこうと思います。もしリクエストがあればコメント欄やツイッターなどで選手名を送って頂けると幸いです。では次回もお楽しみに!バイバイ!