サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

開幕が待ち遠しいプレミアリーグ マン・U 〜今夏補強第2号SBワン=ビサカ〜

 

はじめに

赤い悪魔がクリスタルパレスのワン=ビサカの獲得した。若くしてクリスタルパレスの主力になり、安定したパフォーマンスを披露。その結果がマンUへの扉を開いた。赤い悪魔が復活を遂げるため、獲得をしたこの若いSB。そんな彼のプレースタイルを紹介していこう。

アーロン・ワン=ビサカ

f:id:football-analyst:20190628113206j:plain

1997/11/26 21裁 183cm 72kg 右利き

イングランド/コンゴ民主共和国/クリスタルパレスマンU

 

プレースタイル

タックル

彼を紹介する上でまず触れておかないといけない特徴だ。1試合平均タックル成功数は3回。リーチを生かしたタックルでショットブロック、クロスブロックを頻繁に行いピンチを未然に防ぐ。また対人も相当強く、そのタックルも非常に深い。だからワン=ビサカと対峙する選手は間合いを釣るのが難しく、ドリブルで抜き去ることは難しい。

ビッグ6のWG、SH相手でも十分に通用することを証明し、マンU行きを勝ち取った。

 

予測能力(判断能力)

これも非常に高いだろう。若くしてこの能力が高いことは将来も安定して活躍することができることが約束されているだろう。先ほど紹介した対人の強さもここに繋がっている。相手のドリブルを読み切ることができるからしっかりとタックルで止めることができる。また危険なエリアでのポジショニングも秀逸だ。バイタル、ハーフスペースを事前に埋めることができるので、相手のチャンスを摘むことができる。さらにはピンチと思ったら自分のエリア、マークを捨て、ボールに対しチャレンジできる判断の正しさもある。これからも安定して活躍ができるだろう。

 

推進力

攻撃に関しては単独でサイドを駆けあがれるだけの推進力がある。派手なフェイントは使わず、スピードとフィジカル、タイミングで相手を剥がし、敵陣深くまでボールを運ぶことが可能だ。あとはクロスの精度を改善することができればより脅威なSBになれるだろう。

 

プレー動画

www.youtube.com

 

まとめ

マンUは若く、ダイナミックなSBを獲得することに成功した。プレミアでの経験も十分にあるため、馴染むことに何も問題はないだろう。あとはマンUというビッグクラブでワン=ビサカが自分を出せるかどうか。ここで結果を残すことでワールドクラスのRSBの仲間入りを果たすことができるのか。そしてマンUの守備に安定感をもたらすことができるのか。楽しみなことの一つだ。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタでは移籍に情報などとブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもちょくちょく選手紹介をしていこうと思います。もしリクエストがあればコメント欄やツイッターなどで選手名を送って頂けると幸いです。では次回もお楽しみに!バイバイ!