サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

開幕が待ち遠しいプレミアリーグ アーセナル 〜ザハの移籍の真偽〜

 

はじめに

とうとうビッグクラブへ舞い戻るのか。2013年にマンUに移籍し、その才能に疑いのなかったザハだが、出場機会に恵まれず、カーディフクリスタルパレスにレンタル移籍をし、完全移籍で古巣のクリスタルパレスに戻し、そこで活躍。今夏にステップアップすると言われ続け、とうとうその時がきたかもしれない。その狙っているクラブがアーセナル。移籍金が高い彼。得点王のオーバメヤンを市場に出してまで獲得するのかわからないが、この場を借りてザハのプレースタイルを紹介しよう。

 

ウィルフレッド・ザハ

f:id:football-analyst:20190627094620j:plain

1992/11/10 25歳 180cm 66kg 右利き

コートジボワール/クリスタルパレル⇨?

 

プレースタイル

ドリブル

ザハを紹介するにあたってこれをまずは紹介しなければならない。スピードのあるドリブルでカウンター時に一番その能力が発揮される。ビッグ6のDF人を置き去りにするスピードはシンプルに脅威だ。一度スピードに乗ると手がつけられない。そしてこのスピードにテクニックがあるからここまで注目されるのだろう。クリスタルパレスではサイドに流れてボールを受けることが多くあり、そこでボールをキープできるテクニックもある。いわゆる時間を作るドリブルだ。もちろん、仕掛けるドリブルもでき、レアル・マドリードに移籍したアザールについで、1試合平均4回も仕掛けている。クリスタルパレスというチームのことを考えると末恐ろしい数字だ。

 

オフザボール

これも彼の特徴だ。裏抜けの技術も高く、2トップにか行った際にもう1人のCFの動きをしっかり見て動き出すことができる。スピードがあるのに加え、正確なポジショニングから背後へ飛び出すことができる。もちろん、彼はロングカウンターで一番生きる。サイドのスペースに抜け出し、そこから一気にゴールまで迫る。その迫力と推進力はトップレベルのものだ。欲を言えばサイドに抜け出すことが多いので、ゴールに向かう抜け出しが増えるともう一段階上の選手になれるだろう。

 

シュート

今まではここが課題だった。ドリブル、裏抜け、ここまで完璧なザハ。だが肝心なフィニッシュが雑で決め切ることができない、惜しい選手だった。だが18-19シーズンでこのシュート精度が改善され、決め切ることができるようになった。その要因がゴールに向かう時のボールの持ち出しと自信がついてゴール前で落ち着けるようになったことだろう。もちろん、スアレスロナウドアグエロなどと比べれば決定力は劣るが、まだ25歳。ここからさらに改善していければトッププレーヤーの仲間入りも夢ではない。

 

プレー動画

www.youtube.com

 

まとめ

とうとうビッグクラブへ復帰を果たすであろうザハ。彼のポテンシャルはいうまでもなく高いもので、これからの成長が楽しみな選手でもある。果たしてアーセナルはこの選手を連れてくることができるのだろうか。はたまた獲得の噂のあるマンCに移籍するのだろうか。確率は限りなく低いがまさかまさかの残留も無きにしも非ずだ。今夏注目の選手の1人。どのような決断を下すのか注目だ。

 

終わりに

ツイッターでは試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます!気になる方はフォローをお願いします!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタでは移籍に情報などとブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。こちらもフォローの方をお願いします!

www.instagram.com

  • 最後までご朗読ありがとうございます

これからもちょくちょく選手紹介をしていこうと思います。もしリクエストがあればコメント欄やツイッターなどで選手名を送って頂けると幸いです。では次回もお楽しみに!バイバイ!