サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

Jリーグ 湘南ベルマーレ vs 横浜FM 〜早い。強い。上手い。が詰まった一戦。マンCと似て非なるマリノス〜

 

はじめに

この試合を簡潔に言葉で表すと早い、強い、そしてうまい。ここまでJリーグもレベルが上がったかと思わせてくれる試合だった。共に早いのは当たり前。プレースピード、トランジション、寄せの速さ、ポジション取り、全てが早かった。次に強いのは湘南ベルマーレ。プレスの強度、縦への推進力、球際の強さ。どれを取っても強かった。それを掻い潜るうまさがあるのがマリノス。自分の立ち位置、ファーストコントロール、スペースの作り方と使い方。これで湘南のハイプレスを掻い潜っていった。

共にハイレベルで対照的なサッカーを展開する両チーム。この試合の解説をマリノス目線でしていこう。

 

湘南ベルマーレ(3-4-2-1)

f:id:football-analyst:20190606211015j:plain

 

横浜FM(4-2-3-1)

f:id:football-analyst:20190606211057j:plain

 

マンCと似て非なるマリノス

  • マンCのサッカー

まずはマンCのサッカーを観たことがあるだろうか。グアルディオラ監督が理想とするサッカーは毎シーズン、世界に衝撃を与えている。そのマンCの理想とするサッカーがこれだ。興味のある方は読んで頂きたい。

www.soccer-bunseki.com

 

ビルドアップ

ではマリノスのどこがマンCと似ているのか。

まずはビルドアップ。このポジショニングがとても似ている。

f:id:football-analyst:20190606213429j:plain

このようなポジションをとる。SHが目一杯幅をとり、SBが中に絞りレーン2と4に位置をとる。そうすることで多くのパスコースを作り出す。

このポジションの取り方とメカニズムはマンCと似ているだろう。

 

ハーフスペースの攻略

これが一番マンCと似ている点だ。両ワイドに突破力のあるプレーヤーを配置し、マリノスだと仲川と遠藤、マンCだとスターリングとサネ(今はまた少し変わってB・シウバ)が幅をとっている。こうすることでDFの距離が遠くなるのでギャップが生まれやすい。そしてそこをつき、シュートまたはマイナスのクロスを上げる。ここが攻撃においてかなり似ている。だからこの試合も引いた相手からしっかりとゴールを奪えていた。この攻撃の仕方でハーフスペースを攻略、低いクロスからゴールを奪い、勝利をもぎ取った。

 

  • マンCと違うところ

ビルドアップの経由するところ

ビルドアップで『どこを経由するか』がまったく違うのだ。ではどこを経由するのか。それはトップ下の9番マルコスジュニオール。ここをほとんどの確率で経由する。

f:id:football-analyst:20190606214805j:plain

ここまでボールを受けに降りてくることが多いので、基本的に前は3枚残っていることになる。そしてSBとDMF、マルコスジュニオールで相手を引き出し、展開していく。

バランスを崩しパスを回すマリノス。バランスを崩さずにパスを回すマンC。ここが大きな違いだろう。

 

タテのポジションチェンジと横のポジションチェンジ

この横のポジションチェンジがマンCの攻撃の秘密だ。レーン間の移動によって相手を混乱に陥れ、自分たちはライン間を回っているだけなのでバランスは崩れない。

長くなるので詳しい話は割愛させて頂く。きになる方はマンCの記事をご覧になってほしい。

話を戻すと、横のポジションチェンジが多いのがマンC。タテのポジションチェンジが多いのがマリノスだ。ここが似て非なるところだろう。

ではタテのポジションチェンジとはなんなのかを説明していく。

f:id:football-analyst:20190606225457j:plain

単純だがこのパターンが多い。これはビルドアップの時にも使われている。縦に動かすことで強制的にDFの背後にスペースを生み出す。俗に言う『3人目の動き』だ。これの質が高いのでしっかりと引いた相手を崩すことができる。もちろんマリノスに横の動きがないといえば嘘になるし、これはマンCにも言えることだ。この縦か横か。この使う頻度がマリノスとマンCではまったく違うのだ。

 

まとめ

このマリノスポゼッションサッカープレミアリーグのビッグクラブ、マンCと似ていたのでこれを自分なりに解説させてもらった。人が動き、ボールが動き、相手が動き、最後にスコアが動く。マリノスのこのサッカーは観ていてとても面白い。そしてそのサッカーについていく湘南の選手。かなりのハードワークと戦術理解度、一人一人のやるべきことがしっかりと分かっているからこそ、互角に戦えたのだろう。

個人的にはこの一戦が今シーズンのJリーグで5本指に入ってくる好ゲームになってくると思う。それぐらいしまった良いゲームだった。

 

終わりに

ツイッターでは主に試合の雑感とゴールシーンの動画を軽く解説しています。またブログ更新のお知らせもさせていただいてます!この解説、考察面白いな、わかりやすいな、などなど、少しでも興味の湧いた方はぜひツイッターのフォローしてみて下さい!

twitter.com

  • インスタグラムについて

インスタでは主に移籍の情報などとブログ更新のお知らせをさせて頂いています。

こちらもフォロー待っています!

www.instagram.com

  • 最後までご朗読ありがとうございます

先週の金曜日の試合になってしまいましたが、どうしても紹介したいものだったので紹介せせてもらいました。次回もしっかり自分なりに考えてみるので引き続きよろしくお願いします!では次回もお楽しみに!バイバイ!