サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

トッテナムの司令塔 ハイレベルのゲームメイカー エリクセン

 

エリクセンについて

 

f:id:football-analyst:20190428192610j:plain

エリクセン

1992年 2月14日(27歳)

182cm 76kg 右利き

トッテナム・ホットスパー所属 デンマーク出身

ポジション MF

 

 

13-14シーズンにアヤックスからトッテナムに移籍し、そこから確実に自分の評価を上げていった。

14-15シーズンには二桁得点を記録し、15-16シーズンにはリーグ2位となる13アシストを記録。正確なキックと確かなプレービジョンを武器にトッテナムの躍進をここまで支えている。

目を見張る活躍もあり、スペインの雄レアル・マドリードバルセロナへの移籍の噂が出るほどの選手になった。

そんなエリクセンの特徴とプレースタイルを紹介しよう。

 

プレースタイルと特徴

  • パスセンス

これが彼の1番の特徴だ。正確なキックから繰り出されるスルーパス、ラストパス、ロングパス、ショートパス、縦パス。強弱長短全てのパスを出す事ができ、どれを取ってもハイレベルだ。

展開を変えるパスとラストパスは特に凄い。

両足ともに遜色なく使いこなせるので、絶妙なタイミング、的確な場所に配球することが可能だ。ボールの置き所、身体の向きにこだわらなくて良いので、パスコースを作りやすい。

さらにプレースキックもうまいので、FKで合わせるボールはもちろん、直接ゴールに叩き込むこともできる。

永遠のライバルチーム アーセナルの魔法使いエジルと同じく、芸術的なパスセンスの持ち主だ。

 

  • プレービジョン

エリクセンのプレービジョンも優れたものがある。

ゲームを作る事ができ、試合のスピードをコントロールする事ができる。

適切なタイミングで横パスや縦パスを入れるので、チームメイトは彼のパスの意図を読み取ってプレーしている。

このプレービジョンを実行するだけのパスセンスがあるので、エリクセンの評価は高いのだ。

 

言わずもがな、キックが上手いということはミドルシュートも打ててしまう。

ペナルティエリアの外から放つミドルシュートはプレミア屈指のものだ。

いや、プレミア最高のといっても過言ではない。

正確にトップコーナーを居抜く事ができ、低い弾道、伸びる弾道、無回転、カーブ、様々なシュートが打てる。

さらにここ最近は勝負強くなり、ビッグクラブや試合終盤にもミドルシュートを決めることも多くなってきた。ありとあらゆる理不尽ミドルを決めてきているエリクセン

彼のミドルシュートに泣かされたチームはとても多い。

 

  • 運動量

こういった選手は典型的な10番タイプが多いが、エリクセンは違う。

しっかりフリーランニングでスペースも作るしプレスバックも厭わない。

才能に奢らず、チームのために走る事ができる。

攻守ともに貢献度の高い選手だ。

 

まとめ

パスが出せ、ゲームを作れ、攻守に走ることも厭わない。さらにはボールも運べて、シュートも打てる。ここまで完成されたトップ下はエリクセン以外にいないだろう。

こんな突出した選手をレアル・マドリードバルセロナが放っておくはずがない。

彼もまたメガスターへの切符を手にいている。

そんなキャリア最高の時間を過ごすエリクセンのこれからのプレーも注目してみていただきたい。

 

終わりに

最後までご朗読ありがとうございます。

ツイッターもしているので、面白いと思った方はフォローとリツイートをよろしくお願いします。

twitter.com

では次回もお楽しみに!バイバイ!