サッカー戦術分析ブログ〜 Football LAB〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

Jリーグ 川崎フロンターレ vs べガルダ仙台 見どころ

 

  • はじめに

GW真っ只中。皆さんはいかがお過ごしだろうか。

旅行やBBQ、買い物に、ドライブ。普段できないこともできリフレッシュできているだろう。そんな中に『サッカーを見ること』があればとても自分は嬉しい。

ちょっとでも試合を楽しんでいただくために、今回は前回王者の川崎フロンターレvsべガルダ仙台の見どころを紹介していく。

f:id:football-analyst:20190425164416j:plain

  • 見どころ①:川崎のハーフスペース攻略方法

これが観ていて面白いだろう。全試合そうだがハーフスペースを攻略して攻めていく。

前節の試合は両サイドにドルブラーを配置し、SBを釣り出してハーフスペースに入り込んでいた。(神戸の両SBが高い位置をとることも関係。だが神戸が引いた時にはこの方法だった)

これを仙台相手にはどうするのか。同じパターンで攻略するのか。また別の方法を繰り出すのか。ここが最大の見どころだろう。

 

  • 見どころ②:GKシュミットダニエル

日本代表GKシュミットダニエル。川崎の攻撃を凌ぐ仙台の最後の砦となれるだろうか。川崎が押し込む展開が続くのはある程度予想がつく。だが川崎の猛攻を凌ぎ切った先に仙台の勝ち点は見えてくる。

どう川崎の猛攻を凌ぐのか、仙台の最後の砦、シュミットダニエルがどのようなセーブを見せるのか。ここにも注目していただきたい。

 

  • 見どころ③:仙台の主戦場

仙台は空中戦に強い選手がたくさんいる。そんな中、どこを主戦場にして戦うのか。

ここが見どころだ。予想ではサイドを主戦場にしてくるだろう。

中央のハモンロペスへのクロスを多く入れるために、石原を中心にサイドで起点を作っていくだろう。そこの対策を川崎はどうするのか。

ここにも注目してほしい。

 

  • まとめ

調子を取り戻してきた王者川崎。縦への意識が強すぎて、前線が孤立していた仙台はここのバランスを徐々に改善している。

そんな中の金曜日開催のこの一戦。GW真っ只中なので時間がある方はぜひ観ていただきたい。

1番の注目は川崎の攻撃だ。どこをどのように攻略するのか。ここをざっくりでも意識してみるだけでまた違った面白さが見えてくるのかもしれない。

 

  • 勝敗予想

2-0で川崎フロンターレの勝利

 

  • 終わりに

最後までご朗読ありがとうございます。

ツイッターもしているので、フォローとリツイートをよろしくお願いします!

twitter.com

では次回もお楽しみに!バイバイ!