サッカー戦術分析ブログ〜 Sixth Sense〜

Jリーグ・プレミアリーグ・セリエAを中心に解説をしていきます。

Jリーグ ジュビロ磐田 vs コンサドーレ札幌 見どころ

 

  • はじめに

今週の日曜日に行われるJ1リーグ

その中で注目して欲しい対戦カード。

札幌の攻撃的なサッカーに対し、ルヴァン杯での大敗を受けてジュビロ磐田はどのような対策を見せるのか。とても面白い試合になるだろう。

そんなこの試合の見どころを紹介していく。

f:id:football-analyst:20190425164416j:plain

 

  • 見どころ①:札幌の3トップ

個人的に一番面白いと思うのがここだ。前節の横浜FMとの一戦で正直度肝を抜かれた。Jでここまで高いクオリティを持っている3トップはいないのではないのでろうか。

早く、強く、上手い。お互いがお互いを補完し合っている。この3トップがそれぞれの特徴を生かし、どのようにチャンスを作っていくのかが見ものだ。

 

  • 見どころ②:磐田のシンプルなサイド攻撃

磐田の中央からの攻撃には背後を取る選手がに少ないので、詰まって攻め手がなくなることが多い。これは正直、今の磐田の課題だろう。

だが一方でシンプルなサイド攻撃には迫力がある。山田やアダイウトンが左に流れそこからカットインやクロス。ここが見応えがあるものになりそうだ。

 

  • 見どころ③:磐田のサイド攻撃に対する札幌の守備

ここも面白いだろう。基本的に3バックの札幌はサイドにスペースがある。もちろんディフェンディングサードに入ると5バックになるのでが、前節のマリノス戦は結局4バックにして対応をしていた。

今回ももしかしてらこのような対応をするかもしれない。

このサイドのスペースをどう捌くのかに注目して頂きたい。

 

  • 見どころ④:札幌のプレッシング

個人的に見どころ①とこのプレッシングを推したい。なぜならとても完成度の高いものだから。連動して追い込み、ボールを奪う、誰1人サボらず、しっかり牽制とプレスバック、スライドを繰り返す。さらにはその奪ったボールを前に運ぶ意識と推進力、スピード。こここまでくると芸術の域だろう。

この前の試合はホームゲームだったので、今回のアウェイゲームをどうするのか、しっかり見ておきたい。

 

  • まとめ

アウェイとはいえ、札幌が押し込む展開を予想する。

磐田は攻撃も守備も正直いってまだ選手にやりきるだけの覚悟と気迫が感じられず、半信半疑でプレーをしている感が否めない。

この隙を正反対の状況の札幌がどうつくのか。裏を返せば、磐田はここで勝つことができれば大きな一歩になるだろう。

日曜日開催が多い今週のJ1リーグ。10連休も始まるので、みんなでゆっくりサッカー観戦を楽しもう。

 

  • 勝敗予想

0-2でコンサドーレ札幌の勝利

 

  • 終わりに

最後までご朗読ありがとうございます。

GWは仕事の休みが少なく、更新頻度が落ちるかもしれません。

10連休のGWはとても忙しいことが予想されますが、しっかりと大好きなサッカーを観戦し、皆さんにサッカーの面白さを伝えていきたいと思います!これからもよろしくお願いします!

ぜひツイッターのフォローもよろしくお願いします!

twitter.com

では次回もお楽しみに!バイバイ!